FC2ブログ

マチ・綺世、U-22日本代表選出コメント

U-22日本代表選出にコメントを発した町田浩樹と上田綺世である。
マチは、「前回に続き、招集して頂いたことを嬉しく思います。今回は来年の五輪の舞台である日本で、たくさんの方々の声援の中、素晴らしい相手と試合ができるので、来年の五輪がさらに注目してもらえるような試合をしたいです。そして、広島という平和の象徴である都市で試合ができるということで、特別な思いをもって戦いたいと思います」とコメントした。
ブラジル遠征に続きの選出には大きな意味があることをマチ本人は良く理解しておる。
一時は外れた年代別代表に戻ってきたことを感じておろう。
綺世は、「選出していただき光栄に思うと同時に、日本でU―22の試合ができるということが非常に嬉しいです。この環境を自分の価値を高めるチャンスとして、必ず活かしたいと思います。応援よろしくお願いします!」と言う。
東京五輪ではセンターFWにはOAが起用される可能性が高い。
そうなると綺世はこのチャンスに大きくアピールする必要がある。
ゴールという結果を出して、切符を手に入れるのだ。
応援しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】町田浩樹&上田綺世、森保監督が「現時点のベストメンバー」と期待のU―22代表入り
2019年11月5日 20時16分スポーツ報知

◆U―22代表国際親善試合 日本―コロンビア(17日・エディオンスタジアム広島)

 日本サッカー協会は5日、国際親善試合コロンビア戦に臨むメンバーを発表した。森保監督が「現時点でのU―22のベストメンバー」と語った22人に、鹿島からDF町田浩樹とFW上田綺世の2人が選出された。

 鹿島では左サイドバックの新境地を開拓している町田は、ブラジル遠征に続いての連続選出。クラブを通じて「前回に続き、招集して頂いたことを嬉しく思います。今回は来年の五輪の舞台である日本で、たくさんの方々の声援の中、素晴らしい相手と試合ができるので、来年の五輪がさらに注目してもらえるような試合をしたいです。そして、広島という平和の象徴である都市で試合ができるということで、特別な思いをもって戦いたいと思います」とコメントした。

 上田は五輪世代中心で臨んだ南米選手権(ブラジル)以来、約5か月ぶりに森保監督の下でプレーする。クラブを通じて「選出していただき光栄に思うと同時に、日本でU―22の試合ができるということが非常に嬉しいです。この環境を自分の価値を高めるチャンスとして、必ず活かしたいと思います。応援よろしくお願いします!」とコメントした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク