FC2ブログ

町田浩樹、メンタルが左右されないようにやりたい

札幌戦後の町田浩樹を取材したサッカーマガジン編集部の多賀記者である。
東京五輪について問われたマチは「僕がどうにかできる状況ではないので、決定に従うしかないと思っています。ただ、やる方向で心の準備、体の準備をしています。できればそのままやってほしいですけど、そこは自分でどうにかできることではないので、上の方の判断に任せたいと思います」と答える。
選手側の気持ちとしては無事開催されることを願うことは当然である。
出場が予想されるアスリートは皆同じ考えであろう。
しかしながら、これだけの地球的規模の危機が起こってる状況を冷静に考慮すれば、今夏の開催はあり得ない。
今は、政治的に責任のなすりつけ合い、損失をどのように対応するのか苦慮にて決定出来ずにおるだけと言えよう。
誰かが多大な損失を被るのである。
腹を括って欲しいと強く思う。
また、Jリーグに関してはドメスティックな大会であり、もう少し問題は小さい。
とはいえ、被害はそう見逃せるものでは無いことも事実である。
Jリーグとして、損失補填など金銭的に何かしらを考慮する必要があろう。
これは頭が痛いところ。
そして今回、DAZNにて練習試合を配信することが出来た。
これは無観客試合のシミュレーションになったのではなかろうか。
これも含めて、今季のJリーグ、サッカーカレンダーがどのようになっていくのか、難しい問題がある。
どのような決定となろうと、マチのように冷静に受け止めようではないか。
客観である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ



【鹿島】無観客試合に対する本音。町田「サポーターがいなくて寂しい」
2020-03-21
サッカーマガジン編集部


3月21日、新型コロナウイルスの影響でJリーグが中断している中、鹿島アントラーズは北海道コンサドーレ札幌と無観客でトレーニングマッチを行なった。主力組による1、2本目に出場したDF町田浩樹は試合後、無観客試合に対する率直な感想を口にした。

上写真=札幌とのトレーニングマッチに先発したDF町田(写真◎近藤俊哉)

■2020年3月21日 トレーニングマッチ(45分×2本) @カシマスタジアム
 鹿島 2-4 札幌
 得点:(鹿)町田浩樹、ファン・アラーノ
    (札)鈴木武蔵2、ジェイ2

五輪は上の判断に任せる

 センターバックとして90分間出場した町田は、2本目にCKからヘディングで1得点を記録。「(ファン・アラーノが)良いボールを上げてくれたので、コースに決めるだけでした」と得点場面を振り返った。

 自身が出場した1、2本目については「後半(2本目)に運動量が落ちて、セットしてからの守備がうまくいかなかった。その中でサイドを使われて、クロスから失点してしまったので、スライドや連動の部分は上げていかないといけない」と課題を挙げる一方で、「自陣からのビルドアップは、自分たちが意図した形で前に運ぶことができた。前からのプレッシングもうまくいっている場面も多かった」と手応えも口にした。

 鹿島は今季から元ブラジル代表のザーゴ新監督が就任し、攻撃的なサッカーに取り組んでいる。リーグ中断前は、AFCチャンピオンズリーグ・プレーオフ、ルヴァンカップ、J1リーグと公式戦3連敗を喫したが、町田は「監督が来てまだ2、3カ月。監督が目指しているサッカーの精度を上げていくことを練習でやっていくしかない」と前を向く。

 世界中で新型コロナウイルスの感染が広がる中、いま日本国内で大きな関心事となっているのが、東京五輪が予定どおりに開催されるのかどうか。U-23日本代表の常連である町田は、次のように語った。

「僕がどうにかできる状況ではないので、決定に従うしかないと思っています。ただ、やる方向で心の準備、体の準備をしています。できればそのままやってほしいですけど、そこは自分でどうにかできることではないので、上の方の判断に任せたいと思います」

 また、Jリーグもいつ再開するか分からない状況が続いている。現在は4月3日のリーグ再開を目指しているが先行きは不透明で、今後の状況次第では無観客での公式戦実施も想定される。

「サポーターがいないのは、少なからずやりづらさがありますし、選手としてはもちろん、たくさんのお客さんの前でプレーしたいという気持ちはあります。でも、もしもそういう決定がなされたとしたら、その中でやるしかないですし、どんな状況でも勝つためにやらなければいけないので、そういうことにメンタルが左右されないようにやりたいと思います」

 なお、この日の札幌戦も無観客で行なわれたが、DAZNによるインターネット生配信が実施され、「見ている人がいるだけで自分たちのモチベーションになる」と町田。だが、「やっぱりサポーターがいない寂しさはあります」と本音も口にした。

取材◎多賀祐輔

札幌とのトレーニングマッチは、観客のいないカシマスタジアムで行なわれた(写真◎近藤俊哉)




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク