FC2ブログ

永木亮太は「絶対に優勝したい」とまったく諦めていない

永木亮太にスポットを当てるJ's GOALの田中滋氏である。
「右サイドから押し込まれてしまった。そこに強く寄せきれなかった。もっとセカンドや球際でいかないといけなかった。相手の方が強く来ていた。自分たちの甘さが出た」と第1戦を反省する。
問題点は見えておる。
改善して挑むのだ。
「絶対に勝って優勝したい」という強い言葉を信じる。
永木の躍動にて2得点を奪い完封を達成するのだ。
勝利を信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島 vs 川崎F】永木亮太は「絶対に優勝したい」とまったく諦めていない
2019年10月12日(土)



YBCルヴァンカップ準決勝第1戦を1-3で終えたあと選手たちの表情は険しかった。川崎Fに対してアウェイゴールを1つ奪うことができたもののすぐに追いつかれ、終盤に連続で失点した。川崎Fのゴールに見舞ったシュートは4本。相手の16本に比べると大きな差が生まれてしまった。

そのなかで第2戦は2点差以上の勝利が必要となる。しかも3-1では延長戦となり、4-2からでは相手のアウェイゴールが上まわるため敗退となる。決勝進出には厳しい条件が突きつけられた。

試合後、まだ試合中のような雰囲気で表れたのが永木亮太だった。肩をいからせ、眉間には深いしわを刻み、強い視線で前を睨んでいた。
「右サイドから押し込まれてしまった。そこに強く寄せきれなかった。もっとセカンドや球際でいかないといけなかった。相手の方が強く来ていた。自分たちの甘さが出た」

やるべきことはわかっていたが、それをピッチで表現しきれなかった。内田篤人が交代したあと、キャプテンマークを託されたがチームはバランスを崩し、相手の攻撃に屈してしまった。その悔しさは並大抵のものではないだろう。
「絶対に勝って優勝したい」

勝利するための条件が難しいことはわかっている。しかし、永木は勝負をまったく諦めていない。チームとしては2015年以来4年ぶりの、永木としては初めてのYBCルヴァンカップ決勝を目指し、準決勝第2戦のピッチに立つ。

文:田中滋(鹿島担当)

JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝 第2戦
10月13日(日)19:00KO カシマ
鹿島アントラーズ vs 川崎フロンターレ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

正直第一戦を3対1で負けたとき「第二戦は全員控えでいいよ。松本戦を最優先にしようよ」と思っていました。でも,鹿島の選手のコメントを見ると誰も諦めていない。あらためて鹿島を好きになりました。明日は何も考えずただただ応援します。そして仮に敗退したとしても川崎に食らいつくことが大切なのかなと感じています。それは必ず11月のリーグ戦につながるはずです。そして必ずリーグ優勝して永木がシャーレを掲げる姿を絶対に見たいです!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク