FC2ブログ

ゴールから離れた位置でコンパクトな陣形を組めるかどうかがカギとなりそうだ

「上田、相馬といった新戦力の活躍により、チームには良い雰囲気が流れている」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
チーム状態を端的の表現してくれておる。
このガンバ戦よりスタートする長く過酷な過密日程を、ずっとこの状態を保っていくために、初戦であるこの試合をものにしたい。
アウェイでの戦いでは、ガンバの食野にゴラッソを決められたが故に悔しいドローとなった。
相手のチャンスを潰し、逆にこちらのチャンスをものにしていくのだ。
タイトルに向けた一戦、重要な戦いである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

4つのタイトルを狙う鹿島。カギを握る新戦力の活躍
見どころを要約すると・・・

・鹿島は上田綺世や相馬勇紀といった新戦力が活躍し、状態を上げてきている
・今節から連戦に突入する鹿島。4つのタイトルを狙う厳しい戦いが待っている
・G大阪は4試合連続ドローと停滞気味。ここ2試合は後半アディショナルタイムに失点を喫している

鹿島の調子が良い。浦和、湘南と2試合続けて終了間際に被弾し、勝点を落としたが、そこからうまくチームは立ち直った。横浜FMとの激闘を上田 綺世の決勝点で制すると、天皇杯3回戦・栃木戦は危なげなく4-0で勝利し、前節は大分との接戦を相馬 勇紀のゴールで勝ち切った。上田、相馬といった新戦力の活躍により、チームには良い雰囲気が流れている。夏場の暑さや疲労度はあるかもしれないが、爽やかな勝利がそれを半減させている。

対照的なのがG大阪かもしれない。リーグ戦のここ4試合は連続して引き分けに終わっている。特に広島、磐田にはアディショナルタイムに入ってゴールを決められた。勝利まであと一歩に迫る中での失点は、敗戦に等しい重苦しさをチームに残していく。間に挟まっていた天皇杯3回戦では上田が退部した法政大に0-2で良いところなく敗れてしまった。チームの雰囲気が良いとはいえないだろう。

どちらもこの夏の移籍によるメンバー変更が大きかった。鹿島からは鈴木 優磨、安西 幸輝、安部 裕葵らが海外に移籍。代わりに前述した上田、相馬に加えて柏から小泉 慶を獲得した。3人が3人ともすでに結果を残していることは、鹿島の好調さを支えている。

G大阪もファン ウィジョや食野 亮太郎が海外へ渡った。代わりに宇佐美 貴史と井手口 陽介が帰還し、パトリックも広島から戻ってきた。G大阪で実績を残した選手たちがそろったことで反撃体制が整ったかに思われたが、チームの起爆剤にはなり得ていない。ここ5試合で一度も負けておらず順位は少しずつ上がってきたものの、6勝9分8敗という成績に終わるチームではないはずだ。

リーグ戦、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)、JリーグYBCルヴァンカップ、天皇杯と4つのコンペティションを戦う鹿島は、ここから激しい連戦に入る。23日にG大阪と戦ったあと、中国に渡り28日にはACL準々決勝第1戦・広州恒大とのアウェイ戦が控えている。その後も中3日での清水戦が待っており、9月にはルヴァンカップと天皇杯も挟まる。そのすべてを勝ち取ろうとすれば、当然過酷な戦いが待つ。

夏の暑さもまだまだ続くため、困難な道であることは明白だが、ラインを高く上げてコンパクトな陣形を保てるようになったことが、選手の走行距離を少なくする効果も生んでいる。G大阪に目を向けても、試合の終盤になるとズルズルとラインが下がってしまうことが失点の原因となっており、両チームともにゴールから離れた位置でコンパクトな陣形を組めるかどうかがカギとなりそうだ。

[ 文:田中 滋 ]

コメントの投稿

非公開コメント

翔さん綺世にとってはハイラインの相手も美味しいはず
速い攻撃で一気にゴール前に迫りたいですね

アウェイでは相手選手よりも審判が立ちはだかりました
今回はそれを込みにしても勝てるような差を見せつけて欲しいと思います
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク