FC2ブログ

浦和戦コメント

「選手が思った以上に下がってしまいました」と後半について説明する大岩監督である。
大差で前半を終えたことが、選手たちのメンタルに大きく影響したことがよくわかる。
つくづくサッカーという球技は精神的な部分に追うところがあると思い知らされた。
俺が面白さでもあり怖いところでもある。
そして、この僅差になったことで、ホームで迎える第2戦への緊張感がもたらせられたことは良かったのではなかろうか。
また先制点のブエノは「悔しい思いの方が強い」と2失点を悔やむ。
もっと良い試合展開をすることがDFとしてもイメージであったであろう。
この気持ちを第2戦に繋げるのだ。
すぐに第2戦がやってくる。
気を引き締めて迎え撃とうではないか。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第1戦
鹿島アントラーズ:大岩 剛
第1戦を慎重かつアウェイゴールを奪おうという姿勢で、選手たちを送り出した。前半の90分が終わっていい形でホームに戻れる。ホームでサポーターの皆さんと戦える準備をしたいと思う。

Q.アントラーズらしくない戦い方だったが?

A.リードして入る後半は受け身になりがちなので、ハーフタイムに指示を出したが、選手が思った以上に下がってしまった。第2戦に向けて修正したいと思う。1失点目がすべてだった。



【土居 聖真】
失点はしてしまったが、アウェイで3点取れたことは大きかった。後半に自分たちも点を決めるチャンスはあった。失点した後も1点返すことができていれば、また違った展開になっていたと思う。4点目が欲しかった。それを決めきることが出来なかったことが、今日の課題となった。

【ブエノ】
得点を決めることが出来たのは嬉しいが、チームとして、もう少しいい結果を残すことが出来たと思う。悔しい思いの方が強い。相手が後半攻めてくるという予想は出来ていたし、平常心で後半に臨んだ。ただ、個人的なミスが続き、相手に流れを移してしまい、2失点してしまった。それでも、そのあとは失点せずに試合を終わらせることが出来た。いいアドバンテージをもって第2戦を迎えることが出来る。

【名古 新太郎】
ゴールの場面は、裕太が左サイドを抜けた時点で点を取るためにゴール前に走り込んでいた。うまく自分のところにボールがこぼれてきて、あとは、冷静にゴールへ流し込むだけだった。アウェイで3-2で勝てたことは良かった。ただ、後半の入りで2失点してしまったことは、もったいなかった。次はホームでの第2戦なので、そこに向けて、もう一度良い準備をしていきたい。

【小池 裕太】
前半に3点を取って自分たちに油断が出来て、後半の入りで2失点してしまったところが課題となった。次の第2戦では、そういうことがないように、しっかり修正していきたい。

【クォン スンテ】
アウェイで3得点できたことは、チームとして満足していい部分だと思う。ただ、2失点してしまったので、チーム全体で反省して、次につなげていかなければいけない。浦和は強くていいチームだし、スタジアムの雰囲気もすごい。その雰囲気に飲まれないようにチームを鼓舞していた。もっと、そういう場面を出していかなければいけなかったと思う。2失点してしまったあとから、アクションを起こし始めたので、そこは反省しなければいけない部分となった。

【小泉 慶】
無失点で終わらせることが、一番いい形だったと思う。攻撃陣がしっかりと決めるところを決めてくれて、守備もしっかり守らなければいけないところで、後半に2失点してしまった。失点はすごくもったいなかったが、勝利することが出来たという部分では、間違いなく次につながってくる。後半の早い時間に立て続けに失点したが、そのあとは波にのまれることなく、得点を与えなかったことに関しても、プラスにとらえている。

【白崎 凌兵】
後半相手が攻め込んでくることは想定内だった。自分自身、そこまで相手の圧力を感じてはいなかった。ただ、3-0になってから、相手にやられたくないという気持ちが、自分たちの動きを重くしてしまった。守備の部分での声がけを、もっとチームとしてやらなければいけなかったと思う。

【三竿 健斗】
今日は、アウェイゴールを3点取ることが出来たし、勝って試合を終えることが出来た。いい状態で第2戦を迎えることが出来たと思う。全然、悲観する必要はないと思うし、良いゲームが出来たと思う。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
2019年9月4日(水)19:33KO
埼玉スタジアム2002

[ 大岩 剛監督 ]
第1戦、慎重かつアウェイゴールを奪おうという姿勢で選手たちを送り出しました。前半の90分が終わった段階ですけど、良い形でホームに戻れることをうれしく思います。またしっかり準備をして、サポーターの皆さんと戦える準備をしたいと思います。

--一言で言うと鹿島らしくない試合に感じたのですが、もっと試合をコントロールするのかと思ったら後半いきなり2失点してしまいました。どのように感じていましたか?
得てしてリードしている後半は受け身になりがちなので、それをしっかりハーフタイムに指示を出したんですけれども、選手が思った以上に下がってしまいました。そこは第2戦のための改善点として修正したいと思います。1失点目がすべてだと思います。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第1戦
2019年9月4日(水)19:33KO
埼玉スタジアム2002

MF 30
名古 新太郎
Shintaro NAGO

後ろに重くなったのもそうだし、僕のところもそうですけど、サイドのところでもう1個前にプレッシャーに行ければ良かったです。そこは改善点かなと思います。

--右サイドハーフとして意識したところは?
いつもボランチでやっていて、違うポジションで役割も違う。やることとしては頭を使いながら守備の部分でも賢く守備することと、攻撃のポジショニングは意識してやりました。

--決勝点になったゴールの感想は?
もちろんうれしいですし、チームメートに感謝しています。

鹿島が怒涛のアウェーゴール3発!浦和は意地で2点返して2戦目へ…
19/9/4 21:30


ブエノの得点にはじまり、両チーム合わせて5ゴールが生まれた

「リードして入る後半は受け身になりがち」「後ろに重くなった」、3点先取後に思わぬ苦戦を強いられた鹿島
19/9/4 23:29


敵地での勝利で2年連続の4強入りに大きく前進した

[9.4 ルヴァン杯準々決勝第1戦 浦和2-3鹿島 埼玉]

 鹿島アントラーズが敵地での第1戦で積み重ねたアウェーゴールは3つ。「非常にいい形でホームに戻れる」と大岩剛監督は結果に満足してることを口にしたが、「リードして入る後半は受け身になりがちなので、ハーフタイムに指示を出したんですけど、選手たちが思った以上に下がってしまった」。前半で3ゴールを奪った後に許した、後半の2失点に悔しさ見せた。

 MF白崎凌兵も「後ろに重くなって前からプレッシャーにいけなくなった。(ピッチの)外からも言われていて、(浦和の選手を)つかまえられなかった」と苦戦の理由を挙げ、後半の出来に関しては「誰も満足していない」ことを強調する。

 ルーキーのMF名古新太郎は、この日は右サイドハーフで先発。「いつもボランチでやっていて違うポジションで役割も違うので、頭を使いながら守備することと攻撃のポジショニング」に腐心したという。チームとして引いてしまったことを苦戦の要因に挙げた。

 名古は第1戦目の決勝点となった3点目を挙げており、これが嬉しいプロ初得点となった。「もちろん嬉しいですし、チームメイトに感謝したいです」。表情は曇りがちで、大勝ムードから一転、追い上げられての辛勝が重くのしかかっているようだった。

(取材・文 奥山典幸)

【ルヴァン杯準々決勝】鹿島が敵地で3-2先勝! 浦和は3点ビハインドから詰め寄り第2戦へ
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年09月04日


前半は鹿島が8分間で3得点のゴールラッシュ。後半は浦和が2分で2得点


35分、鹿島のブエノがゴールラッシュの口火を切る。写真:滝川敏之

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク