fc2ブログ

小泉新社長、マンさんが『欲しい』というのであれば

小泉新社長の大物補強の考え方について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
「なんでもかんでも良い選手を連れてきたら勝てるかといったら、そういうわけではないかな、と。やはり、適材適所、もしくは勝負所でのタイミングで、マンさんが『欲しい』というのであれば、その時に考えればいい」という言葉に集約されておる。
小泉新社長は鈴木満常務強化部長の考えを尊重しており、一任しておることが強く伝わってくる。
経営者としての才覚を感じさせる。
どこぞのクラブのように、上から獲得を決め、スタメンをFAXで送る人物とは異なることがよくわかる。
これからも鹿島のフィロソフィーを重んじ、継承していってくれよう。
信頼しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】急成長中のメルカリ傘下で高まる“ビッグネーム”獲得への期待感。実際どうなの?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年08月30日

「マンさんが『欲しい』というのであれば」(小泉氏)


昨季にACL初制覇で節目の「20冠」を達成。それでも満足することは一切ない。鈴木強化部長は「圧倒的に勝ちたいし、圧倒的に人気チームになりたい」と言葉に力をこめる。写真:滝川敏之

 J1鹿島アントラーズの運営母体が日本製鉄からメルカリに――。フリーマーケットアプリの大手企業による常勝軍団の経営権取得は、大きな話題を呼んだ。

 新たな資本が入ることで期待されるひとつが、補強面だ。『楽天』の潤沢な資金力を武器に、アンドレス・イニエスタやダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキらを獲得してきたヴィッセル神戸のように、鹿島も世界の“大物”を釣り上げるようになるのか。

 今後のビジョンや自身のチーム作りの哲学について、鈴木満常務取締役強化部長が次のように語る。

「チームっていうのは、お金をかければ強くなるかというと、そんな簡単なものでもないし、やり繰りだけで強くできるかというと、そんな甘くもない。メリハリが大事。

 もちろん、お客さんがいっぱいいるところでサッカーをやるのがプロだと思っている。だから、集客につながるようなことも考えなければいけないし、そういう意味で、ネームバリューの必要性は感じている」

 大物の獲得を否定はしない。しかし、それは最優先されるべき事項ではない。まずは、チームとしての土台をしっかりと作ること。そこをないがしろにすれば、せっかくの大物でも「価値を見出すことはできない」という考えだ。

「どこまで土台ができて、醸成しているかをしっかりと見極めて、勝負するところ、我慢するところを判断してやっていきたい」

 一方、新たに鹿島の代表取締役社長に就任したメルカリの小泉文明取締役社長兼COOのスタンスはこうだ。

「アントラーズのフィロソフィの中で、勝負をかけるべきタイミングがある。(大物獲得を)まったくしないというよりは、これまでのマンさん(鈴木満)の作ってきた考え方の中で、勝負所であれば、僕は全然あるかなと思っています」

 チーム強化の部分でも、小泉氏は鈴木氏に同調する。

「なんでもかんでも良い選手を連れてきたら勝てるかといったら、そういうわけではないかな、と。やはり、適材適所、もしくは勝負所でのタイミングで、マンさんが『欲しい』というのであれば、その時に考えればいい」

 そのために、メルカリはビジネスで稼ぎにいく。

「何のために稼ぐかといったら、チームの強化のためであり、それは育成も含めた話。アントラーズの勝利のために、どうやって一丸となれるかが大事」

 クラブ創設から多大なる貢献を示し、鹿島の「20冠」すべてに携わってきた鈴木氏が言葉に力をこめる。「やっぱり、圧倒的に勝ちたいし、圧倒的に人気チームになりたい」と。

 これまでの歩みを振り返れば、間違っていなかったと自負できる。もっとも、それに甘んじるつもりは一切ない。「これからは変わらなければいけないという想いも強い」。

 メルカリとともに新たな時代を切り開き、新たな価値観を生み出そうとする鹿島の動向から目が離せない。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島は安直にビッグネームを獲らず、的確な補強をすることは、他クラブのサポーターにも広く認知されていること。
本当にイニエスタみたいなの期待している人はいないんじゃないですかね。
それよりカイオやブエノ、レアンドロやセルジーニョみたいな生きのいい若手が来てくれたら嬉しい。

No title

バランスが大事。
過密スケジュールでターンオーバーも必要な状況だと
ビックネームを使うのは難しい
大きい存在であればあるほど、欠場時に影響も大きい
高齢だと稼働率の問題もある
即戦力も大事だけど、ユース、ジュニアユースから
ポコポコと年代別代表が出るくらい育成のテコ入れも
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク