FC2ブログ

絶好機でセルジーニョの瞬時の判断は?

FC東京戦語のセルジーニョを取材したサッカーダイジェストの広島記者である。
シュートの瞬間についてコメントを取っておる。
「(ボールを)コントロールした時点で、良い形で止めることができたので、まずはシュートを意識していました。そのシュートをちゃんとミートして打てれば入るという感覚でした。その通りになって良かったです」と語る。
あそこ、あの瞬間にフィニッシュを意識しておったことはアタッカーの真骨頂であろう。
セルジーニョが2列目に収まったおかげで、鹿島の攻撃力は一気に増した。
快進撃を続け、タイトルを掴もうではないか。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】縦パスか、横パスか、シュートか――絶好機でセルジーニョの瞬時の判断は?
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年09月14日

「良い形で止めることができたので」


勝利を決定づけるチーム2点目を叩き込んだセルジーニョ。これで3戦連発、今季通算10点目となるゴールだった。写真:徳原隆元

[J1リーグ第26節]鹿島2-0FC東京/9月14日/カシマ

 鮮やかな一発だった。

 1-0で迎えた78分、ペナルティアーク付近で名古新太郎からの横パスを受けたセルジーニョは、左足を一閃。強烈なシュートがFC東京のゴールに突き刺さる。後半は劣勢の時間帯が多かった鹿島だったが、苦しい展開を凌ぎ切ると、訪れたチャンスを確実にモノにして、勝点3を手繰り寄せた。

 セルジーニョがパスを受けた時、前方では途中出場の上田綺世がパスを呼びこむ姿勢を取り、左サイドでは小池裕太がフリーでスタンバイ。自身のシュートを含めれば、3つの選択肢があったセルジーニョはその時、何を思っていたのか。

「(ボールを)コントロールした時点で、良い形で止めることができたので、まずはシュートを意識していました。そのシュートをちゃんとミートして打てれば入るという感覚でした。その通りになって良かったです」

 勝負を決定づける貴重な追加点だった。セルジーニョはこれで3戦連発。チームトップの10得点目と二桁をマークする好調ぶりだ。

 この勝利で鹿島は首位のFC東京に勝点1差にまで肉薄。3年ぶりのリーグタイトル奪還に向け、常勝軍団がいよいよ本腰を入れてきた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

ACL男どころか、リーグ戦男にもなりつつあるセルジーニョ。
ACL、リーグのダブルMVPもあるかも
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク