FC2ブログ

選手も11人も入れ替えて監督もコーチもガラガラポン、それで2週間しか準備がなかったら…

公式戦三連敗中の鹿島について語った夕刊フジの久保記者と清水氏である。
不調の理由を清水氏は「新監督のチームづくりには通常、2カ月くらいはかかるからね」と説明する。
我らも予期しておったが、この準備期間はいかんとも出来ず歯痒い。
また、こういう状況になった要因として、新加入選手11人というところもある。
その背景には、若手選手を育てても感嘆に欧州へと渡ってしまう現状がある。
こうなっては、そこそこの中堅を補充していく以外にない。
とはいえ、国内組の選手で鹿島のクオリティを満たす者はそうは多くない。
難しい問題である。
この背景を考慮すれば、ちょっと勝てぬからと言って監督を簡単にすげ替えるようなことはせぬであろう。
四つや五つ捨てたところで動じることはない。
ただ、不幸中の幸いか、3週間の中断期間が出来た。
この時間を有効に使ってチーム作りを急ごうではないか。
3月18日が楽しみである。


にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【そういうことだろ~】“負けない”鹿島が公式戦3連敗… 何が起こったのか!?
2020.2.26


23日のJ1開幕戦も広島に敵地で0-3と完敗23日のJ1開幕戦も広島に敵地で0-3と完敗

 --J1開幕戦で常勝鹿島が惨敗。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフ、ルヴァン杯とあわせて公式戦3連敗スタートです

 清水「仕方ない部分もあるよな」

 --準備期間不足?

 「だろう? だって、新監督のチームづくりには通常、2カ月くらいはかかるからね」

 --Jクラブと練習試合も紅白戦もしていない

 「やれる段階にないと思っているのさ。今季から指揮を執るザーゴ監督はブラジルでは実績があるだろ? でも鹿島だと、ブラジル人選手みたいに3週間くらいでは準備できないもんだから、戸惑っていると思うよ」

 --これまで鹿島は大崩れはしてこなかった

 「ジーコ(テクニカルダイレクター)がいて、生え抜きのFW柳沢、MF小笠原、DF内田ら“黄金世代”と呼ばれる連中がチームを引っ張ってきた。でもな、それは鹿島が優秀な若手をしっかりチームで起用して、育ててきたからこそだよ」

 --今は「えっ、こんな若手が欧州リーグに行ってしまっていいの?」という選手も多い

 「その通り! 行くのは彼らの勝手だよ。でも実力も大してないのに、代理人のうま味満載の言葉に乗って海外に行く選手が、鹿島にも何人かいただろ? その度に鹿島は穴埋め的な補強で、なんとかクリアにしてきたというわけさ」

 --それをこのオフは大幅にリニューアル

 「選手も11人も入れ替えて監督もコーチもガラガラポン。それで2週間しか準備がなかったら…さすがに勝てないよ」

 --リーグ戦の次節(28日)はホームでイニエスタのいる神戸です

 「今度負けたら4連敗か。でも、負けても監督をクビにする流れには、なってほしくないんだよね。鹿島は筋の通ったチームづくりをしてきたからさ。クラブがどれだけ我慢できるか…」(元J1仙台監督・清水秀彦=聞き手・久保武司)

コメントの投稿

非公開コメント

今回の源みたいに、ポンコツ新人から大黒柱に育て上げ、心地良く欧州に送り出したのに、短い期間で別のチームに帰国されるのが一番キツい。タイミングが合わなかったとは言え。

No title

代理人が、元鹿島の新井場徹というのも最悪です。

サッカー選手の選手生命は短いのだから、選手の好きにさせてあげてと思いますけどねぇ。選手ファーストを考えるなら。
新井場氏は元鹿島だけど、元ガンバや元セレッソでもあるし。

選手の移籍が盛んになった現状では、ウッチーのようにいつまでも2番を空けて待つ余裕も無くなってきたからねえ〜
鹿島ファミリーの結束は、鹿島の中だけでしっかり守られて闘っていくしかないですね!!
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク