FC2ブログ

仙台・赤﨑秀平、新エースに名乗り

仙台に移籍し存在感を発揮する赤﨑秀平である。
FW陣に負傷者が続出したこともあり、今季のエースとして名乗りを上げておる様子。
「足もとの技術が高く、周囲を生かすプレイもうまい。様々な形を見せるシュートの決定力も高く、新エース候補筆頭」と評されておる。
これは素晴らしい。
遂に安住の地を見つけたと考えて良いのであろうか。
仙台は、これまで平瀬、柳沢と鹿島産のFWが現役を終わらせたことで知られる。
赤﨑も先人に倣い、この仙台の地で大きく躍動していくのであろうか。
注目である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【仙台】赤崎、新エースに名乗りも助っ人3人は苦戦中…新戦力10人、2次キャンプで明暗
2020年2月12日 6時0分スポーツ報知


仙台・赤崎

 J1仙台は9日に宮崎県の延岡市での2次キャンプを終え、宮崎市内へ移動。2日間のオフを挟み12日から3次キャンプの練習をスタートさせる。今季は元バルセロナMFクエンカをはじめ8人の新加入選手と期限付き移籍から復帰した若手2選手が加わった。木山隆之新監督(47)は4―5―1、4―4―2の2つの布陣を試しながら新戦力と既存戦力の融合を進めている。

 新戦力の中で最も存在感を見せているのは、昨季名古屋でプレーしていたFW赤崎だ。足もとの技術が高く、周囲を生かすプレーもうまい。様々な形を見せるシュートの決定力も高く、新エース候補筆頭といえる。

 外国人助っ人たちは苦戦中だ。補強の目玉・クエンカは足に違和感があり、復帰時期は未定。ワントップ、トップ下で好プレーを見せていたFWゲデスは1月24日に右足負傷で全治8週間。左SBのレギュラー候補だったDFパラも、フィットするのに少し時間がかかりそうだ。

 DF吉野はボランチ、CBでアピールに成功、リーグ開幕スタメンの可能性も十分高い。MF佐々木も2年半の期限付き移籍で成長した姿を見せ、レギュラー争いに食い込んでいる。今季初の公式戦は16日のルヴァン杯のアウェー浦和戦。1月13日から2月15日までの長期キャンプで深めてきたチームの力が試される。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク