FC2ブログ

ここから4試合は1つでも落としたチームから脱落していくだろう

「浦和戦で三竿 健斗が足を痛め、この試合の出場は微妙」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
負傷したのは杉本健勇の悪質なファールのところであろうか。
出場回避となれば、恨んでも恨みきれぬ。
しかしながら、サッカー選手に怪我はつきもの、代わりに出る選手にはチャンスとなる。
永木、小泉、名古と実力のあるボランチが揃っておる。
同じ相手に何度も負けていられぬ。
この大いなる敵を倒してこそ、優勝への道を切り開くことが出来るのだ。
ホームの後押しで勝利を掴み取ろうではないか。
強烈に重要な一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

注目の上位直接対決。川崎Fは3連覇への望みをつなげるか
見どころを要約すると・・・

・優勝争いは大混戦。鹿島はルヴァンカップ準決勝で敗れた川崎Fを攻略できるか
・川崎Fは消化試合が1つ多い状況で首位との勝点差が5。3連覇の可能性をつなぐため、勝つしかない
・鹿島は三竿健斗の出場が微妙な状況。永木亮太らの活躍に期待がかかる

明治安田J1も第31節を迎え、残りは4試合となった。タイトルは34試合の積み重ねによって決まるとはいえ、1試合毎の勝敗の重さはシーズン序盤の比ではない。ここまで来たら優勝したいというのは、可能性を残すどのチームも考えることだろう。

勝点59を稼ぎ首位に立つ鹿島は、勝点54の4位・川崎Fをホームに迎える。両者の勝点差は『5』だが、AFCチャンピオンズリーグ決勝に進出する浦和のスケジュールを考慮し、火曜に浦和対川崎Fの試合が行われたばかり。そのため川崎Fのほうが1試合消化試合が多い状態となっている。つまり、川崎Fはこの試合に敗れてしまうと首位との勝点差が『8』に広がり、第32節でも鹿島が勝利すると勝点差は『11』まで開くため、3連覇の夢を絶たれてしまう。望みをつなげるためには絶対に勝利しなければならない。

両者はJリーグYBCルヴァンカップ準決勝で対戦し、川崎Fが第1戦を3-1で勝利し、第2戦は0-0で終えた。しかし、内容的には川崎Fが圧倒。2試合を通じて試合を支配し、鹿島は守備で耐える時間が多かった。第2戦も0-0で終えたとはいえ、川崎Fが危なげなく逃げ切った形だった。

今季のリーグ戦は第2節で対戦。そのときは1-1の引き分けで終わっているが、鹿島はリーグ戦の対戦だけで言えば2016年、2017年、2018年も勝利できていない。最後に勝ったのは2015年でカイオや赤﨑 秀平の得点で3-1としたところまでさかのぼる。その間、3分4敗と勝点を稼げずにいる。

火曜日に浦和戦を戦った川崎Fは中3日の連戦となるため、メンバーを入れ替えて戦うことになるだろう。浦和戦ではベンチスタートとなった小林 悠、阿部 浩之、大島 僚太らが先発に戻ってきそうだ。

鹿島は前節の浦和戦で、ケガで戦列を離れていたほとんどのメンバーが戻り、久しぶりに手ごたえを感じる試合を演じた。その勢いに乗って川崎Fも叩きたいところだが、浦和戦で三竿 健斗が足を痛め、この試合の出場は微妙なところ。ルヴァンカップで川崎Fを相手に悔しい思いをした永木 亮太らの活躍が期待される。

同じ相手に何度も負けていられない、というのは鹿島の選手なら誰もが思うところ。中3日の相手とは違い、1週間以上の準備期間を持つことができた。それを試合で発揮できるかどうかが試合結果を左右するだろう。

これまでJリーグで3連覇を達成したのは鹿島のみ。いま現在、2連覇中の川崎Fはその大記録に挑戦している。それを達成するためにも、阻止するためにも、この試合は重要だ。

互いに重要な選手を負傷で欠き、ベストメンバーを組むことはできない。しかしリーグ戦の結果はそうしたアクシデントも含めて1年間すべての成果が問われる。ここから4試合は1つでも落としたチームから脱落していくだろう。

[ 文:田中 滋 ]

コメントの投稿

非公開コメント

杉本は許せんな。実力ない奴は焦って無茶するから怖いよ。本当。

No title

あのファウル、DAZNで見ると杉本は健斗の足首の位置を確認して踏みつけているように見えますからね。

すぎちゃん・・

すぎちゃんはレッズに行ってから、酷いプレーヤーになりました。
三竿選手へのファールの場面は、足みながら削ってたように見えました。

レッズの試合はほとんど見てますが、
出番が少ないのに出場したときは
ボールをマイボールにするより相手選手を突き飛ばしてゴール前のスペースを得ようとする場面も多々あります。

思うような活躍ができないからなのか?と思いましたが、
プレーを見ると・・・

1年契約のすぎちゃん、来期はどこに行くんでしょうね。

できれば、対戦しないJ2へ行ってほしいです。

せっかく復帰したのに酷いよね。杉本はプロレスラーになればよい。

三竿、、
あんなに足首曲がっても無事とは凄いな!と思ってたけど負傷していたのか…
杉本はイエローで済んでよかったね
アキレス腱を踏みつけるのはソンフンミンより酷いよ

サポもブエノに対する差別もあったし、未だに永木に責任転嫁してるし
勝手も負けても後味が悪い

川崎にスッキリ勝ってこんなクラブの事は忘れたいね笑

鹿島のスカウト陣を信用してるけど、本当に杉本健勇を獲ろうとしたのは不思議でならない苦笑
まあ鹿島に来れば否が応でも真面目になるでしょうけど

三竿が浦和戦で試合後の挨拶まわりをせずベンチに消えたのを見て「やばい怪我だ!」と思った。周りの人も「やっちまったか」とか「杉本のか」とか言っていた。野球だったら報復もののプレーだ。酷い選手になったものだ。

 

ろくに点とれないくせに、SNSで2980円取るような間抜けに、鹿島の至宝を傷物にされたとか怒りしかわいてきませんね。
せめてベンチには入ってくれるといいのですが。

だが今は中盤にレオがいます。相方に誰を選ぶか大岩監督も悩んでいるでしょうね。
誰がでても、今度は川崎の思い通りにはさせない!

これだから、浦和は嫌いなんだよ。俺が許せないのはこの杉本とジュビロの山田。

内田を壊されたことは記憶に新しいが、永木へのローキックも忘れてはいない。

このようなカンフーサッカーをやる輩共には、いずれ天罰が下る。ラフプレーの代償は、必ず、自分にも返ってくる。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク