FC2ブログ

染野右足でゴール、綺世2ゴール

練習試合・札幌戦について速報を出してくれた報知新聞である。
DAZNでの配信のなかった3本目、4本目の結果を伝えておる。
3本目の得点者は染野唯月、4本目は上田綺世×2と佐々木翔悟とのこと。
若き選手が結果を出したことは朗報と言えよう。
失点の形が報じられておらぬが、1・2本目を観る限り、守備についてはまだ時間がかかるように見受けられた。
ザーゴ監督も「私たちは(昨季までと)180度変わったサッカーをやろうとしている。構築には時間を必要とする。理想とするサッカーからは程遠い。取り組むべき部分が多くある」と語る。
今回の監督交代は、単なるすげ替えではないと、今年の初頭からクラブ側から強く伝えられておる。
我らもここは腹を括るところ。
理想のサッカーが構築されることを強く望み、信じようではないか。
その片鱗は見えつつある。
一つ一つ進んでいきたい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】札幌と無観客で練習試合、4本合計6―9で敗戦 ザーゴ監督「理想からは程遠い」
2020年3月21日 16時8分スポーツ報知


競り合う鹿島のDF永戸(中央)と札幌MF荒野(左)。右は鹿島MFアラーノ

◆トレーニングマッチ(45分×2・35分×2)鹿島6―9(0―0・2―4・1―2・3―3)札幌(21日・カシマスタジアム)

 鹿島は札幌とトレーニングマッチを行い、4本合計6―9で敗れた。

 1本目は0―0で終了。2本目ではMF三竿健斗のパスを受けたMFファンアラーノが右足で沈めて先制。直後に失点したが、CKからDF町田浩樹が頭で決めて同点とした。しかしセンターバック2枚を交代で入れ替えるとクロスへの対応が曖昧となり、2点を与えて2―4で終了となった。

 3本目は尚志高(福島)から加入したFW染野唯月が右足でゴールを決めたが2失点。点の取り合いとなった4本目はFW上田綺世が2得点を挙げ、DF佐々木翔も左足を豪快に振り抜き計3点を奪ったが、守備では精彩を欠き3―3で終えた。

 ザーゴ監督は新型コロナウイルスの感染対策によるビデオ通信によるインタビューで「自分たちから難しい状況に追い込んでしまった。攻めは(1本目の)立ち上がり25分はうまくいき、いい流れができて得点のチャンスもあったがうまくいかなかった。私たちは(昨季までと)180度変わったサッカーをやろうとしている。構築には時間を必要とする。理想とするサッカーからは程遠い。取り組むべき部分が多くある」と振り返った。

コメントの投稿

非公開コメント

敗戦とのことで残念

ですが引き続きがんばって!
優勝目指そう!

とりあえず私も少年サッカーの監督やらせてもらいました時に攻撃が好きで攻めに意識をむけすぎると失点してました。
ですので守備をまず意識してから攻撃をすることが勝つためには必要だと思います。
セレーゾ監督も新たなサッカーは攻撃的でしたがうまくはまらず
石井監督大岩監督の守備からの形で立て直しをしました。
しかしながら大岩監督は攻撃のパターンを読まれてしまい他にパターンを増やすことが出来ずで優勝をのがしました。

要は守備は固めてからのサイドアタック
4枚で
中盤は上手い選手が多いので5枚にするような形がいいのかとも思いました。

ポストプレーヤーが前線にいても放り込むサッカーをするようなチームではなかったので


プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク