FC2ブログ

ルヴァン杯のタイトルだけでなくほかの大会にも影響を与える重要な一戦

「1シーズンで7回も対戦する可能性があるとすれば、相手にイヤな印象を植えつけたいところだ」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
今季は浦和と、このルヴァン杯だけでなく、リーグ戦、ACL、天皇杯と全ての大会にて相見える可能性が高い。
ここは、苦手意識を植え付けたいところ。
第1戦は、3つのアウェイゴールを奪ってそうさせたかに思えたが、2点を入れられそうもならずに終えた。
ここは、ホームでのこの戦いにてガツンと行きたい。
とはいえ、今後も対戦することを考慮すれば、手の内全てを明かすのもどうかと迷うところ。
このあたりの考え方が、この試合に表れよう。
大岩監督の勝利への姿勢が色濃く出るはず。
我らは一丸となってチームを鼓舞するのだ。
勝利を信じてスタジアムに向かう。
重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

後にもつながる勝負。鹿島は第1戦の結果を生かせるか
埼玉スタジアム2002でのJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第1戦から中3日、今度は舞台を県立カシマサッカースタジアムに移す。第1戦はアウェイの鹿島が3-2で勝利した。これにより浦和が勝ち抜けるには2点差以上の勝利、もしくは4得点以上しての1点差勝利が必要になった(3-2で浦和が勝利した場合は延長戦を戦う)。

大岩 剛監督は「前半の90分が終わった段階ですけど、良い形でホームに戻れることをうれしく思います」と話し、アドバンテージを持って第2戦を迎えられることを喜んだ。

前半だけで3得点したあと、後半は一転し、2点を返される展開に、試合後の鹿島の選手たちは渋い表情を浮かべていた。とはいえ、直前に広州恒大のホームで戦ったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦では、欲しかったアウェイゴールを奪うことができず0-0で試合を終えている。その反省を生かし、アウェイゴールを3つ得たことは進歩と言える。

「監督もアウェイゴールの重みをすごく口酸っぱく言っていた。3点は出来過ぎかなというくらい。取れたのは大きかったですね」

土居 聖真も、試合の結果をポジティブに受け止めていた。

対する浦和は悔しさが残る敗戦と言えるだろう。試合後、大槻 毅監督はサポーターに向けた謝罪を口にした。

「たくさん来てくれたサポーターに謝罪したい。失点をしたとしても、そのあとの選手たちの顔つき。非常に残念でした。2点を取りましたけれど、残念な敗戦ということではなく、次にしっかり払しょくできるようにしていきたいと思います」

前半は良いところなく失点を重ねたものの、後半になると興梠 慎三の投入をきっかけに試合内容でも盛り返した。第2戦につながる結果を得られたと言えるだろう。

ただ、選手を入れ替えながら戦っている鹿島とは対照的に、槙野 智章やマウリシオ、武藤 雄樹など何人かの主力は連戦が続いている。この試合のあとの明治安田J1第26節・C大阪戦は中4日になるとはいえ疲労の蓄積が心配される。今後のスケジュールも勘案しながら選手起用を考えていく場合もあるだろう。

このルヴァンカップでの戦いを終えても、両チームは今後何度も対戦することがあるかもしれない。県立カシマサッカースタジアムでのJ1第30節の対戦だけでなく、互いにACLを勝ち進めば準決勝で激突することになる。さらに天皇杯でも互いにラウンド16を勝ち進むと準々決勝で対戦することになる。1シーズンで7回も対戦する可能性があるとすれば、相手にイヤな印象を植えつけたいところだ。

この第2戦は、ルヴァンカップのタイトルだけでなくほかの大会にも影響を与える一戦となる。埼玉スタジアム2002で見られたように激しい試合となるだろう。

[ 文:田中 滋 ]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

先の埼スタでの1st.、なんだか相手に勢いを与えてしまった様で、少し嫌な感じですね。彼等にしてみれば、すべき事がシンプルで整理されて、逆に開き直って猛チャージを仕掛けてくるでしょう。2016年のCSの時のウチの様に。

なので、攻めるのか、守るのか、どちらに重きを置いて戦うのか全員の意思統一が極めて大切になってくると思います。まあ、頼れる若きキャプテン、三竿選手がいるので、うまく戦ってくれるとは思いますが、個人的には腰の引けた戦いはして欲しくはないですね。

何はともあれ日曜は現地で必死で応援します。頑張りましょう!

埼玉の試合は後半非常にモヤモヤしました。
0-0でもいいので、確実に嫌いなチームをホームで仕留めて欲しい!

勝つことだけ考えればよい。

浦和サポとぢてはリーグ戦(降格)が心配なので、ルヴァン第2戦でベストメンバー組まざるを得ない状況はもはや罰ゲームかという本音があるとか。叩きのめして負のスパイラルに落として今シーズンを終了させてさしあげたい!

悪役チームが「どうせ負けるなら怪我人出したれ!」なんて発想にならない事を祈ります(汗)

それから、審判もどうなることか超心配。冗談抜きで!

心配は台風だけですね。

浦和は勝ち残ると残留争いやACLの大きな負担となるので今回は何も起きなそう

ただ天皇杯は昨年の悪夢再びって感じでしょうね
あの日の福島孝一郎からは意地でも浦和をアジアにねじ込むぞ!という気迫を感じました
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク