FC2ブログ

報知新聞 神戸戦寸評

報知新聞による神戸戦の寸評である。
惨敗に厳しい評点が並ぶ。
その中で名古と聖真に良い評価が与えられた。
一矢報いた聖真は当然として、名古はこの試合の光明であった。
左サイドにてテクニックを魅せ、戦術眼の良さも見て取れた。
来季は主軸として活躍して貰いたい。
また、岡島記者ではなく内田記者のコメントには真面目さが漂う。
そして、鈴木満フットボールダイレクターを取材しておる。
内田記者は、主軸の抜けた穴について言及し、満さんから「やるべきことは分かっている」というコメントを引き出しておる。
体制や補強など、今冬に大きな動きがあることは必至であると記す。
どのようなことが起こるのであろうか。
注目しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】採点&寸評 リーグ優勝が消滅
2019年12月1日 11時20分スポーツ報知


鹿島の先発布陣

◆Jリーグ▽33節 鹿島1―3神戸(30日・カシマスタジアム)

 鹿島が1―3で神戸に敗れ、リーグ優勝が消滅した。安西幸輝、鈴木優磨、安部裕葵のシーズン途中で3人の主力が抜けた中、現有戦力と他クラブからの補強でまかなってきたが、この試合1つを取っても大きな穴を覆いきれなかったことが見て取れた。鈴木満強化部長は「やるべきことは分かっている」と話し、補強策、体制作りを進めていく考えだ。

 採点、寸評は以下の通り。

大岩剛監督 5・0 苦しい台所事情のなかで得点の道筋をつけられず

GK権純泰 5・5 3失点も自責はなし。契約更新する来年こそ報われてほしい

DF内田篤人 5・5 酒井と激熱の攻防。心や感覚を取り戻しつつ

DF犬飼 4・5 良くも悪くも復帰戦。気持ちは万端もボールがつかず

DF鄭昇ヒョン 5・0 動きの多い展開に四苦八苦。攻撃セットも不発に

DF町田浩樹 5・5 守備でがっちり。攻撃でレフティーの良さを出す

MF永木亮太 5・5 走る。戦う。いつの1試合も同じ。若手はその理由を考えるべき

MFレオシルバ 5・0 点を取る思いを、もう少し失点を防ぐことにも

MFセルジーニョ 5・0 ゴール前で違いを生み出せなかった。これも今季1年の結果

MF名古新太郎 6・0 鹿島基準ではまだまだだが、来季への希望を示す

FW伊藤翔 5・0 守備で限定の仕方はさすが。攻撃ではパスを引き出せず

FW土居聖真 6・0 「自分がやるしかない」。この1年唱え続けた呪文通り

MFレアンドロ(後半18分IN) 5・0 歓声、のち、ため息。思えばずっとそうだった

FW上田綺世(後半18分IN) 5・0 スーパーサブが味方に負担をもたらしては逆転は難しい

MF白崎凌兵(後半29分IN) 5・5 攻撃の矢印を前に向ける。来季は攻撃陣のまとめ役を

村上伸次主審 6・0 倒れたからファウルの安パイ判定を選ばず。スピード感と臨場感生み出す

※平均は5・5~6・0点。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

首都圏2クラブと優勝を争う正念場。

大事な試合で村上主審をあててくる「運営」側のぶれない姿勢はさすがであるが、あの展開なら忖度は要らない。
きっと昨日のレフェリングが忖度なしの、村上さんの実力なのだろう。

No title

鹿島が首位だったらジャッジも違ったでしょう。まあ昨日の展開じゃ忖○も必要ないですけどね。おそらく横浜リードの知らせはハーフタイムに確認していたでしょうから。仮に横浜と東京が両方負けていてカシマスタジアムが同点だったら発動したでしょうね。「今のファールは土居か伊藤かセルジの誰かだ!」なんてね(笑)前半で鹿島が2点ビハインドなんてサッカー協会も予想していなかったんでしょう。だから普通のジャッジができたんですよ。「フフフ村上さん何もせんでええよ」なんてね(笑)2017年のことは一生忘れませんよ。そしていつか暴かれますよ。10年後か20年後かわかりませんが。ほとぼりが冷めたころ暴露する人間がきっと現れますよ。音声を変えてね(笑)

審判批判はやめるべき

神戸戦に関しては審判を批判するのは逆に恥ずかしいことだと私は思います。

審判どうこうより、
単に鹿島の選手の実力不足。

負けて悔しいからと言って、
なんでもかんでも審判批判すればいいってものではない。

鹿島は技術も気迫も足りない。
ただそれだけのことです。

そしてインファイト。
フロンターレコール、レッズコールするなんて信じられない。

プライドはないのか。

昨日の神戸戦がサッカー初観戦だった方はどう思うだろうか。

鹿島のライバルは鹿島だけ。

他力本願の時点で、
それはもう鹿島とは言えないでしょう。


とにもかくにも、
選手、サポともに王者にはふさわしくなかったということです。

来年に期待しましょう。

前者に同意

このような良識ある意見こそ真の鹿島サポ。

ここ数年は選手、チームが成熟する前に移籍が多発してしまい、土台がしっかりしませんでしたね。

来季はシラ、翔さん、名古、小池、小泉なども2年目でより成熟は進みますから、期待したいと思います。

それよりも、最終戦と天皇杯に快勝して、来季に良い流れをつなげて欲しいと思います。

しかお さんのおっしゃることが全てですね

川崎に0-2で負けた鹿島、1-4で勝った横浜
今年の横浜のサッカーなんて偶然FWの調子が良かっただけで、点を取らなくなったらすぐ下に落ちるのは明白。ホルホルされるのは非常に腹立たしいですが、その横浜に自ら優勝を明け渡した挙句、浦和や川崎を応援する始末。くた●レッズとか言ってた彼女を放置しておきながらショーマにはつっかかるあの態度。あんな席の取り方する一部サポ含め、とても残念なシーズンでした。

大岩さんには天皇杯を馬の餞にできるよう、ひとまずシーズン終わるまで応援しましょう!

スタジア観戦する時はいつも、鹿島側のメインかバックスタンドです。別にゴール裏が怖いとかそんなんじゃなくて、せっかく行くならサッカー好きとして良いアングルでゲームを観たいから。
勿論、鹿島ゴール裏からのコールには手拍子や一緒にチャントを歌ったり、名前コールしたりして精一杯応援してます。
でも、神戸戦で川崎や浦和のチーム名をコールされた時には「まじか⁉︎ 何でやねん!」とツッコミ入れて、さすがに同調出来ませんでした。
サッカー好きの一人として、川崎が相手でも浦和が相手でも凄いゴールや良いプレーには拍手してしまいます。でも、それは応援ではなくて賞賛みたいなもの。
今回のシチュエーションでは川崎や浦和に勝ってほしいと強く思うのは仕方ないと思いますが、鹿島を愛する者としては鹿島以外のチーム名を、しかもスタジアムで大声でコールするなんて受け入れられないですね。
いつもゴール裏から盛り上げてくれてるインファイトの皆さんですが、神戸戦は残念な気持ちがしてしまいました。
あまり考えずに、つい一緒にコールしてしまった人もいるのでしょうが、やはり大声でコール出来るのは愛するチームのみです!

マリノス何連勝しましたっけ?
たまたまであそこまでは行けない。去年1年と今年前半耐えて大胆な戦術変更を浸透させたから、来年も脅威になると思いますよ。
対して鹿島は今年あまり連勝を続けられなかった、その差が出てしまった。

No title

マリノスも、移籍・怪我での戦力ダウンはあった。
マネジメントでそこは乗り越えて、今の位置なんだから、
素直に称賛できる。

惜しむらくは、この3年で移籍outがなければ、
金崎 鈴木
カイオ(安部)土居
三竿 柴崎
安西 昌子 植田 西
スンテ
というメンバーでやれたかもしれないということ・・・
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク