FC2ブログ

シントトロイデン・鈴木優磨、後半戦は一致団結してチームで巻き返せるように頑張ります

セルクル・ブルージュ戦にて先発フル出場したシントトロイデンの鈴木優磨である。
植田直通との日本人対決ということもあり注目が集まったが、優磨は不発に終わり、チームの敗戦を喫した。
優磨は「FWとして僕も含めて、前線の選手全員にチャンスがあったので、決めきれずずるずるいってしまいました。後半に追いつきましたけど、早い段階で2点目を奪えなかったので、負けてしまいました」とコメントする。
チャンスを決めきれず敗戦するというのは、どこの国にもあることとということがよくわかる。
優磨としては、リーグ中断期間にて連携を磨き、ゴールへの道を確立するのだ。
ゴールの報を待っておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「誰と組んでも点を取れるように」鈴木優磨、不振のSTVVの中で団結求める
19/11/10 23:20


鈴木優磨は連勝を逃したことに肩を落とした

 シントトロイデン(STVV)のFW鈴木優磨は、連勝を逃したことに肩を落とした。

 ここ2試合は鈴木の決勝ゴールで勝利していたSTVV。9日は、ジュピラーリーグ第15節でセルクル・ブルージュと対戦した。GKシュミット・ダニエル、鈴木が先発し、セルクル・ブルージュDF植田直通もスタメンに入り、日本人対決が実現している。

 試合はセルクル・ブルージュに先制を許すも、49分にヨアン・ボリが頭で決めて同点に。その後は、チャンスがありながらもSTVVが追加点を奪えずにいると、試合終了間際に勝ち越し点を奪われ、1-2と敗れた。

 フル出場した鈴木は「FWとして僕も含めて、前線の選手全員にチャンスがあったので、決めきれずずるずるいってしまいました。後半に追いつきましたけど、早い段階で2点目を奪えなかったので、負けてしまいました」と反省の弁を述べた。

「誰と組んでも点を取れるように」と意気込んだ鈴木は、後半戦へ向けてチームの団結を約束した。

「チームとしても個人としてもなかなか結果が出ず、苦しんでいますけど、後半戦は一致団結してチームで巻き返せるように頑張ります」

 STVVはここまで勝ち点18で10位。プレーオフ1出場圏内の6位とは4ポイント差となっている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク