FC2ブログ

「人とのつながり」を大切にする、進化した土居の今季の活躍に期待が懸かる

DAZNのプレシーズンニュースにて対談した土居聖真と永井雄一郎氏である。
聖真は永井の質問に答える。
CBが開いてボランチが落ちるスタイルについて問われ、「あまりなかったですね。新鮮」と発言するのはいかがなものか。
聞く永井が鹿島のことを知らなすぎることも問題であるが、聖真が新鮮と言うことに違和感を感じさせる。
ただ、聖真の言葉を読み取ると、練習指示の細かさややり方について応えておることがわかる。
遅れて合流したばかりであり、ザーゴ監督のやり方が新鮮であったように受け取れる。
また、永井は浦和時代の外国人助っ人の補強のことを語る。
少々器が小さいというか、向上心に欠けるように感じさせる。
それに対して聖真は、「若いときは『共存しようしよう』と思っていた時期もあったのですが、今は頑張って『譲らない、オレのサブだよ』と言う気持ちで臨みたいと思います」という強い気持ちにて挑むことを公言する。
これは頼もしい。
聖真とファン・アラーノのポジション争いはどのようになるのであろうか。
非常に興味深い。
今年の聖真に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

土居聖真が語るザーゴ監督、鹿島、そして「今年だけは信じようと思った」占い
最終更新 20:38



続々始動を迎えているJ1各クラブ。DAZNではシーズン前の情報をいち早くお届けする『プレシーズンニュース』を配信中だ。「#2020の主役は誰だ」というコンセプトのもと、永井雄一郎氏、播戸竜二氏、加地亮氏のJリーグOBが注目クラブを徹底取材。ここでは、現在配信中の#1より、永井雄一郎氏と鹿島アントラーズ・土居聖真との対談をお届けする。

■ザーゴ監督の新スタイル

 お座敷に座布団というスタイルで始まった対談は一見、「笑点」。「座布団は1枚で」と土居が答える和やかな雰囲気の中、まずは昨季の振り返りから。

永井「昨季終盤は勝てませんでした」

土居「勝ててはいませんでしたが、雰囲気も悪くなかったし、みんな流れを良くしようと努力していました。コミュニケーションも取ろうとしていた。悔しさが残りました。4冠とももう少し頑張ったら、というところまでいったのに、そこを乗り越える力がなかった。そこを変えていかなくてはいけないとい

 鹿島は、今季よりアントニオ・カルロス・ザーゴ監督が就任。かつて柏レイソル、そしてローマでは中田英寿氏とスクデットを獲得した当時のメンバーでもある。そんなザーゴ氏が指導者として持つスタイルとはどんなものなのだろうか?

土居「ブラジル人監督ですが、ヨーロッパ志向の監督というか。ヨーロッパで実際プレーされていましたし。ボールをつないだり攻撃的思考のあるサッカーが好きと言っていましたので」

永井「練習試合を見たんですが、センターバックがちょっと開いて、その間にボランチが落ちてサイドバックが高い位置を取る。ビルドアップの形を見ても、今まで鹿島のサッカーでああいったスタイルはありました?」

土居「あまりなかったですね。新鮮というか。今まで細かく言う監督はいましたが、違った細かさがあるんです。でも、その中でも自然体でいろと。共感できますし、監督を信じてついていくことが新チームとして浸透していく近道だと思います」

永井「前線に二人の新外国籍選手(MFファン・アラーノ、FWエヴェラウド)が入ってきましたね。自分は浦和の時に『トゥットやアドリアーノがいるのに、エメルソン呼んできたの?』ってなりましたから(笑)。ポジションを譲らないよという気持ちですか? 自分の場合は最初から諦めていて、だって(エメルソンは)あんなに完成された選手だったから、どう共存していこうかなという考え方に切り替わっていったんです」

土居「若いときは『共存しようしよう』と思っていた時期もあったのですが、今は頑張って『譲らない、オレのサブだよ』と言う気持ちで臨みたいと思います」



■変態レベルの技術を持っていた先輩

 今年で28歳。プレーヤーとしてまだまだ進化の途中にある土居。理想のサッカー像を問われると、やはり彼らの名前が挙がった。

土居「土居さんそんなことするの? というプレーヤーになりたいなというのはありますね。先輩が野沢拓也さん、小笠原満男さん、本山雅志さん、本当に変態レベルの技術を持っている人たちを見て、一緒にやってきたので。そこしか見てこなかったので」

永井「ミツオもモトもどちらかというと人間的には変わっているほうだけど、土居選手は人間的にはノーマルというか(笑)」

土居「他人にはそんな感じですね。チームメートや身内、家族には結構クセ強いねっていうところを見せつけています」

永井「鹿島でいうレジェンド的な存在に?」

土居「ならなきゃいけないと思っています。急にミツオさんにはなれないと思っていますが」

永井「では、2020年の目標、決意を教えてください」

土居「もっともっと強い鹿島を表現しなくてはいけない、目の前の一試合に勝つ大事さをかみしめながら、戦っていこうと思います」

永井「ミツオたちになれるだけの変人要素は持っているということがわかりましたね」

土居「小出しにしていきます(笑)」

■実は占いで…

 オフトークでも盛り上がった二人。話は飛んでなんと占いに。

土居「今年占いで、『いろんな人に会いなさい』ってあったんです。『人脈を広げる、人との出会いを大切にしなさい』と。占いとか全然信じないタイプなんですけど、珍しく今年は積極的にそうしていこうかなと(笑)」

永井「占いって試合の日とかに最悪だったりすると…」

土居「どうしたらいいってなりますよね(笑)」

永井「結構へこみますよね。ラッキーカラーが黄色だったりすると、赤と黄色の財布を持っていたらぜったい黄色を使うとか。信じないくせに気にしちゃいますよね」

土居「少しでも良くしようという。わかりますわかります」

 最後は占いトークで盛り上がった二人。鹿島10年目となる土居は、キャンプを通じて今季の新加入選手が「昨年に比べてしゃべらない。おとなしい」と心配する。「積極的に声をかけていこうと思います。苦手なんだけど、そういう立場だし」と新たな決意も語った。占いにもあったように、「人とのつながり」を大切にする、進化した土居の今季の活躍に期待が懸かる。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

聖真自身がピッチ内でもっとオーバーアクションして良いと思う
大迫が鹿島に居た頃にそうだったように
サコは先輩相手でもこういうボールをくれとか要求してたよね
聖真もそれくらいやっても構わない欠かせない選手だよ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク