FC2ブログ

ブレーメン・大迫勇也、先発復帰も敗戦

ボルシアMG戦にて先発復帰したブレーメンの大迫である。
豪快シュートを放つもVARにて取り消され、記録上は不発となってしまった。
それを踏まえ、この試合を振り返る。
「ちょっと相手をリスペクトしすぎた部分があった。0-2になってからしっかりと前に運べていたので、そこで点が取れれば」、「僕ともう一人のFW、二人とも下がってしまうと攻撃できなくなってしまうので、どっちかがもっと残ってもよかった。立ち上がりはもっと中で修正しないといけなかった」とのこと。
敗戦した際には、何か出来たのではと思うもの。
この試合の大迫もそうである。
次に活かし、今度こそ豪快なシュートを決めて貰おうではないか。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

序盤の連続失点が響いたブレーメン…大迫「相手をリスペクトしすぎた」
19/11/11 10:25


FW大迫勇也が試合を振り返る

[11.10 ブンデスリーガ第11節 ボルシアMG 3-1 ブレーメン]

 日本代表FW大迫勇也はブンデスリーガ第11節で復帰後初のフル出場。前半27分には豪快シュートでゴールネットを揺らしたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入により幻となった。

 ブレーメンは前半20分、22分と連続失点。大迫は27分、激しいコンタクトから縦に突破したMFミロト・ラシカからパスを受け、PA内から豪快に右足シュートを放つ。ボールは鋭くゴールに突き刺さったものの、直前のラシカのプレーにファウルが認められて判定はノーゴールに。大迫は試合後のインタビューで「残念ですね」と悔しさを語った。

「ちょっと相手をリスペクトしすぎた部分があった。0-2になってからしっかりと前に運べていたので、そこで点が取れれば」と振り返る大迫。引き気味の戦術だったことを明かしつつ、「僕ともう一人のFW、二人とも下がってしまうと攻撃できなくなってしまうので、どっちかがもっと残ってもよかった。立ち上がりはもっと中で修正しないといけなかった」と後悔も見せていた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク