FC2ブログ

相馬勇紀、国を代表した選手として大会の優勝を持って帰るだけ

E-1選手権に向けて意気込みを語った相馬勇紀である。
「A代表で選ばれた以上は日本のトップの代表。国を代表した選手として大会の優勝を持って帰るだけ」と高いモチベーションを口にする。
U-22の選手中心のメンバーであり、格落ち感はあるが、選ばれた選手はフル代表のキャップが付く。
この大会にて活躍すれば、ステップアップも望めるというもの。
そして、「日本は組織力が素晴らしいけど、サッカーは必ず1対1の場面が生まれる。そこで打ち勝つことができたら、数的優位で攻撃ができる。1対1を攻守においてどんどん出していきたい」と語る。
サイドの1対1を制すれば、大きなチャンスを作ることが出来る。
得意の局面にて勝利をするのだ。
相馬勇紀の活躍を楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島相馬E-1選手権へ闘志「優勝持って帰るだけ」
[2019年12月5日18時46分]

東アジアE-1選手権(10日開幕、韓国・釜山)に臨む日本代表メンバーに選出された鹿島アントラーズMF相馬勇紀(22)が5日、意気込みを語った。

メンバーの半数以上が自身と同じ東京五輪世代だが「A代表で選ばれた以上は日本のトップの代表。国を代表した選手として大会の優勝を持って帰るだけ」と涼しい顔で話した。スピードと1対1に定評のある選手。「日本は組織力が素晴らしいけど、サッカーは必ず1対1の場面が生まれる。そこで打ち勝つことができたら、数的優位で攻撃ができる。1対1を攻守においてどんどん出していきたい」と、持ち味で勝負する覚悟を示した。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク