FC2ブログ

鹿島のDFリーダー、犬飼智也

犬飼智也にスポットを当てるJ's GOALの田中滋氏である。
犬飼は「あそこに行かないといけないと思います。そのためにはタイトルをとってしっかりアピールすること」と日本代表についてコメントする。
鹿島のレギュラーDFは日本代表の中心選手となる。
犬飼もそこに名を連ねて欲しい。
明日のルヴァン杯・浦和戦にて完封に貢献し、その存在感を高めれば、代表の座も遠くはないはず。
強い気持ちでプレイし、更に名を挙げるのだ。
犬飼の躍動を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島 vs 浦和】鹿島のDFリーダー、犬飼智也
2019年9月7日(土)



5日の日本代表戦は久しぶりにカシマスタジアムで行われた。レオ シルバやセルジーニョ、ジーコといった鹿島にまつわる面々がスタジアムに足を運んだ一方で、犬飼智也は自宅のテレビで観戦したという。しかし、画面から伝わってくるSAMURAI BLUEの気迫に大いに刺激を受けた。

「あそこに行かないといけないと思います。そのためにはタイトルをとってしっかりアピールすること」

YBCルヴァンカップはこの先の道のりを決める大事な分岐点と捉えていた。

第1戦はベンチから戦況を眺めた。チームは連戦の最中にあり、犬飼は中3日で2試合連続のフル出場を果たしていた。そのなかには酷暑のなか戦った広州恒大戦も含まれている。これからさらに試合の重要どころが増していくなかで、休養を取ることも大切な役割である。87分に名古新太郎に代わってピッチに立つと、浦和の猛攻を受けていた守備を立て直し、1点のリードを守りきる働きを見せた。

「自分としては自分のプレーをしっかりすること。声を出してチームをコントロールすることが役割。第2戦にむけて声で修正できることは多い。しゃべれば済む話しだと思います」

第1戦は興梠慎三の投入と共にマークが掴めなくなり、あわや同点のチャンスを複数回つくられた。3つのアウェイゴールを奪ったものの、今度は相手が同じことを狙ってくる。コーチングができるCBとして、若きDF陣をまとめあげるのは犬飼の役割だ。

文:田中滋(鹿島担当)

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
9月8日(日)18:30KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島はタイトル獲得・海外移籍・日本代表を何人も輩出してきた実績があるから、いいサイクルで世代交代できてるんだなぁと改めて思うこの頃。
直近で言うと夢生・永木・健斗・幸輝って四人も鹿島移籍から代表入りしてますもんね。

やはり鹿島のCBは代表入りしなくてはならない
鹿島に来て日々進化しているけどまだまだ犬飼はやれる事はある
守備の所は当たり前だけど苦しい時に点に絡む、点が取れるCBに!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク