FC2ブログ

連戦がもたらす「良いサイクル」

鹿島の過密日程について記すサッカーダイジェストの広島記者である。
9月に入って既に4試合、残り3試合と今月だけ切り取ってもかなり厳しいスケジュールで進んでおる。
それに対して広島記者は、「懸念されるのは主力メンバーの疲労によるパフォーマンス低下、あるいは負傷」と不安視する。
それに対して鈴木満フットボールダイレクターからコメントを引き出しておる。
「試合があれば、集中力を保てる。2週間に1回ぐらいの試合しかないと、練習にも身が入らないというか。だから、日程が楽になれば、チームにとっていいかと言えば、そうじゃないんだよ。どんどん試合をやって、いろんな選手が出て、それが底上げにつながる。そういうサイクルになっていけばいい」とのこと。
これが鹿島がここ数年過密日程をこなしてきた経験であろう。
総力戦で全てのタイトルを狙う。
鹿島だけに許された贅沢である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】怪我など不安材料はあるが…連戦がもたらす「良いサイクル」に期待
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2019年09月16日

「試合があれば、集中力を保てる」(鈴木強化部長)


9月は計7試合。ここまでの2週間で4試合を消化して、3勝1分と負けなし。この好調を続けたい。写真:徳原隆元

 J1リーグでは上位をキープし、ルヴァンカップ、天皇杯、ACLでも勝ち残っている鹿島は、9月に入ってからの2週間で、すでに4試合を消化している。

9月1日(日)清水戦(J1リーグ25節)〇4-0
9月4日(水)浦和戦(ルヴァンカップ準々決勝第1レグ)〇3-2
9月8日(日)浦和戦(ルヴァンカップ準々決勝第2レグ)△2-2
9月14日(土)FC東京戦(J1リーグ26節)〇2-0

 さらに、今後の日程は以下のとおり。

9月18日(水)広州恒大戦(ACL準々決勝第2レグ)
9月25日(水)横浜戦(天皇杯ラウンド16)
9月28日(土)札幌戦(J1リーグ27節)

 1か月で計7試合と、タイトなスケジュールである。直近のFC東京戦からは中3日で広州恒大戦があり、その1週間後に横浜戦が予定され、中2日で札幌戦を迎えることに。

 懸念されるのは主力メンバーの疲労によるパフォーマンス低下、あるいは負傷だ。事実、FC東京戦では先発した白崎凌兵、三竿健斗が負傷交代している。鈴木満取締役強化部長は「上手くやり繰りしながら」と今後の戦いを展望する。

 もっとも、鈴木強化部長は連戦を歓迎している部分もある。

「試合があれば、集中力を保てる。2週間に1回ぐらいの試合しかないと、練習にも身が入らないというか。だから、日程が楽になれば、チームにとっていいかと言えば、そうじゃないんだよ。どんどん試合をやって、いろんな選手が出て、それが底上げにつながる。そういうサイクルになっていけばいい」

 ターンオーバーによって起用される多くの選手たちが、実戦を通じて逞しくなる。それがチーム力を高めて、連戦を戦い抜く体力がつく。疲労をできるだけ軽減させつつ、右肩上がりの成長曲線を描きながら、4冠(J1リーグ、ルヴァンカップ、天皇杯、ACL)を手に入れたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

ピリピリした緊張感の中での強敵との試合を通じて選手は成長する。幸運なことに過密日程のために、全員にチャンスがあり、選手たちの成長を促せる。

これからシーズンが終わるまで楽しみな日々が続きます!

No title

連戦はパフォーマンスが落ちた選手を休ませるだけの選手層がある鹿島にはウェルカムです。
健斗とシラが傷みましたが、アツと相馬が戻ってきたし、永木はいつでもどのポジションでも高パフォーマンス。

次々と主力が抜けることを予測して適材適所の補強を敢行するフロントの手腕は以前からすばらしいですが、補強した人材を使いこなす大岩監督の成長には感服します。

いま4冠を狙えるのは自力がついてきた証明ですが、無冠で終わっては意味がありません。
リーグ戦はマスト、カップ戦もしぶとく勝ち抜いていきましょう。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク