FC2ブログ

カシマスタジアム隣接のサブグラウンド整備

カシマスタジアムに隣接したサブグラウンドの計画を報じるNHKである。
茨城県が2億9000万円を投じて整備するとのこと。
今年度中に完成する見込み。
来季からは使用可能となろう。
期待大である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

サッカーのサブグラウンド整備へ
08月20日 06時25分

来年の東京オリンピックで、サッカーの競技会場の一つとなる鹿嶋市のカシマスタジアムに隣接して、茨城県が新たに練習用のサブグラウンドを整備することが分かりました。

来年の東京オリンピックで鹿嶋市のカシマスタジアムはサッカーの競技会場となっていて、男女の準決勝や女子の3位決定戦など合わせて11試合が行われます。
しかし、カシマスタジアムの周辺には、出場する選手たちが事前に練習をするための天然芝のグラウンドが少ないことが課題となっていました。
このため県は新たにカシマスタジアムに隣接して天然芝の練習用のサブグラウンド1面を、およそ2億9000万円をかけて整備することが分かりました。
今年度中の完成を目指し、実際の整備や管理運営は天然芝のグラウンド運営のノウハウを持つ鹿島アントラーズの運営会社に委託することにしています。
県はサブグラウンドの整備費を含む補正予算案を、今月30日から開会する定例県議会に提出する方針です。

コメントの投稿

非公開コメント

茨城県は、税金の使い途をよく理解していますね。茨城県は魅力度ランキングで全国最下位を取り続けているみたいですが、全国区の知名度と人気を誇る鹿島アントラーズを活用せずに、どうやって脱却するのか?

水戸黄門?水戸納豆?偕楽園?袋田の滝?

いや、鹿島アントラーズでしょう。

土地の有無もあるかもしれないけれど、五輪に向けて、またその先を見据えた事業展開などに関しては脱帽します
また、それらを実現する為に迅速な動きを魅せる茨城県の皆様や関連企業、一サポーターながら感謝してもし尽くせません。ありがとうございます
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク