FC2ブログ

新たな背番号14・永戸勝也が左足を振り抜いたその先に、歓喜の瞬間が待っている

永戸勝也をピックアップするFreaks+である。
今季新加入の永戸は佐倉出身であり、(市原や柏に比べて)鹿島の文化圏である。
鹿島に対してシンパシーを感じて然りである。
そういった心構えの中で臙脂のユニを身に纏うこととなった。
気持ちとしては最高潮であろう。
是非とも来週に迫るPOにて勝利に貢献して貰おうではないか。
永戸の左足に注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

PICK UP PLAYER


 「1年間試合に出続けて、タイトルを獲りたいと強く感じました。オファーをもらったとき、迷うことはなかったです」

 1月8日、チーム始動日。初めての練習を終えた永戸勝也は、クラブハウスで覚悟を語った。「今日ここに来て、身が引き締まる思いになりました。また下の方からやっていかないといけないですね...」。今回が人生初の移籍。表情からは僅かな不安が伺えたものの、未来への期待がそれ以上に溢れ出ていた。ここから新たな挑戦が始まる。

 千葉県佐倉市出身の永戸にとって、アントラーズは子どものころから遠からぬ存在だった。幼少期にはカシマスタジアムで試合を観戦したこともある。「一緒に行ったのは、家族だったか、チームでだったか...。(サポーターは)真っ赤だなぁ、という印象があります」。当時のことは、はっきりと覚えていないようだが、「しっかりサッカーを見始めたのは、2007年頃からだったので『常勝鹿島』のイメージがありますね」と、強いアントラーズを見て育ってきた。移籍を決める際にも「出身が千葉なので」と幼少期の記憶が後押ししたようだ。

 プロに入ってからもアントラーズの印象は変わらない。ただ、対戦相手として戦い、改めて「強いというイメージ」が増したという。「本当に気持ちよさそうにやっているなと...。好き放題やられてしまった印象でした」。だからこそ、このチームで挑戦してみたい、そんな気持ちが強くなった。

 1月23日、新体制発表で永戸は改めて決意を表明した。「ありきたりな言葉にはなりますが、このチームに恥じないプレー、責任感のあるプレーをしないといけないと思います」。アントラーズレッドのユニフォームに袖を通し、改めて責任を感じた。

「僕は決して上手い選手ではありません。まずは泥臭く、身体を張るプレーを基本としています。ただ、昨年のアシストはすべて左足でした。(自分の左足で)チームに貢献したいです」



 1月28日、ACLプレーオフ。出場すれば、永戸は初めてアントラーズ戦士としてカシマスタジアムで戦うことになる。

 十数年前、真っ赤に染まるスタンドで揺れた一人の少年がピッチへと向かう。セットプレーのボールをセットする背番号17、特別な左足から放たれたボールは、美しい軌道を描く。ゴールネットが揺れ、スタンドが沸き立つ。そんな光景が目に浮かんでくる。

「サポーターの皆さんを惹きつける良いチャンスだと思うので、自分の持てる100%のプレーを出したいと思います」

 これまで以上の結果を残し、己の価値を示す。そして、夢であるタイトル獲得へ。全てをかけて戦う準備は整った。新たな背番号14、永戸勝也が左足を振り抜いたその先に、歓喜の瞬間が待っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク