FC2ブログ

逆転優勝に望みをつなぐ一戦は、“天皇杯決勝”の前哨戦

「期待したいのは、ボランチのL・シルバ」と記すサッカーダイジェストのプレビューである。
三竿が出場停止の中、レオ・シルバにかかる期待は大きい。
神戸側の視点でも要注意選手に挙げられておる。
中盤を制圧して勝利に導いて貰おうではないか。
また故障者リストが「なし」となっておる。
小田逸稀が長期離脱中であることをこの記者は忘れておる様子。
最近のサッカーダイジェストのプレビューは取材しておらぬように感じさせる。
スタメン予想もアテにならぬところ。
ここ2試合、零封されておるだけに攻撃陣のテコ入れの可能性も否定出来ぬ。
誰が出るのかを楽しみにしてスタジアムに向かいたい。
気合いの入る一戦である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【J1展望】鹿島×神戸|逆転優勝に望みをつなぐ一戦は、“天皇杯決勝”の前哨戦に!?
サッカーダイジェスト編集部
2019年11月29日


鹿島――三竿、ブエノが出場停止


故障者/鹿島=なし 神戸=ウェリントン
出場停止/鹿島=三竿、ブエノ 神戸=なし


J1リーグ33節
鹿島アントラーズ―ヴィッセル神戸
11月30日(土)/14:00/県立カシマサッカースタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(32節終了時):3位 勝点60 17勝9分6敗 52得点・27失点

【最新チーム事情】
●前節は広島と0-0のスコアレスドローで勝点を思うように伸ばせず。
●その広島戦で通算4枚目の警告を受けた三竿、ブエノが今節は出場停止。

【担当記者の視点】
 首位の横浜とは勝点4差。今節に横浜が勝利すれば、その時点で鹿島の優勝の可能性は消滅する。厳しい状況に追い込まれてはいるものの、まずはこの神戸戦での勝利が逆転優勝のためには絶対条件となる。

 焦点は、直近2試合は無得点の攻撃面でどれだけ改善が見られるか。土居や伊藤、セルジーニョら得点源の奮起はもちろん、彼らにいかに好機をもたらせるかが鍵を握る。

 期待したいのは、ボランチのL・シルバ。持ち前の推進力あるプレーで攻撃を活性化し、たたみかけたい。

神戸――警戒したいのはL・シルバ

ヴィッセル神戸
今季成績(32節終了時):10位 勝点41 12勝5分15敗 54得点・57失点

【最新チーム事情】
●前節のC大阪戦に勝利し、残留が確定。
●26日の公開練習では、イニエスタと飯倉が別メニュー調整。欠場する可能性も。
●FC今治にレンタル移籍していた向井が期間満了。さらに来季の神戸との契約も満了に。

【担当記者の視点】
 前節で残留を確定。ACL出場の可能性もなく、今節の鹿島戦は大勢に影響のないゲームという見方もできるが、ただ、天皇杯で勝ち上がれば決勝で対戦する可能性もある相手だけに、リサーチという意味では手を抜けない。

 警戒したいのは、L・シルバ。スルスルと攻め上がってくるこのボランチをどう止めるかはポイントになる。サンペールが見るのか、山口がつくのか、マークをはっきりとさせたいところだ。特に高い位置でボールを奪われた時のショートカウンターには、十分に注意を払いたい。

 一方で、26日は別メニュー調整だったイニエスタと飯倉の出場は不確定。ポゼッションに欠かせないふたりが欠場となれば、攻守のクオリティが落ちる懸念もある。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビジャ、イニエスタも遠征に帯同していないので
天皇杯決勝の前哨戦とはならないかな。
まあ、準決勝も終わっていないのに元旦に気分が
向いていると足下をすくわれかねないけど。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク