FC2ブログ

浦和戦コメント

指揮官は「苦しい試合となったが、選手たちが後半に修正をしてくれて、次に進めたことを嬉しく思う」と言い、三竿が「今日は修正力で勝てたと思う」と語る。
苦戦しても、ピッチ内で改善することが出来るチーム力が備わったことがわかる。
今季のチームが固まってきた。
この力を前面に出し、タイトルを得るのだ。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019JリーグYBCルヴァンカップ プライムステージ 準々決勝 第2戦
鹿島アントラーズ:大岩 剛
苦しい試合となったが、選手たちが後半に修正をしてくれて、次に進めたことを嬉しく思う。サポーターの皆さんが、これだけの雰囲気を作ってくれて、非常にいいスタジアムの雰囲気だった。一緒に戦って、次に進めたことを非常に嬉しく思っている。

Q.前半はいい流れではなかったが、どこを一番修正しなければいけないと感じていたか?

A.このシステムのミスマッチは、お互いにストロングポイントの出し合いとなる。今日は浦和の2シャドーの選手が、とてもアグレッシブに背後へ抜けるという動きを120%でやってきた。そこで、我々のポジションにギャップが生まれてしまった。そこを後半に修正していったことで、相手の攻撃を少し抑えることが出来た。そして、相手のスペースを使う回数が前半よりも増えたと分析している。ただ、もう一度映像を見て確認しなければいけない。相手がアグレッシブにくるということは想定していたが、あれほど相手がインテンシティに入ってくることは、少し予想外だった。だが、後半は我々にチャンスが来ると思っていた。そういう部分では盛り返していくことが出来たと思う。



【犬飼 智也】
前半から浦和の勢いがすごくあった中で、早い段階で失点してしまい、苦しい試合に似てしまった。ただ、失点した後も、周りと話し続けてやれていた。我慢し続けた結果、点も取ることが出来たと思う。カウンターを狙うことは出来ていたけど、我慢しきれずに失点してしまった。相手のポジションに対して、もう少しいい対応が出来たのではないかなと感じた。

【伊藤 翔】
前半は自分たちで試合を難しくしてしまった。後半に盛り返せたが、個人としてもチームとしても、満足のいくものではなかった。(得点は)セルジからいいボールが来たので、コースを狙おうと思ったが、前半にシュートを外していたので相手の股を狙った。ゴールを決めることが出来てよかった。

【小池 裕太】
難しい試合になるというのは分かっていた。その中で、自分の1つのミスで厳しいゲームにしてしまった。次のステージに勧めたことは良かったが、チームに迷惑をかけてしまった試合となった。

【三竿 健斗】
前半は、相手がすごく圧力をかけてきた。相手がワンテンポ早くパスを出してきていた。そこに対して僕たちは負けていた。前半から相手が圧力をかけてきて、うちが負けていた。いつもは興梠選手が裏に抜けてくるが、今日はシャドーの3人も裏を狙ってきて、普段とは違う感じを受けた。浦和が裏を狙ってきたところの対応を、後半に修正できた。今日は修正力で勝てたと思う。

【ブエノ】
前半はすごく難しい展開となった。その難しい時間帯を我慢することが出来た。その中で、この大事な試合を2-2で試合を終えることが出来て、次に進むことが出来たのは嬉しかった。次の試合も頑張りたい。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
2019年9月8日(日)18:33KO
県立カシマサッカースタジアム

[ 大岩 剛監督 ]
苦しい試合だったんですけれども、選手が後半にうまく修正してくれたことをうれしく思います。サポーターの皆さんがこれだけの雰囲気を作ってくれて、非常に良い雰囲気のスタジアムでしたし、一緒に戦って勝ち上がれることを喜んでいます。

--前半は良い流れではなかったと思います。どこを一番修正されたのでしょうか?
この対戦のミスマッチというものは、お互いのストロングの出し合いだと思うんですけど、今日は浦和さんの2シャドーの選手が非常にアグレッシブにポジションを取って、背後に抜けることを120%でやってきたことに少しギャップができてしまったのかなと。そこを少し後半に修正することで相手の勢いを抑えることができましたし、逆に相手のスペースを使う回数が前半よりも増えたと分析しています。

ただ、これはもう1回映像で確認したりしないといけないと思っています。当然、相手は試合前の状況でアグレッシブに来ることを想定していましたけれども、あれほどハイインテンシティーで入ってくることは少し予想外でした。そういうことも含めて、後半は必ずわれわれにチャンスが来ると思っていたので、そういう意味では少し盛り返せたかなと分析しています。

JリーグYBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦
2019年9月8日(日)18:33KO
県立カシマサッカースタジアム

DF 39
犬飼 智也
Tomoya INUKAI

レッズの勢いがかなりあった中で、早い段階で失点してしまって苦しくなってしまいましたけど、中でしゃべり続けて我慢し続けたから点を取れたかなと思います。カウンターは狙っていたので、うまくできていたと思う中で我慢し切れなかった。相手のポジション上、サイドに振られるボールに対してはもう少しうまく対応できたかなと思います。中ではやられても最後を守ればいいからという話をずっとしていた。そこまで大崩れするとは思わなかったですけど、それでもレッズの勢いだったり、やりたいことをやられる時間が長かったので、そこはもっと修正できたかなと思います。

FW 15
伊藤 翔
Sho ITO

ハーフタイムはみんな意見を言い合った。僕自身も悪かったし、チームとしても悪かったので、こんな戦い方をしてたら絶対負けるし、みんながこのままじゃいけないぞというのは感じていたと思う。あとは監督から的確な指示も入ったし、そういう意味では後半に盛り返せて良かったと思います。みんなおのおの苛立っていたと思うし、あの内容だったら当然だと思う。逆にそこでみんなで活を入れられたのが良かったと思います。

第1戦のアドバンテージ生かした鹿島、浦和とドローも2戦合計5-4で4強へ
19/9/8 20:30


点の取り合いの末、鹿島が4強入りを決めた

鹿島、ルヴァン杯4強進出! 浦和との白熱のシーソーゲーム、2戦合計5-4で制す!
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年09月08日


伊藤が勝負を決める同点弾!


伊藤が2戦合計5-4となるゴールを決めた。写真:滝川敏之

コメントの投稿

非公開コメント

結果が大切。内容は良くなかったが勝った。この反省を次の浦和との戦いに活かして欲しい!

準決勝進出決まって良かったが、ブエノのプレイがVARでPKにされてもおかしくなかったかも……
今回は流されたが、結局VARが導入されても審判の判断によって左右されてしまう……
今まで何度も審判に泣かされてきた鹿島ですが、これでVAR導入されても喜べない現実となりましたね。

鹿島でプロサッカー人生を始めた選手がほとんどピッチにいなくても鹿島らしい。

健斗なんて満男や源のようなオーラを感じるし。

「闘う」のポスター
永木、健斗、レオ、スンテ、セルジーニョ、凌兵
生え抜きは一人もいないが、全員の顔からは鹿島らしさや鹿島を背負う、という覚悟、決意が感じられる。
そこが浦和との違い。
失礼ながら寄せ集め感のある浦和と、志を持って鹿島アントラーズのユニフォームに袖を通した選手たち。
その差が出たと思う
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク