FC2ブログ

カシマスタジアム、渋滞改善へ試行錯誤

カシマスタジアムの渋滞対策について報じる茨城新聞の戸島記者である。
臨時駐車場とスタジアムを結ぶシャトルバスや右折レーンの増加など、いくつかの施策がなされておることが伝えられる。
昨今、鹿島アントラーズの人気が高まり、観客動員が増えておるが、それに伴い渋滞問題が更に深刻となっておる。
これを改善することで、より快適に観戦出来ることとあろう。
行政も含めて大いに着手して貰いたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

カシマスタジアム無料シャトルバス 渋滞改善へ試行錯誤
代表戦で実施、手応えも


県立カシマサッカースタジアムに向かう車で混雑する国道51号鹿嶋バイパス=5日、鹿嶋市神向寺

サッカーJ1鹿島の本拠地で、2020年東京五輪の会場にもなる県立カシマサッカースタジアム(鹿嶋市神向寺)周辺の渋滞対策が本格化し始めた。5日の日本代表戦で無料シャトルバスを運行する「パークアンドバスライド」を実施。五輪本番で採用されるとあって、関係者が熱心に視察した。今後は混雑緩和に向けた社会実験も予定されており、“名物”とも言われる渋滞の改善へ試行錯誤が続く。

■臨時駐車場

約2万9千人が詰め掛けた5日の国際親善試合、日本対パラグアイ戦。県サッカー協会は大竹海岸(鉾田市)と前川運動公園(潮来市)に臨時駐車場を設け、マイカーで訪れた観客を会場まで無料シャトルバスで輸送した。臨時駐車場2カ所で約800台の利用があった。

当日は記者も同公園からバスに乗車。スタジアムまで最短ルートの国道51号鹿嶋バイパスではなく、神栖市を経由し国道124号で向かう迂回(うかい)路を通った結果、所要時間は往路で約40分、帰路で約35分。懸念された渋滞に巻き込まれることはほぼなかった。

友人と観戦に訪れた栃木県小山市の男性会社員(26)は「無料なので使ってみたが、渋滞にもはまらず便利だった」と感想。同協会担当者も「試合後は想定より早くスタジアム周辺の駐車車両がはけ、大きな混乱もなかった」と、交通量を減らす対策として一定の手応えを語った。

■五輪の参考に

パークアンドバスライドは、サッカー男女計11試合を予定する東京五輪でも実施される。

五輪に向けて関係機関でつくる県輸送連絡調整会議は8月の会合で方針を確認し、水戸方面と東京・千葉方面からの観客向けに、スタジアムの北側と西側、南側の三つのゾーンに臨時駐車場を設ける案を示した。

県など同会議の関係者は日本代表戦での取り組みを現地でつぶさに視察。臨時駐車場を出入りするマイカーと大型バスの取り回し方法や、渋滞の発生状況などを確認した。

同スタジアムの渋滞対策は02年サッカーW杯でも直面した難題だが、当時と現在で周辺の道路環境に大差はない。ソフト面の対策が中心となり、同会議は「五輪のオペレーションで何より重要なのが交通輸送」と位置付ける。

■難所も対策

J1鹿島の試合日、最も激しい渋滞が発生する東関東自動車道潮来インターチェンジ(IC)からスタジアムまでの対策も動きだしている。

東日本高速道路は8月末、同IC出口の一般道と接続する交差点で、スタジアムに向かう右折可能レーンを1本から2本に変更。同社千葉管理事務所によると、日本代表戦で渋滞発生はなかったという。

8月上旬には国や県、市町村、大学などの関係者で組織するスタジアム周辺渋滞対策協議会が発足。来年6月をめどにバス専用・優先レーンの設置など、社会実験に取り組む方向で検討が進む。(戸島大樹)

コメントの投稿

非公開コメント

ホームタウン民かつパラグアイ戦参戦者、普段はスタジアム駅側民間駐車場利用者、パラグアイ戦は駐車券付きチケット(スポーツセンター奥でした)が、私見で報告すると課題はまだまだあると感じました。

敷地と道路の都合で、わざと不介入主義なのかもしれませんが、協会指定の駐車場ならば、出口の歩道に規制を敷く(5ゲートの交差点や、NSゲート付近でしているテープ制御)具体的にいうと国道沿いの直売所やクリニック付近のスタジアム駐車場の出口で民間駐車場に向かう人たちの流れを運営側が止めてくれないと、退出する車が詰り、退出渋滞が発生します。スタジアム駅側は、交差点に試合日だけ稼働する点滅信号をつけた方が、色々なリスクが減ると感じます。

あと、オリンピックは、警察が信号を操作すれば、渋滞も違うと思います。北に帰ろうとする道は、ルートによっては信号が多く、かつ無駄に切り替えの多い信号もあり、渋滞の原因になっています。

有難いですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク