FC2ブログ

鹿島は主力2選手が出場停止。得点力不足を解決できるか

「県立カシマサッカースタジアムでの対戦をたどると、リーグ戦では過去5シーズンで鹿島は一度も勝っておらず、神戸の4勝1分となっている」と記すJリーグ公式の田中滋氏によるプレビューである。
まさかこれほど勝っていない相手であったとはという気持ちとなる。
そう言われてみれば、神戸に対して得意なイメージがないのはそういうことであったかと合点がいく。
明日の試合では、その意識を吹き飛ばす勝利が欲しい。
その為にスタジアム全体で良い雰囲気をつくって勝利の後押しをするのだ。
注目の一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島は主力2選手が出場停止。得点力不足を解決できるか
見どころを要約すると・・・

・得点力不足が続く鹿島。勝点差4の首位・横浜FMを追うためにも、今節は勝利が必須
・鹿島は三竿健斗、ブエノが出場停止。負傷から復帰した犬飼智也に期待がかかる
・両者は天皇杯決勝で相まみえる可能性もある。神戸のトルステン・フィンク監督の采配にも注目

明治安田J1は佳境を迎えており、残りは2試合のみとなった。前節、広島とアウェイで戦った鹿島は0-0で勝点1しか稼ぐことができず、前々節の川崎F戦に敗れたことと合わせると、勝点を伸ばすことができていない。順位も3位に落とし、首位に立った横浜FMとは勝点差4に開いた。もし、今節で横浜FMかFC東京が勝利すると、3シーズンぶりのリーグタイトル奪還の夢も終わるが、まずは自分たちが勝たなければ始まらない。なんとしてでも3試合ぶりの勝利を手にし、他会場の結果を待ちたいところだ。

ただ、得点力不足・決定力不足は解消できておらず、公式戦では9試合連続で複数得点を奪えていない。前節も自陣に引いたときは5バックを敷く広島の堅陣を破ることができず、決定機らしい決定機を作ることができなかった。勝利を得るには得点を奪わなければならず、誰かがこの状況を突破する必要があるだろう。

また、前節で警告を受けたブエノと三竿 健斗が累積警告により出場停止。今節はピッチに立つことができない。闘志あふれるボール奪取でチームに勢いを与える2人を欠くことは、逆転優勝に向けて勢いある試合をするためにも少なからず影響を与えるだろう。幸いなことにCBは犬飼 智也が負傷から戻ってきており、その穴を埋めることは難しくないが、ボランチは攻撃のリズムを生む上でも重要な役割を担う。やるべきことの整理は不可欠だ。

対する神戸は直近の5試合を2勝3敗と足踏みし、順位も10位に位置するが、J1残留も確定している。前節はC大阪をホームに迎え、古橋 亨梧のゴールで難敵を退けた。セルジ サンペールをリベロとして起用するなど、常に新しい取り組みでリーグを湧かせるチームだけに、強力な外国籍選手を抱えるトルステン フィンク監督の采配からも目が離せない。

両者は、来年の元日に行われる天皇杯決勝で顔を合わせる可能性がある。鹿島が長崎を、神戸が清水を準決勝で下せば、新国立競技場のこけら落としとなる記念すべき試合で当たるかもしれない。AFCチャンピオンズリーグへの出場権獲得を見据えたとき、今節を必ず勝たなければならない鹿島とは違い、神戸は天皇杯優勝の可能性を少しでも高くしたいところ。手の内をすべてさらけ出す必要はないのかもしれない。その意味でも、トルステン フィンク監督の出方は要注目だ。

過去のリーグ戦対戦成績は鹿島の25勝7分9敗と神戸を圧倒している。今季、ノエスタで対戦したときはセルジーニョのゴールで鹿島が1-0で勝利した。しかし、県立カシマサッカースタジアムでの対戦をたどると、リーグ戦では過去5シーズンで鹿島は一度も勝っておらず、神戸の4勝1分となっている。鹿島としては今季ホーム最終戦となる。多くのサポーターが駆けつけることが予想されるだけに、その期待に応える結果を残したいところだ。

[ 文:田中 滋 ]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まずは鹿島が勝たなければならないが、国内の戦いで川崎と浦和の勝利を期待することになる日が来るとは思わなかった。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク