fc2ブログ

鹿島内定の俊英アタッカー・静岡学園松村優太くん

静岡学園の松村優太くんについて取材したサッカーダイジェストの羽澄記者である。
本日行われた高校選手権・岡山学芸館高校戦にて右サイドのアタッカーとして先発出場したが不発に終えた。
持ち前のスピードでドリブル突破を仕掛けたが右サイドで孤立する場面が散見されたとのこと。
ただ、静岡学園の大先輩である三浦知良選手からは、「物凄いスピードがあって、ゴールに向かっていく迫力は今日も十分に感じられた。鹿島に入って、もっともっと成長して、Jリーグを代表する選手になって、日本代表として日本を引っ張っていく選手になってもらいたい」という言葉を貰う。
才能はお墨付きと言えよう。
次戦・丸岡高校との試合では高いパフォーマンスを発揮するのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「物凄くスピードもあって…」鹿島内定の俊英アタッカー・松村優太を三浦知良はどう見た?
羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)
2019.12.31


アグレッシブな姿勢は見せながらノーゴールに終わった松村優太(10番)を三浦知良はどう見たのか? (C) SOCCER DIGEST


 この日、“静学”のナンバー10から号砲が飛び出すことはなかった。

 12月31日に駒沢陸上競技場で行なわれた全国高校サッカー選手権の1回戦で、静岡学園は、井堀二昭のハットトリックを含む6点を奪取し、岡山学芸館に6-0の完勝を収めた。

 次々と波状攻撃を仕掛け、岡山学芸館のゴールをこじ開けていく静岡学園。そのなかで、観衆の注目をひと際集めていたのは、10番を背負う松村優太だった。

 来シーズンからの鹿島アントラーズ入団が内定している大会のブレイク候補は、随所で持ち前のスピードを利したドリブル突破を仕掛け、その度に会場がどよめいた。だが、「点に絡まなきゃいけないというちょっとした空回りがあった」という川口修監督の言葉にもあるように、ドリブルからのフィニッシュに固執するあまり、右サイドで孤立する場面も散見した。

 本領発揮とはいかなかった松村だが、日本サッカーのレジェンドに、確かなポテンシャルの高さを印象付けた。母校である静岡学園の応援に駆けつけていた横浜FCの元日本代表FW三浦知良は、試合後の取材で、次のように語っている。

「物凄いスピードがあって、ゴールに向かっていく迫力は今日も十分に感じられた。鹿島に入って、もっともっと成長して、Jリーグを代表する選手になって、日本代表として日本を引っ張っていく選手になってもらいたい」

 レジェンドからの賛辞を頂戴した松村だが、ノーゴールと目に見える結果は残せなかった。そんなエースだが、指揮官の信頼は厚い。川口監督は、丸岡との対戦が決まった次戦へ向けて期待を込めた。

「松村はハマった時は点が取れる。だけど、今日は初戦の硬さもあったし、相手も対策をとってきていた。彼は試合をこなしながら徐々に上げていくタイプなので、これから楽しみにしておいてください」

 果たして、大会屈指のドリブラーからゴラッソは飛び出すのか。年が明けた1月2日に行なわれる丸岡との一戦でも、松村のパフォーマンスに注目だ。

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストweb編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク