FC2ブログ

鹿島――最も勢いのある相手だが相性は良い

「勝てばもちろん、引き分けでも得失点差で上回るため、確定順位では今季初めて首位に立つことになる」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
今日の試合にてFC東京が敗れたため、勝ち点を得れば首位に立つこととなる。
より重要な試合となった。
とはいえ、平常心で挑むことこそが肝要となる。
相手は5連勝とノリにのっておるセレッソであり、不要な気負いはマイナスになりかねぬ。
過去6シーズン、アウェイにて勝利しておると記されるが、今季より監督が替わっており、そんなデータは全くアテにならぬ。
守備の強さ、攻撃への切り替えの速さは特筆すべきチームとなっておる。
ここは気を引き締める必要がある。
また、負傷したレオ・シルバの代役には小泉慶が入り永木とコンビを組むと予想される。
そして、右SBにはユキ、不安視されたセルジーニョも元気に名を連ねておる。
このメンバーにてセレッソを討つ。
事実上の優勝決定戦、必勝である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1展望】|C大阪×鹿島|ドロー以上で首位奪取のアントラーズを5連勝中のセレッソが迎え撃つ!!過去の戦績では圧倒的に…
サッカーダイジェスト編集部
2019年10月05日


C大阪――当面はソウザがスタメンに名を連ねるか

セレッソ大阪
今季成績(27節終了時):4位 勝点46 14勝4分9敗 32得点・21失点

【最新チーム事情】
●前節のG大阪戦に3-1で勝利し今季初の5連勝。4位に浮上し、3位横浜と勝点3差に迫る。
●首を痛めたデサバトが離脱。大阪ダービーに続き鹿島戦も欠場する見込み。
●ソウザが2試合連続で先発出場することが濃厚。
●瀬古がU-22日本代表ブラジル遠征のメンバーに選出された。

【担当記者の視点】
 現在の力量差を見せつけるかのように、前節で大阪ダービーに完勝。清武に加えてデサバトも離脱したが、チームの戦い方と強さは変わらず、今季初の5連勝を飾り4位に浮上した。

 デサバトの代役として先発出場したソウザが存在感を示したことは、今後に向けた好材料だ。デサバトの復帰時期は不透明で、鹿島戦を含め、当面はソウザがスタメンに名を連ねることが予想される。

 リーグ戦のホームゲームでは、10年5月を最後に勝っていない鹿島戦。難敵から勝点3を奪えば、トップ3以上の目標が見えてくる。

鹿島――最も勢いのある相手だが相性は良い


故障者/C大阪=デサバト、清武、都倉、藤本、丹野 鹿島=三竿、L・シルバ
出場停止/C大阪=なし 鹿島=なし


J1リーグ28節
セレッソ大阪―鹿島アントラーズ
10月6日(日)/15:00/ヤンマースタジアム長居

鹿島アントラーズ
今季成績(27節終了時):2位 勝点52 15勝7分5敗 49得点・24失点

【最新チーム事情】
●前節の札幌戦でL・シルバが全治5週間の負傷。
●C大阪とのアウェーでの対戦成績は6連勝中。
●今節FC東京が敗れ、引き分け以上なら今季初めての首位に

【担当記者の視点】
 前節は札幌と1-1でドロー。内田の約6か月ぶりの先発復帰など明るい材料があった一方、レオ・シルバが右ハムストリング筋損傷で全治5週間の診断。すでに離脱中の三竿に続き、主力級のボランチがチームを離れた。

 札幌戦で途中からコンビを組んだ永木と小泉を軸に、左サイドハーフを主戦場としていた白崎、最近はサイドハーフでの起用が増えていた名古の4枚が中心となり、L・シルバと三竿が戻ってくるまでのおよそ1か月間を戦う。小泉は「ここからはすべて優勝に関わる大事な試合になる」と意気込む。

 C大阪とのアウェーでの対戦成績は6連勝中と相性は良い。目下5連勝中と今、最も勢いのある相手だが、優勝のためには敵地で勝点3をもぎ取りたいところだ。今節、FC東京が敗れ暫定で勝点1差。勝てばもちろん、引き分けでも得失点差で上回るため、確定順位では今季初めて首位に立つことになる。

コメントの投稿

非公開コメント

F東負けましたね。鹿島が負けると広島や川崎に捲られる可能性があります。絶対に勝たねばなりません。

No title

勝てばトップに立てる決勝戦!
中7日で休養は十分。
勝つ鹿ない!!

たぶん今回のセレッソ戦がリーグ戦最後の難関ですね。
夢生と金森が東京を倒してくれたので、そろそろ「定位置」の首位に戻りましょう♩

祈・勝利!!

明日のアウェイC大阪戦、必ず勝って鹿島の定位置に就こう!
そして、そのまま、リーグ終了まで定位置で居よう!!
そのために、明日は現地応援観戦して全身全霊声を出して
選手達の力になって来る!!!

No title

もう、毎試合が…トーナメントみたいなもん

No title

鳥栖の決勝点が完全に誤審だから、
審判には余程気を付けないと・・・。
「佐賀の仇を大阪で」なんてことになりかねない

鹿の角で桜散らしましょう。そして鹿島に帰りましょう!

今季は得失点差で2位以下に大差をつけているため、セレッソに勝つことで勝ち点3を手に入れたら、非常に大きい。

他チームは勝ち点で並ぶだけでは我々の上に立つことはできない。2017年の教訓を活かすときがきた。

俺達の鹿島アントラーズはいつも通り気負わずに強い気持ちを持って戦ってくれる事を信じてる
さあ行こうぜ!

試合に集中だ!!頑張れアントラーズ!!!

No title

リーグ戦終盤になると誤審とされる追い風・逆風が目立ってきます。

今年の鹿島は清水戦ホーム&アウェイとも有利になってしまう誤審があったり、例年より誤審(or忖度)に泣かされていない印象です。
それは首位に立っていないから、そして追い風を吹かして優勝させたいクラブの勝ち点が伸びていないからでしょう。

しかし、そろそろ運営の介入が本格的になる時期です。
これから吹くであろう逆風に負けず、自力の差を見せて勝っていきたいところです。

まず明日にしっかり勝ってからのお話ですけどね。

右サイドは小泉でボランチは永木白崎、左サイドハーフにアツかヤス、または相馬かと思ってました!

サカダイは驚きのスタメン予想ですね^_^

鳥栖は前節、浦和槙野というアホに「相変わらずPKなのに笛を吹かれない」という誤審を受けています。

いつもなら謎の力でスルーですが、何故か誤審検証番組に取り上げられてしまって看過出来なくなり、
今節の決勝点で鳥栖サポの溜飲を下げる形となりました。

FC東京はもらい事故ですね苦笑
本来は浦和に報いがあるべきなので、そっちも楽しみにしましょう笑

勝つ!

勢いのある手強い相手だと思いますよ。
戦術が浸透してきただけでなく、セットプレーも高さがありますし。
何とか引き分け以上に持ち込みたいですね。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク