FC2ブログ

名古屋・相馬勇紀、武者修行で芽生えた“数字”への渇望

東京五輪世代注目の男としてピックアップされる名古屋の相馬勇紀である。
昨季は鹿島にレンタルで加入し大きく成長したことを口にする。
名古屋でのコメントとして、「“さらに成長して戻ってきます”とお伝えしてから半年。ケガを含めてうまくいかないこともありましたが、たくさんの経験をし、いろいろなことを吸収して帰ってきました」と言う。
鹿島というクラブを中から見て大いなるものを感じ取ったことが伝わってくる。
この経験を活かして東京五輪を目指すのだ。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

名古屋FW相馬勇紀 武者修行で芽生えた“数字”への渇望
[ 2020年2月7日 07:00 ]

2020・J1 東京五輪世代注目の男(7)

 わずか半年間の“武者修行”でも効果は確実にあった。名古屋の相馬は昨夏、鹿島へ期限付き移籍。負傷の影響もあってリーグ戦5試合1得点に終わったものの、その変貌ぶりは昨年末に垣間見えた。
 初のA代表招集となった昨年12月のE―1選手権では3試合全てに出場。切れ味鋭いドリブルで左サイドを活性化させた。さらに1月のU―23アジア選手権でも1次リーグ第2戦シリア戦で1ゴール。臆せず仕掛ける姿勢だけではなく、積極的なシュート意識はU―23日本代表の数少ない光明となった。

 「“さらに成長して戻ってきます”とお伝えしてから半年。ケガを含めてうまくいかないこともありましたが、たくさんの経験をし、いろいろなことを吸収して帰ってきました」
 常勝軍団で得たのは勝利への執着心か。それとも熾烈(しれつ)なサバイバルで生き抜くための、個のレベルアップの痛感か。名古屋復帰時には「“数字”を出す。結果を常に出せるよう戦います」とゴールやアシストにこだわることを口にした。

 名古屋や日の丸の舞台では左サイドを主戦場にしているが右でのプレーも可能。精度の高いクロスも相馬の武器の一つだ。「重要な半年になるのは間違いない」。自国開催の五輪は今季の目標の一つ。だが「そんなに意識することはない。自分のチームで勝ちに貢献することがつながる。仕掛けるところには絶対の自信を持っている。まずは地に足を着けてやる」。夢の舞台は虎視眈々(たんたん)と狙う。

 ◆相馬 勇紀(そうま・ゆうき)1997年(平9)2月25日生まれ、東京都調布市出身の22歳。小1から高3まで三菱養和SCでプレー。早大を経て19年に名古屋入団。同年夏に鹿島に期限付き移籍し、今季復帰。特別指定選手として選手登録された18年8月11日の鹿島戦でプロデビューを果たすと初アシストもマーク。11月6日のC大阪戦でプロ初得点。19年12月のE―1選手権でA代表初選出。国際Aマッチ3試合。1メートル65、68キロ。

コメントの投稿

非公開コメント

鹿島は一度目を着けた選手はしつこく追い続けますからね、名古屋サポーターは今から覚悟しておいた方がいいでしょう笑

No title

和泉君が彼以上の活躍をしてくれると思ってます
相馬君、鹿島に移籍してればなんて後悔は無しよ
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク