FC2ブログ

格闘家フランシスコ・フィリォ氏、「一撃を」と激励

神戸戦に向けた前日練習の様子を伝える報知新聞の内田記者である。
指揮官・選手のコメントを取る。
他会場の結果次第では勝っても優勝が消滅するが、ヤスが言うように「結果を出すことだけ」である。
また、ジーコTDの大ファンである格闘家のフランシスコ・フィリォ氏(48)が激励に訪れた。
これは、優勝直前に現れる吉兆の“珍獣”なのではなかろうか。
古の番記者である内田記者共々、力を与えてくれる。
この力を得て逆転優勝を目指すのだ。
信じておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】格闘家フィリォがVへ闘魂注入…大岩監督「流れを引き込みたい」
2019年11月30日 6時5分スポーツ報知


激励に訪れたフィリォ氏(左)と鹿島のジーコTD

 J1は30日、各地で第33節が行われる。首位の横浜Mは敵地で川崎に勝利し、2位F東京が浦和に敗れれば、2004年以来15年ぶり4度目のリーグ制覇が決まる。F東京は今季、2位以下で迎えた試合は9戦全勝。“吉兆の2位”から逆転Vを目指す。

 3位の鹿島は29日、神戸戦に備え、クラブハウスで練習を行った。残り2試合。勝ち点差4で追う首位・横浜M、同3差の2位・F東京のどちらかが30日の試合で勝利すれば、リーグタイトルは消滅する。連勝した上で他会場の結果を祈ることしかない。大岩剛監督(47)は「自分たちで招いた立場。他力だが、(勝って)流れを引き込みたい」と必勝を期した。

 緊張感が漂う中、K―1などで活躍した格闘家のフランシスコ・フィリォ氏(48)が激励に訪れた。鹿島でテクニカルディレクター(TD)を務めるジーコ氏(66)の大ファンで、来日しているタイミングで訪問が実現した。格闘家時代にそのファイトスタイルから「一撃」の異名をつけられたフィリォ。ここ2試合無得点が続くチームに「一撃を」とエールを送った。

 神戸戦では守備の要、DFブエノ、MF三竿が累積警告で出場停止で万全ではないが、大岩監督はMF名古を左MFで先発させ、打開を図る考え。DF内田は「最後まで辛抱強くやることが大事になる。点を取れない時期はこれまでもあった。1点取れればガラっと変わる」と見据え、MF遠藤も「結果を出すことだけ」と言い切った。(内田 知宏)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク