FC2ブログ

町田浩樹、うまく流し込めたかな

練習試合後のインタビューに応じた町田浩樹である。
渾身のヘディングは素晴らしかった。
「良いボールが来たので、うまく流し込めたかなと思う。(下がりながらのシュートだったが?)フリーでスペースもあったので自由に打てた」とそのシーンを語る。
戻りながらのヘッドで強いボールを打つには技術が必要なる。
そして、フリーになる動きもまた良かったように思う。
また、「前半は自分たちのミスが多くてそこからカウンターを受けたりしていたが、後半はうまく味方が下りてきて、という形があってうまくビルドアップできたのかなと思う」と試合について言う。
このあたりがまだまだの部分であろうか。
相手が強烈にプレスをかけてきた際の外し方を型に落とし込む必要があろう。
この試合、結果と言葉にて今季のマチは軸となってくれる予感がさせられた。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

終盤に失点を重ねて逆転負けの鹿島、DF町田浩樹はヘッド弾で1得点も「時間が経つにつれて…」
サッカーダイジェストWeb編集部
2020年03月21日


「結果は負けてしまったので満足していないが…」

 終盤の連続失点による逆転負けに、若き守備のキーマンも顔色を曇らせた。

 トレーニングマッチの鹿島アントラーズ対北海道コンサドーレ札幌が3月21日、県立カシマサッカースタジアムで行なわれ、ホームの鹿島は1・2本目で札幌に2-4の逆転負けを喫した。

 試合は1-1で迎えた65分にCKからDF町田浩樹のヘディングシュートが決まり、鹿島が2-1と勝ち越し。しかし、78分に鈴木武蔵の直接FKで同点とされると、終盤にはジェイの連続得点で札幌に突き放された。

 試合後、フラッシュインタビューに応えた町田は、90分を振り返り、「結果は負けてしまったので、満足はしていないですけど、そのなかでやりたいこともできた。新たに課題も出てきたので、今後取り組んでいきたい」と語った。

 インタビュアーでOBの中田浩二氏からは「後ろもコンパクトに連動してできていたと思うが…」と問いかけられた町田だが、「前半と後半の最初の方までは、コンパクトに連動するというのはできていたが、ちょっと時間が経つにつれてスライドが間に合わなくなって、クロスから失点するという形になってしまった。そこは修正していかないといけない」と反省の弁を述べた。

 また、今季からザーゴ新監督の下で取り組む後方からのビルドアップについては、「前半は自分たちのミスが多くてそこからカウンターを受けたりしていたが、後半はうまく味方が下りてきて、という形があってうまくビルドアップできたのかなと思う」と、手応えも得たようだ。

 さらに、自身のヘディングシュートによる得点シーンについては、「良いボールが来たので、うまく流し込めたかなと思う。(下がりながらのシュートだったが?)フリーでスペースもあったので自由に打てた」と振り返った。

 依然としてリーグ戦は中断したままだが、町田は最後に再開を待ち望むファンに向けて、「こういう状況ですけど、自分たちは日々努力して、再開した時に良いプレーができるように頑張るので、ぜひ(再開を)心待ちにしていただければなと思います」と再開後の健闘を誓った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク