FC2ブログ

ザーゴ体制初陣でテゲバジャーロ宮崎に勝利

今季最初の練習試合であるテゲバジャーロ宮崎とのトレーニングマッチを伝えるサッカーマガジン編集部である。
ルーキーの荒木遼太郎が1G1Aと結果を出したことを報じる。
これは嬉しい報。
高校時代はボランチで名を馳せた荒木を右サイドに抜擢したザーゴ監督の慧眼とそれに応えた荒木が素晴らしい。
また、ユースの柳町魁耀も先発ボランチにて結果を出した。
今秋のトップ昇格も見えてくるのではなかろうか。
そして、ザーゴ監督の採用するシステムは4-2-3-1であることが見て取れた。
昨季より所属する選手たちにも馴染みがあり、すぐに機能するように思う。
今季のゲームが見え隠れするトレーニングマッチ。
勝利という結果をポジティブに受け止めたい。
ザーゴ体制の良い船出である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】ルーキー荒木が1G1A。ザーゴ体制初陣でテゲバジャーロ宮崎に勝利
2020-01-18
サッカーマガジン編集部


注目記事JリーグJ1鹿島アントラーズantlersテゲバジャーロ宮崎キャンプ荒木遼太郎東福岡柳町魁耀
1月18日、宮崎県総合運動公園陸上競技場でキャンプを実施している鹿島が、テゲバジャーロ宮崎(JFL)と45分ハーフのトレーニングマッチを行なった。新加入のFWエヴェラウドやDF奈良竜樹らが先発し2対1で勝利した。

上写真=高卒ルーキーの荒木が1ゴール1アシストの活躍を見せた(写真◎サッカーマガジン)

■2020年1月18日 宮崎キャンプ・トレーニングマッチ(宮崎県総合運動公園陸上競技場)
鹿島 2-1 テゲバジャーロ宮崎
得点者(鹿島のみ):荒木遼太郎、柳町魁耀(鹿島ユース所属)


高卒ルーキー荒木が先制ゴール

 1月1日に天皇杯決勝を戦った鹿島が、1週間後の8日に早くも始動。10日に宮崎へ移動し、トレーニングキャンプを実施している。

 昨季の主力選手が合流する前に、10日のキャンプ初日はDF奈良竜樹(←川崎F)や広瀬陸斗(←横浜FM)、永戸勝也(←仙台)、和泉竜司(←名古屋)ら、新加入選手たちが汗を流した。18日に行なわれたテゲバジャーロ宮崎(JFL)とのトレーニングマッチも、初日からトレーニングをこなした選手を中心に先発メンバーが構成された。


今季の始動後初試合となったテゲバジャーロ宮崎戦に先発した面々(写真◎サッカーマガジン)

 両翼は右サイドバックが広瀬、左サイドバックが永戸、センターバックでは奈良と2年目の関川郁万がコンビを組んだ。中盤では、昨季はサイドバックで出場することも多かった小泉慶がボランチに入り、その相方に鹿島ユース所属の柳町魁耀を抜擢。2列目は東福岡高校から加入したルーキーの荒木遼太郎と和泉が並び、新たなブラジル人のエヴェラウドとファン・アラーノが前線で攻撃をけん引。最後尾にはプロ23年目を迎える曽ヶ端準が立った。

 試合は鹿島がサイドを基点としたボール回しと、相手ボールホルダーへの素早いプレッシングで主導権を握ろうとする。19分には中盤で永戸が奪ったボールをエヴェラウドが柳町につなぎ、シュートに持ち込んだ。22分にも広瀬のタックルで奪ったボールを永戸、アラーノとつなぎ、ゴールを狙う。いずれも得点には至らなかったが、守備から攻撃への素早い切り替えからチャンスを作った。

 スコアが動いたのは33分。2020年の鹿島初ゴールを挙げたのは、ルーキーの荒木だった。左サイドの永戸のクロスからエヴェラウドがシュートを放ち、ポストに跳ね返ったボールを蹴り込んだ。鹿島が先制し、前半を折り返す。

 後半開始から左サイドにDF山本脩斗と佐々木翔悟を入れ、鹿島が追加点を狙う。74分に右サイドの広瀬から前線のスペースに縦パスが送られ、反応した荒木が一度切り返してゴール前へクロス。走り込んだ柳町が倒れ込みながらゴールへと押し込んだ。

 その後、テゲバジャーロ宮崎に1点を返されたが、2-1でタイムアップ。1得点1アシストの活躍を見せた荒木は「結果を出せたのはうれしいこと。今後の練習でも、もっと結果を出せるようにやっていきたい」と、安堵の表情を見せた。

 鹿島は20日まで宮崎市でトレーニングキャンプを実施。1月28日には、カシマスタジアムで今季初の公式戦となるAFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ(対戦相手未定)に臨む。

宮崎キャンプ中の鹿島はテゲバジャーロ宮崎とトレーニングマッチを行ない、新加入選手を中心としたメンバーで勝利を収めた(写真◎サッカーマガジン)





コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初の対外試合で結果を出す荒木、選手権で優勝した松村、昨年の選手権得点王の染野。
今年の新人は目に見える結果を出せる、もっている選手たち。

GK山田の昇格もあるし、ゴールデンエイジを思い出します。

主力がいないメンバー構成で4-2-3-1とのことですが、ザーゴ監督がザルツブルクなどレッドブル・グループの戦術を持ち込むのか興味深いです。
「ザルツブルクの監督ジェシー・マーチはニューヨーク・タイムズのインタビューに「我々はバルセロナと逆のコンセプト」と語った。バルサがボールポッセションを第一に考えているなら、レッドブルのクラブはボール持ってない時の戦略を第一に考えている。そして、ボールを奪ってから、相手チームが守備の準備を整える前に一瞬で攻撃を仕掛ける。」という記事を読みましたが、同じである必要はありませんが、「勝つための戦術」の導入を期待しています。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク