FC2ブログ

セレッソ戦コメント

「われわれがトップを取ったという意識はありません。われわれは目の前の試合に勝つという意識でやってきました」と語る指揮官、そして「いま首位にいるとか2位にいるとかは関係ない」言う犬飼である。
首位に立ったが、奢り・慢心は皆無である。
一つ一つ勝利し、最後に笑おうでは無いか。
また、いくつかやられた右サイドはユキと選手が試合中に修正した。
その成果が出て後半はセレッソのシュートを1本に封じることが出来た。
チームの成熟を感じさせる。
この調子でタイトルを目指す。
このチームを信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2019明治安田生命J1リーグ 第28節
鹿島アントラーズ:大岩 剛
目標だった勝ち点3をものにしたゲームだった。ボールを支配される時間が長かったが、CBを中心にしっかりと相手の良さを消すことができていた。無失点で終えることができたことを非常に評価している。

Q.町田選手の起用の狙いとその効果は?

A.我々は試合がたくさんあるので、それぞれの選手が常に準備をしていこうと話しながらやっている。C大阪を分析した上で、コンディションの良かった町田を使うという判断をした。非常によくやってくれていたと思う。今日の試合を締めてくれたという評価をして、この後の代表に送り出したい。

Q.今日の勝利でリーグ首位に立ったが、そのことについてどのように感じている?

A.我々がトップに立ったという意識はない。目の前の試合をしっかりと勝つという繰り返しで、ここまで戦ってきたし、今日、アウェイで勝つことを目標にやってきた。選手たちには、次のYBCルヴァンカップの川崎F戦に向けて、しっかりと準備を進めていこうという話をした。



【犬飼 智也】
90分通して苦しい時間帯が続いたが、チーム全体で我慢することができた。その結果が、勝利へとつながったと思う。ピッチ内で、常にみんなが声を掛け合いながらプレーできていたし、全員が我慢をするという意識でやることができていた。難しい試合の中で、勝利を目指して戦う姿勢を示すことができた。

【クォン スンテ】
難しい試合になることは想定内だった。前半の立ち上がりから、アーリークロスへの対応は意識していた。後半もC大阪のうまい対応で、苦しい試合となったが、最後まで必ず無失点で抑えるという意識で戦った結果、勝利することができた。

【伊東 幸敏】
自分のサイドから数本やられてしまった。プレーが切れた時に、ピッチの中で周りの選手とポジショニングについて話し合った。そのあとは、自分の中でその話し合ったことを徹底してやることができたので、大きく崩れることはなくプレーすることができた。

【永木 亮太】
早い時間帯に点を取ることができた。ただ、そういう試合は、おのずと難しい展開になりやすい。カウンターから2点目を取ることができれば理想的だったが、守備のところで少しバタついてしまった。それでも、スンテを中心に、最後まで踏ん張ることができていた。難しい試合だったが、こういうゲームをものにできたというところは、次につながっていくと思う。

【町田 浩樹】
はじめから簡単な試合になるとは思っていなかった。苦しいゲームだったが、みんなで一丸となって勝利することができた。得点のシーンは、亮太君とファーサイドへのボールを入れていくと話していた。折り返したところにわん君がいて、うまく決めてくれた。みんなで掴み取った得点だったと思う。

【伊藤 翔】
早い時間帯で点を取れたことで、難しい展開になることが予想できていた。守備陣が何とか守り切ってくれたし、コンパクトな守備がうまく機能した。こういう試合に勝ってこそアントラーズだと思う。これをしっかりと続けていく。

明治安田生命J1リーグ 第28節
2019年10月6日(日)15:03KO
ヤンマースタジアム長居

[ 大岩 剛監督 ]
今日の試合の目的である勝点3をしっかり取ることができたゲームだったと思います。ボールを支配される時間が長かったですけど、CBを中心にして相手の良さを消すというところがしっかりできていてゼロ失点で終えることができたことは、非常に評価したいと思います。

--セルジーニョ選手が途中で交代しました。ケガなどはなかったのでしょうか?
本人から少し無理だという話があったので交代させました。しっかり検査をさせて、それからコメントしたいと思います。よろしくお願いします。

--町田 浩樹選手を先発で起用しました。彼の起用の狙いと効果についてお願いします。
狙いは詳しくは申し上げられませんけど、われわれは試合がたくさんあるということで、常に準備をそれぞれの選手がしようということで今季はやっています。非常に良い準備をしていた町田を使うということに対して、セレッソさんを分析した上で、調子の良い、コンディションの良い町田を今日は使おうという判断をしました。よくやってくれたと思いますし、このあと代表選手としてチームからいなくなりますけど、今日の試合をしっかり締めてくれたことは評価しながら代表に送り出したいと思います。

--FC東京が守ってきた首位から引きずり下ろして単独首位に立ちました。それについて思うところはありますか?
FC東京さんがどのタイミングで首位になったかは把握していませんでした。われわれがトップを取ったという意識はありません。われわれは目の前の試合に勝つという意識でやってきましたので、今日の試合、アウェイの難しい試合を勝ち切るということを目標にやってきましたし、次のルヴァンカップ、川崎戦に向けてしっかり準備するという話を選手にしました。

明治安田生命J1リーグ 第28節
2019年10月6日(日)15:03KO
ヤンマースタジアム長居

DF 39
犬飼 智也
Tomoya INUKAI

(得点は)自分を越えた時点で少し待てた。町田(浩樹)がしっかり競り勝ってくれたので良いところに入れた。90分を通して苦しい時間帯がほとんどだったので、チーム全員で我慢した結果だと思います。

--持たれる展開の中で、中での声がけは?
中で、僕だけじゃなく常に声は出ていたし、全員が我慢しようという意識でやれていた。それがみんなプレーにも表れていたと思う。こういう難しい試合をモノにする姿勢は見せられたと思います。

--C大阪の攻撃に対する処理もうまくできていたが?
早い段階でのクロスだったり、FWが流れたところをシンプルに使うというところはスカウティングでも出ていた。うまく対応できたと思います。もっと寄せないといけない場面はあったと思いますけど、クロスを上げられても中でしっかりついていくことができましたし、みんなで助け合ってやれていたと思います。

--首位に立った意識は?
このチームは優勝を目指しているので、いま首位にいるとか2位にいるとかは関係ない。終わって一番上にいることがこのチームの使命だと思うので、そこはほかのチームが立っているよりも自分たちが立っているほうがどっしりできると思う。優勝するために一試合一試合やることは変わらないと思います。

鹿島がついに首位浮上!! 前半6分の1点守り抜いて好調C大阪を撃破
19/10/6 16:55


前半6分に犬飼智也が先制点



残り6節、鹿島ついに首位浮上! 犬飼智也の決勝ヘッドで5連勝中のC大阪を1-0撃破
サッカーダイジェストWeb編集部
2019年10月06日


CKから長身DF町田の折り返しを犬飼が押し込む!


先制点を決めた犬飼。鹿島がリーグ首位に立った。(C) SOCCER DIGEST

コメントの投稿

非公開コメント

No title

難しいことはありません、残り6試合全勝で優勝です。ルヴァンはあと3勝、天皇杯も3勝です。

タイトルを取るために鹿島に来た選手たちは今が奮起すべきところ。成功体験がさらに鹿島を強くしてくれるでしょう。

監督と選手のコメントを見てると、「早い時間帯で1点取ると難しい試合になる」ってチームで共有できてることがよくわかりますね。
先取点が大事というチームは多いけど、その後の展開まで全員で共有できてるチームはなかなかないですよね。
さすが鹿島!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク