FC2ブログ

チームに揺るぎない一体感を生み出す“ベンチ力”

鹿島のベンチについて伝えるサッカーダイジェストの広島記者である。
ルヴァン杯・浦和戦にてベンチから飛び出しチームに指示し、鼓舞した内田篤人主将が注意されたシーンが記憶に残る。
それが、このFC東京戦では人数が増え、ピッチに立つ11人だけでなく、ベンチも含めたチーム全体で戦っておることが強く伝わってくる。
これが今の鹿島である。
プレイ出来ずとも戦うことが出来る。
素晴らしい。
我々もスタジアムに集い、12人目の選手としてチームに力を与えようではないか。
タイトルに向けて力を合わせるときである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】「俺ら、前に出ちゃうんで」チームに揺るぎない一体感を生み出す“ベンチ力”
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年09月15日

内田は試合前に「早めに注意してください」と挨拶


ベンチに控える選手たちも一緒になって戦う。先発フル出場の犬飼も「良いチームですよね」と強く実感している。写真:徳原隆元

[J1リーグ第26節]鹿島2-0FC東京/9月14日/カシマ

 その数が、増えてきているような気がする。

 ベンチに控える内田篤人が、タッチラインぎりぎりまで出てきて、味方に熱のこもった指示を出す。そうした姿は開幕当初からも見られていた。判定に納得がいかなければ、線審に詰め寄ることもある。

 そんな内田に“加勢”するメンバーが、増えてきているような気がするのだ。FC東京との大一番でも、出番を待つ選手たちに加え、交代してベンチに下がった選手までもが、座らずに立ったまま仲間たちの戦いを見守り、時には大きな声を張り上げる。

 そうした振る舞いは、審判団からすれば、あまり良い印象を持たれていないのかもしれない。実際、試合前に内田は第4審判に「俺ら、前に出ちゃうんで。早めに注意してください」と挨拶に行ったという。

 着目すべきは、内田が「俺」ではなく、「俺ら」と複数形を使っていることだ。これほどベンチ前が、良い意味で騒々しくなるチームはあまりないのではないだろうか。

 先発はもちろん、ベンチスタートとなり、たとえ出場の機会が訪れなくても、勝利を目指す選手たちは、同じ方向を向いて、一枚岩になって戦う。内田が言うように、今の鹿島は「チーム全体で勝つ」ことを体現できている。

「別に俺だけじゃなくて、気づいた選手が言えばいい。経験のあるヤス(遠藤康)やソガさん(曽ケ端準)もいる。ベンチの一体感はすごく大事。(監督の大岩)剛さんも言っていますけど、苦しい時に、みんなの顔を見て、ベンチからの声を聞いて、それで走れるぐらいなら、声を出す。それは別に、俺がグラウンドにいてもいなくても、関係ない」(内田)

 そうしたベンチからの声は、しっかりと届いている。FC東京戦でフル出場したCB犬飼智也も「聞こえていますね」と認め、「試合が止まった時とか、点が入った時には、自分から話しにも行きます」と、密なコミュニケーションを取っていることを明かす。

 ピッチに立つ選手たちと同じぐらいの熱量で、ベンチメンバーがファイティングポーズを取る。「一体感を感じる」と犬飼は言う。「出ている俺らがやらないといけないって思う。やっぱり、そういうのは大事だし、チームになっているなって思いますね。良い雰囲気だし、メンバーに入っていない選手たちも一緒に戦っている。良いチームですよね」とも。

「ファミリー」という言葉を大事にしてきたからこそ


首位に立つFC東京を2-0で撃破。3年ぶりのリーグタイトル奪還はもちろん、ルヴァンカップ、天皇杯、ACLを加えた“4冠”に向け、ファン・サポーターとともに、チームは一丸となって邁進している。写真:徳原隆元

 そんな“ベンチ力”を支える人員の増加について、犬飼は「やっぱり、篤人さんやソガさんもやっているし、自分もそうあるべきだと思うし、自然と増えていっているのでは」と感じているようだ。

 他のベンチメンバーを巻き込むほどの存在感を示す内田は、ファンやサポーターへの感謝も口にする。

「今日もバスで入ってきた時、良い雰囲気を作ってくれましたし。そういうのが、選手たちがキツイ時にね、(小泉)慶も足がつっていましたけど、それでも動けるのは、そういうスタジアムの雰囲気があるから。良いチームだと思うし、良い流れが来ている」

 スタメンも、ベンチも、ベンチ外も、ファン・サポーターも。「ファミリー」という言葉を大事にしてきた鹿島が、4冠(J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL)という偉業に向け、一丸となって突き進んでいる。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

苦しい時間帯に、耐えて耐えてトドメを刺す!
鹿島らしい勝利でした!

これもベンチを含めた一体感があればこそ。
アントラーズはファミリー。
全員で闘ってタイトルを獲る!!

No title

試合前練習の時に、ウッチーがウォーミングアップ中の審判の所まで
わざわざ挨拶に行ってたので、「知り合い??審判に?」と思っていたら、
こういう訳だったんですね(笑)
挨拶されて、嫌な気がする人は少ないでしょう。
それでジャッジに偏りがなかったのかな?

ファミリーを結ぶのは、ジーコスピリッツ!
鹿島サポーターでいられる幸せ!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク