FC2ブログ

リーグタイトル奪還に向けた天王山も、犬飼智也がアントラーズのゴールを守る


犬飼智也をピックアップするFreaks+である。
「今季はどんどんリーダーシップをとっていこうと思います。そこの意識はすごく変わっていますね」と昨季は昌子・上田とプレイし、そして成長した、その糧をリーダシップとして発揮してくれることを口にする。
これが鹿島のCB育成力と言えよう。
犬飼は大きく成長しておる。
それを明日は発揮してくれよう。
強力なFC東京の2TOPを封じ込め、チームを勝利に導くのだ。
犬飼を応援すべくスタジアムに向かう。
活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

PICK UP PLAYER


 有り余る戦闘意欲を燃料に、パワーと迫力で相手を圧倒するーー。そんな常勝鹿島の歴史を築いたCBとは、少しイメージが異なるかもしれない。だが、いまや誰もが認める「鹿島のDFリーダー」だ。

 昨シーズンの途中に植田直通がベルギーへ移籍、シーズン終了後には昌子源がフランスへと移籍した。そこで、最終ラインの要を託されたのが犬飼智也だった。

「二人と一緒にプレーして学ぶことがたくさんありました。昨季は引っ張ってもらいましたし、自分からというより周りに合わせるところが多かった。でも、今季はどんどんリーダーシップをとっていこうと思います。そこの意識はすごく変わっていますね」

 自分も鹿島のDFとして確固たる存在にならなくてはいけない。真面目な性格ゆえ、周囲からの期待と責任を強く感じて、2019シーズンに臨んだ。

 しかし、シーズン開幕当初はチームの調子が上がらず、無失点に抑えることの出来ない試合が続いた。先発フル出場を続けていた背番号39への風当たりも強くなっていく。そして、4月9日、ACLグループステージ第3節・アウェイ慶南戦で、後半途中に二枚目のイエローカードを受けて退場処分を受ける。4月14日、名誉挽回を期して臨んだ明治安田J1第7節・FC東京戦では、警戒していた2トップに前半だけで屈辱の3失点を喫する。否が応でも、自責の念に駆られた。



 周囲が期待しているのは「常勝鹿島のCB」だろう。圧倒的なパワーと強さで敵の攻撃を跳ね返し、セットプレーではガツンとヘディングシュートを放って試合を決めるーー。そんな先人のイメージが犬飼の脳裏に焼き付いていた。ゆえに、自らのパフォーマンスとの乖離に苦しんでしまう。

 だが、試合に出場し続けるなかで、少しずつその意識に変化が生まれていった。次から次へと試合がやってくる状況では、周囲の声など気にしていられない。目の前の試合に集中し、終わったら次の試合、終わったらまたすぐ次の試合へ、意識を切り替える日々が続く。

「ミスの後のミスが一番いけないことで、ミスをした後のプレーがすごく大事」

 その連続を繰り返していくうちに、犬飼を縛り付けていた幻影は取り払われていった。ピッチ上で「結果を残す」、「アピールする」という意識で空回りすることはなくなり、「どっしりと構える」イメージで堂々とプレー出来るようになった。

 それは開き直りに近い考えかもしれない。「守り切らなければいけない」から「守り切るだけ」へと言葉が変わり、「前からのプレスが上手くかかられなくても、俺らは最後の局面で守ることが出来ればそれでいい」、「焦らずに、やるだけ」と、腹を据えて、相手の攻撃を待ち構える姿勢を学んでいった。



 揺るぎない自信を手に入れた。「俺らはやられなければOKだから。やらせないことが俺らの仕事だから」。自分らしいプレーをすればいい。シーズン序盤、苦境に立たされながらも、逃げることなく、胸を張って戦い抜いた経験が、犬飼を一回りも二回りも上のレベルへと成長させた。

 そして、いま、アントラーズの最終ラインには、揺るぎない信頼を勝ち得た背番号39がいる。味スタで味わったあの屈辱を乗り越え、強くなった。もう、先人の幻影に悩まされることない。堂々と自分らしくプレーすればよい。リーグタイトル奪還に向けた天王山も、犬飼智也がアントラーズのゴールを守る。

コメントの投稿

非公開コメント

ほんと最近の犬飼は去年の犬飼とは別人のように頼もしく感じます。
鹿島に来てくれたからこその変化だと思うし、昌子植田がいた中で移籍してきたその心意気が今となってはよく決断してくれたなと思います。
犬飼応援してます!鹿島の最終ラインを頼みます!

ワンちゃん頼むよ!
アウェイでの屈辱をホームで晴らせ!!
セットプレイでは点を決めちまえ!!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク