FC2ブログ

犬飼智也、剛さんと一緒にやれてよかった

大岩監督退任についてコメントを発した犬飼智也である。
「センターバックとして、剛さんと一緒にやれてよかった。最後に一緒にタイトルを取りたい」と語る。
CB育成については、大岩監督以上の実績を残した指導者は少ないのではなかろうか。
昌子源、植田直通をW杯に送り出すほどの選手に育て上げ、犬飼の成長も著しい。
今季のブエノも見違えるほどの頼もしさであった。
町田や関川もこれから出てくるであろう。
この大岩監督の花道を天皇杯優勝で飾りたい。
犬飼の堅守で二試合完封して掴み取るのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島犬飼、大岩監督勇退花道へ「最後にタイトルを」
[2019年12月12日6時48分]

鹿島アントラーズの大岩剛監督(47)が今季限りで退任することが11日、発表された。4強入りしている天皇杯終了までは指揮を執る。後任は未定。今季リーグ戦を3位で終えて3年連続のV逸が決まり「2位、3位じゃダメなクラブなので、その責任は受け止めたい」と受け入れた。

17年途中にコーチから監督に就任。18年は鹿島を初のアジア王者へ導き、アジア最優秀監督にも輝いた。しかし「4冠」を目指した今季は、小笠原氏の引退に加えて主力が欧州に渡った。過密日程でけが人が続出するなど、指揮官だけの力では解決できない困難も立ちはだかった。

21日の天皇杯長崎戦(カシマ)に勝てば、元日の決勝で勇退への花道を用意できる。大岩監督のもと頭角を現したDF犬飼智也(26)は「センターバックとして、剛さんと一緒にやれてよかった。最後に一緒にタイトルを取りたい」と力に変えた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク