FC2ブログ

大岩監督退任

今季をもって大岩監督が退任する。
これは大きな報である。
誠に残念。
鹿島初のアジア制覇を成し遂げた実績はとても大きなものである。
連覇を挑んだ今季はアウェイゴールに泣いた。
リーグタイトルに手が届かなかったのは、それなりに理由を感じさせられる。
特に今季はFWと両SBが足りなかった。
そして、まだ天皇杯が残っておる。
最後に花道を造ろうではないか。
後二つ勝って、快く送り出したい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

大岩監督 退任のお知らせ
2019.12.11(水)

大岩 剛監督が契約期間満了に伴い、今シーズンをもって退任することとなりましたのでお知らせいたします。

なお、同監督は天皇杯終了まで引き続き指揮を執ります。

<プロフィール>
■監督名:
大岩 剛(おおいわ・ごう)

■生まれ:
1972年6月23日、静岡県出身

■選手歴:
清水市立商業高校-筑波大学-名古屋グランパスエイト(1995)-ジュビロ磐田(2000)-鹿島アントラーズ(2003~2010)

■指導歴:
2011~ 鹿島アントラーズトップチームコーチ
2017.6~ 鹿島アントラーズ監督

■公式戦通算成績
J1リーグ通算 90試合 50勝20分20敗
リーグカップ通算 10試合 3勝4分3敗
天皇杯通算(準々決勝まで) 13試合 11勝2敗
AFCチャンピオンズリーグ 25試合 12勝8分5敗
FIFAクラブワールドカップ 3試合 1勝2敗

公式戦通算成績: 141試合 77勝32分32敗

■大岩監督コメント:
「2017年途中から監督として初めて指揮を執ることになり、ここまでともに戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、そしていつも私たちを支えてくれるファン、サポーター、スポンサーの方々には、感謝の気持ちしかありません。鹿島アントラーズは、タイトルを義務付けられたクラブです。その中で今年、Jリーグ、ルヴァンカップ、連覇を目指したACLを獲れなかったことは自分の力不足であり、本当に申し訳なく感じています。
今シーズンはあと2試合、天皇杯のタイトルが残っています。アントラーズファミリー全員で、喜びを共有できるチャンスがあります。私の最後の仕事は、選手たちとともにその頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること、それだけです。すべては勝利のために、一丸となって戦えるよう、最後まで後押しをしてもらえればうれしいです」

コメントの投稿

非公開コメント

これで、また負けられない理由が増えました。
勝って大岩さんを送り出しましょう。

相次ぐ主力の移籍、野戦病院状態のなか、本当によくやってくれました。
よそのこと言うのもなんですけど、同じアジア王者でも浦和はコロコロ監督変わってますもんね。

後任は引き続きOBか、ブラジル人か…
監督一人の問題じゃないけど、来季こそは怪我人少なく戦えますように…

必ずや元日、新国立にて天皇杯を掲げよう! あと二つ勝つ。アントラーズに携わる人、結集です。新年を笑って迎え気持ち良く送り出しましょう。

シーズン中にあんだけ移籍なれたら…勝てないよ…

お疲れ様です

一時は四冠も見えていたので、悪かったとはいえないと思いますが、更なる向上を目指す、鹿島らしい決断だと思います。
大岩監督は、永木、町田のサイドバックや遠藤のFW、西のMFなど、新たな選択肢を増やした才能があったと思います。
お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!

お疲れ様です

天皇杯取ってもらいましょう。

残り2戦勝利して大岩監督を胴上げして有終の美としましょう!!

No title

個人的には続投の流れを想定していましたが、残念な結果です。ACL制覇は鹿島史にも名を刻むと思いますし、これからも鹿島に携わる仕事をして欲しいです。
常勝軍団の使命なのか・・・って感じですが、all鹿島で力強く前進しましょう。
そのためにサポーターとして信じて声援を送ります。

No title

現役の最後に天皇杯で優勝したように監督の最後も天皇杯優勝で有終の美を
アジアのタイトルだけで国内無冠では寂しいでしょうから
常勝を義務付けられてる以上は今の成績では納得できないし
石井さんはカップ戦のタイトルも獲られましたしレギュレーションはあれども
リーグタイトルも獲ったのに短命で終わったんだし
鹿島方式での大政奉還(ブラジル人監督)も有りかも知れませんね

また鹿島の監督やればいいよ。充電して帰って来るのを待ってますよ。ご苦労様でした。

何故か鹿島にだけこれだけ移籍や引退、怪我。守備陣なんて総入れ替えだし、鹿島の心臓は引退だし、シーズン途中にレギュラー3人海外だし。怪我人大量でベスメン組めた試合なかったし。J1.2.3 どこ見てもこんなチーム無いよ。他チームの監督、選手、サポーター は口には出さないが、それでもACLを制覇し、今年リーグ3位、天皇杯優勝の可能性大。 絶対みんなスゲーチームだしスゲー監督だし、鹿島には色々な意味で敵わないと思ってるはずです。

自分が他チームのサポーターだったら
口では侮辱発言かもだけど心では
鹿島はやっぱ鹿島だしここだけには
絶対敵わないと思うから。

鹿島の監督をやるだけでどれだけの苦労だったか。
タイトルが義務付けられているチームの監督を引き受けてこれだけの移籍、怪我人、引退

大岩監督

貴方は鹿島アントラーズのレジェンドです!

現役引退する時も「剛さんのために」と、小笠原はじめみんなが奮闘して、天皇杯優勝して送り出したんだよね
今回も「大岩監督のために」天皇杯優勝して送り出しましょう!

天皇杯?普通に行けば鹿島の優勝ですわ。問題はただひとつ!!チケットがとれるかどうか!(笑)14日が勝負でっせ!!元日に大岩さん胴上げしようぜ。

今年の初めでしたか、サッカー講座を
受講されていたように、本人としては
より引き出しを増やす必要があると
感じての退任と思います。

就任してから、常勝鹿島とはいえ
リーグ順位が2位3位3位+ACLは
素晴らしい成果と思います。

可能性はあると思ってましたが、いざ退任となるとショックが大きいですね。
後任はジーコが留任したのもあるしブラジル監督と予想。

寂しいですね。勝ちきれないイメージは終盤の足踏みがあったせいだと思いますが、厳しい時期でも試行錯誤しながら負けにくいチームを作り、戦力が大きく変わってもきちんと毎年上位に進出させる手腕は素晴らしかったと思います。剛さんには感謝しかありません。
堅実な勝ち点の積み重ね方は予算に限りのある中小規模のチームに好かれそうですね。今後に期待したいです。そして成長してまた戻ってきて欲しいです。
その前に天皇杯。いつかのようにまた掲げる姿を見たいです。

昨年ACLのタイトルをとり素晴らしい功績を残した監督ですし、今シーズンも天皇杯のタイトルの可能性が残っている状況で何でなのかと思います。
歴代の監督の中では、選手の起用(選手の怪我などもあると思いますが、割とスタメンを固定しない)や交代カード、タイミングなどで個人的にはストレスが少ない監督でしたので残念です。大岩監督と黒崎ヘッドコーチの組み合わせも良かったと思います。
考えられる理由はマンネリを防ぐため、新しい監督のもと横一線で競争を促すことぐらいしか思いあたりません。
ACLの決勝を控えた直前のリーグ戦2試合でターンオーバーて勝利を掴んだ大胆な采配は俊逸でした。
大岩監督には暫く充電した後、再びアントラーズ戻ってきて欲しいと思います。

 

移籍、怪我で多くの選手を失いながら一定の成果は出してきましたが、やはり鹿島にとってタイトル、とりわけリーグ王者奪還は至上命題。頂点に立つためにはしなければならない決断だったのでしょう。

思えば9年前、「大岩選手」は天皇杯優勝で送り出すことができました。
だから「大岩監督」を送り出すのも天皇杯優勝こそがふさわしい。
新国立で大岩監督を胴上げだ!

お疲れ様でした。
急なバトンを受け、負ければ批判という常勝軍団の監督の宿命を背負い、任期を全うされた素晴らしい監督だと思います。
いつも簡潔にわかりやすいコメントを残してくれたことが印象的でした。
いずれ他チームからオファー来ると思いますが、我々としては大岩監督をサポート出来たかを振り返る必要があると思います。
その前に天皇杯を取って送り出しましょう!

この3年間でどれだけ選手が移籍していったかを考えれば、剛さんの責任だけじゃないと思いますね。
さすがに主力が簡単に抜けすぎです。誰が出ても鹿島は鹿島という言葉も現代サッカーでは通用しなくなりつつあるということです。

誰が監督になったとしても、選手を揃えられなければ厳しいのは変わりないと思いますよ。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク