FC2ブログ

日本代表・相馬勇紀、あそこを点で合わせられるのが世界の一流

香港代表戦にて先発フル出場した日本代表の相馬勇紀である。
右WBとして先発フル出場し、右サイドを制圧した。
特筆すべきは試合終盤に魅せた上田綺世へのピンポイントクロスである。
惜しくも綺世のダイビングヘッドはポストに阻まれたが、勇紀は「あそこを点で合わせられるのが世界の一流のトッププレイヤー」と綺世を賞賛する。
この二人のホットラインの貫通を感じさせられた。
来季こそ、鹿島にてこのコンビでのゴールを数多く観たい。
名古屋への復帰が上される勇紀であるが、まだ公式発表はない。
来季も過密日程となる鹿島に於いては、両サイドにてプレイ出来る相馬勇紀は貴重な戦力である。
逆にフィッカテンティ監督が来季も指揮を執る名古屋にはサイドのポジションはない。
是非とも鹿島に残留して欲しい。
去就に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

相馬、右WBで好クロス量産 森保監督「チャンスをつくることにトライしてくれた」
[ 2019年12月15日 05:30 ]

E―1選手権 日本5―0香港 ( 2019年12月14日 韓国・釜山九徳 )


前半、ボール追う相馬(左)
Photo By 共同


 相馬は右ウイングバックでフル出場し、再三縦に切り込んでクロスを量産し気を吐いた。終盤には右後方から見事なピンポイントクロスをFW上田の頭へ。上田のダイビングヘッドは惜しくもポストに阻まれた。
 相馬は「あそこを点で合わせられるのが世界の一流のトッププレーヤー」と話したが、森保監督は「果敢にウイングバックの役割を果たし、個で突破してチャンスをつくることにトライしてくれた」と高評価した。

コメントの投稿

非公開コメント

信じてるよ、相馬くん。

日頃の練習でアヤセとの連携を更に高め鹿島でオリンピックを目指していただきたい。

相馬は絶対今後のアントラーズに必要な選手。
代表戦のように右サイドで使った方が絶対に生きます!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク