FC2ブログ

松村優太、最初は出鼻を挫かれた方がいいと思う

松村優太を取材したサッカーマガジン編集部である。
プロとして練習に加わり、その強度に「何もできなかった」との言葉を発する。
「(鹿島の強度は)全然違います。特に今日は、(昨季は)いつも試合に出ていたメンバーとプレイして、『これが(試合に)出られる強度なんだな』と感じました。この強度に慣れていかなければいけない」と感想を述べ、この強度を体感したことを表現しておる。
これがプロの壁と言えよう。
この壁を乗り越えていった先にピッチに立つ資格が与えられるのだ。
期待しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】昨季主力のプレー強度を体感した松村「厳しさは当たり前」
2020-01-19
サッカーマガジン編集部


宮崎県総合運動公園陸上競技場でキャンプを行なっている鹿島は1月19日、2部練習を実施(午後は室内練習)。午前の練習では、前日のトレーニングマッチに出場しなかった土居聖真らがミニゲームなどで汗を流した。

上写真=ミニゲームで白崎凌兵(右)らとともに汗を流す松村(写真◎サッカーマガジン)

「最初は出鼻を挫かれた方がいい」

 1月19日の午前練習は、前日のトレーニングマッチを戦ったメンバーと、出場していないメンバーとで別メニューとなった。後者は主に、元日の天皇杯決勝を戦って始動日(1月8日)よりも後に合流した選手たち。MF土居聖真や三竿健斗ら、昨季の主力の顔がそろった。

 そんな中、1週間前まで静岡学園の一員として全国高校選手権を戦っていたMF松村優太もそのグループに加わった。緑を基調としたユニフォームから、鹿島のトレーニングウェアに身を包んだルーキー。チームに合流してから初めて昨季の主力メンバーとミニゲームなどをこなし、練習後には「何もできなかった」と第一声を発した。

「(鹿島の強度は)全然違います。特に今日は、(昨季は)いつも試合に出ていたメンバーとプレーして、『これが(試合に)出られる強度なんだな』と感じました。この強度に慣れていかなければいけない」

 前日には同期入団のMF荒木遼太郎が、トレーニングマッチでゴールを決めた。多くの新加入選手を迎えた鹿島のキャンプでは、連日のように激しい競争が繰り広げられている。

「これがプロだなと思う。アンダー世代では感じたことのないことばかり。ここに来たからには、そういう厳しさはあって当たり前だと思います。今まで(の実績)は全然関係ないと思っているので、ゼロからのスタートとして頑張っていきたい。同期も僕を含めて4人いるので、切磋琢磨してやっていきたいです」

 Jリーグ最多タイトルを誇るクラブの選手になったからには、厳しい環境と向き合っていく。この日のトレーニングのように「何もできなかった」経験も、松村は自らの成長のために前向きにとらえる。

「最初は出鼻を挫かれた方がいいと思うので、その点は良かったことなのかな」

 年代別代表に選ばれるなど高校年代で名を馳せた同期、そしてタイトル獲得を義務付けられるJリーグ屈指の猛者たちの中で、松村はさらなる成長を期す。

鹿島のトレーニングを行なう静岡学園高校出身の松村(写真◎サッカーマガジン)






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク