FC2ブログ

鹿島、そろそろ空腹です

サッカーダイジェストWeb誌に寄稿した報知新聞の岡島記者である。
残り3節となったリーグ戦の優勝争いについて鹿島の視点から記しておる。
クラブのスタッフには、2年前の最終節、植田のゴールが取り消されて優勝を逃したジャッジのことを恨み辛みを言う方がいるとの情報を伝える。
まさにサポーターが感じた気持ちと同じである。
あの感情は忘れ得ぬ。
この思いを払拭するためにも、今季は逆転優勝を成し遂げて欲しい。
タイトルをことで空腹が満たされるのだ。
チームを信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1優勝争い】“3強”の番記者コラム「優勝するのは俺たちのクラブだ!!」
サッカーダイジェスト編集部
2019年11月12日


悔しさを力に変えてきたが、鹿島、そろそろ空腹です


31節・川崎戦で10試合ぶりの黒星を喫し、首位陥落。だが内田は「チャンスは全然ある」と前を向く。“一戦必勝”でリーグタイトルを奪還したい。写真:徳原隆元

3位 鹿島アントラーズ編
(勝点59 17勝8分6敗/52得点・27失点)

「ここから5回の決勝戦がある」

 30節・浦和戦の試合前、大岩剛監督は選手たちに対して、こう語りかけたという。鹿島は一戦必勝で優勝を目指す。

 28節・C大阪戦で1-0の勝利を収め、今季初めて首位に立った。一時は主力5人が負傷離脱したが、怪我人は続々と帰ってきている。だが、ここで手綱を緩めてはいけないことは、クラブの伝統が知っている。

 2017年シーズン、鹿島は最終節で川崎に首位を明け渡した。その屈辱を知る選手は少なくなってきたが、現場スタッフやクラブ職員は忘れてはいない(植田直通のゴールが取り消された微妙なジャッジに、恨み辛み妬み嫉みを言うスタッフを3人は知っている)。他クラブの追随を許さない20冠は、悔しさを力に変えてきた歴史でもある。

 ……と、鹿島担当歴約2年の小欄が言っても説得力に欠けるところがあるので、締めはジーコさんの言葉。「人間は生きるために、1日に2、3回食事をします。クラブも同じ。タイトルを獲って腹を満たす。アントラーズは常にその意識で取り組まなければいけない。生きていけませんから」。

 実は最後の1シーズン制でのリーグ優勝は、3連覇最終年の09年までさかのぼる。

 鹿島アントラーズ、そろそろ空腹です。

著者プロフィール
岡島智哉(報知新聞社)
1991年生まれ、福岡県出身。16年入社。海外サッカー観戦歴は多数。

コメントの投稿

非公開コメント

ハングリーはいつしかアングリーになってしまいます! 本格的な冬が来る前にしっかり腹ごしらえをして、新国立で良い新年を皆で迎えましょう。一戦必勝☆

岡島記者にもお腹一杯になってもらい、引き続き良い記事を書いてもらいましょう。

スタッフの怒りはごもっともです

フットボール史に残る勝点操作
真摯に勝ちに行ったアントラーズと
アントラーズに関わる人 全てを侮辱しました


土居のゴールがオフサイドとして取り消され、
後半ATに明らかなハンドをスルーされてPKが貰えず、
そのトドメが「昌子か植田のファール(昌子に振り切られた相手が勝手にコケた)」

本当に許せない
一生心に残る傷痕となりそうです

私は2017だけシーズンレビューDVDがありません。あまりの理不尽リーグに呆れてとても見る気になりませんでした。歴史に残る謎判定の連続に嫌気がさしました。磐田での昌子、三竿、サポの涙。三竿を気遣うレオの姿。私は一生忘れませんよ。三竿、レオが来年も残る保証はありません。だから今年は優勝したいんです。私は最後まで諦めませんよ!!頑張れ鹿島!

僕も空腹です。
ACLもルヴァンも天皇杯も優勝はもちろん嬉しいです。でもJリーグのタイトルは格別です。
残り3戦、必勝でいきましょう!全力で応援します!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク