FC2ブログ

ナスリが鹿島で描くW杯への道

プロeスポーツ選手であるナスリにインタビューを行ったSportivaの渡辺氏である。
eスポーツというものが少し分かってくる。
サッカーとは少々異なる世界ではあるが、鹿島の看板を背負ってプレッシャーと戦いながらプレイしておる様子。
日々戦い世界ランク1位を目指すのだ。
注目しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ナスリが鹿島で描くW杯への道。
「eスポーツ世界一を目指したい」

渡辺静●取材・文 text by Watanabe Shizuka高橋学●写真 photo by Takahashi Manabu


「プロとしての意識が芽生えた」というナスリ

 2020年1月、鹿島アントラーズeスポーツチームへの加入を発表したナスリ。高校1年時からサッカーゲーム『FIFA』を始め、わずか3年でJリーグ主催の国内大会「eJ.LEAGUE」でベスト4、さらに「FIFA eWorld Cup」への出場を果たした。ちなみにFIFA eWorld Cupとは、各国の大会を勝ち抜いた32人の選手のみが出場できる国際サッカー連盟(FIFA)主催のeスポーツ大会で、優勝者はFIFAバロンドール授賞式に招待される。つまり国際サッカー連盟としては、リアルサッカーと対等に扱うべき大会だと位置づけているのだ。

 ナスリはその後も数々の世界大会で成績を残すなど、今や日本のみならず世界からも注目を集める『FIFA』プレーヤーの一人となっている。そんなナスリに、これまでの大会や、鹿島への加入について話を聞いた。


――これまでも数々の大会に出られていますが、最も印象に残っている大会は何ですか?

「2018年6月に行なわれた『Global Series Playoffs』です。アムステルダムで行なわれたのですが、64人中16人に残ればシーズン最後の『FIFA eWorld Cup』に行ける大会でした。ベスト4という結果もそうですし、初めて出場した海外の大会だったので、とても新鮮で印象的です」

――初めての世界大会は、どんな心境で臨んだのでしょうか?

「世界大会に出場したことのある選手から『海外の選手はいきなり叫ぶよ』『本当に強い選手ばかりだから自分の実力を試す気持ちで』と怖いことを聞かされていたので、びくびくしながら行きました(笑)。

 たしかに叫ぶ選手もいたのですが、僕の隣に座っていた選手がいろいろと教えてくれて、思っていたよりも親切に対応してくれました。いい思い出です」

――鹿島アントラーズに加入して、変化したことはありますか?

「目に見えてTwitterのフォロワーや『いいね』の数が増えました。なかでも、プロフィールに『鹿島アントラーズ』と書いているサポーターの方がたくさんフォローしてくださって、身の引きしまる思いです。応援してくださる方との距離が近くなればなるほど、その数が多くなればなるほど、今までにはなかったプレッシャーも感じるようになりました」

――そのプレッシャーは、鹿島に移籍した影響ですか? それともナスリ選手のプロとしての意識の変化でしょうか?

「一番大きな要素はプロとしての報酬でしょうか。待遇面は、鹿島に来て大きく変わった部分でもあります。報酬に見合った活躍をしないといけないという考えが、プロとしての意識の高さにつながっている気がしますね」

――今年の『FIFA』はナスリ選手にとって3シーズン目(※)ですが、海外大会にも慣れてきているのではないですか?
※『FIFA』シリーズは現在1シーズン制で、毎年新作が発売されるタイミングでシーズンが変わる

「慣れてきましたね。でも、最近は慣れていないほうが、いい面があるのかなとも思っています。

『FIFA』では細かい動きに気を配っていると、イライラしてしまうことが多いんです。日本でも海外でも、感情が高ぶってモニターやコントローラーを壊してしまう人が当たり前にいるくらい。いつもより緊張感を持って自分をコントロールしているほうが、一つひとつを大切にプレーできるのかなと思います。初めて出たGlobal Series Playoffsでは緊張感を持ってやれたので順位が一番よかったですし。

 だから、海外の大会を何度も経験するほうがいいとか、海外に移住するほうがいいとか、さまざまな意見がありますが、それが絶対的にいい方法とは限らないと思います」

――現時点で、ご自身と海外プレーヤーとの壁は感じますか?

「毎回優勝争いをするような、世界のトッププレーヤーとは差がありますが、そのほかの選手たちとの差はあまり感じません。今の目標はそういったトッププレーヤーになることです。

『FIFA』はこのコンボ技を使えば強くなるという単純なゲームではないので、どうしたらトップに追いつけるのか、プレー面での課題はどこにあるのか、まだ模索しているところです。課題を明らかにして今作のゲーム性(※)に適応できれば、トップ層に到達する自信はあります」
※『FIFA』シリーズは毎作プレー感や有利な戦略が異なるため、プロプレーヤーたちは作品ごとにプレースタイルの調整を求められる

――鹿島アントラーズが自ら大会を開催するとのお話もありました。今後チームに希望する支援などはありますか?

「うーん……。マッサージ師ですかね(笑)。大会はずっと座りっぱなしで、モニターを集中して見続けることで疲労を感じることがあるので。すでに海外大会にはコーチが帯同してくれていて、他にもプラスな面で働いていることも多いので、もう十分ありがたいですが」

――では、鹿島アントラーズのナスリとして、今後の目標を教えてください。

「鹿島の伝統的な強さをeスポーツでも体現して、サポーターの皆さんの期待に応えたいと考えています。

 個人的な目標はFIFA eWorld Cupへの出場です。18年には出場できたのですが、19年は出られなかったので。2~3年後には海外での大会でも安定した成績を残して、FIFA eWorld Cupの常連になり、世界一を目指したいです」

Profile
ナスリ

神奈川県出身。2015年、高校1年時に「FIFAシリーズ」を本格的に始める。プレイヤーネームの「ナスリ」は、好きなサッカー選手が由来。18年の「eJ.LEAGUE」でベスト4の成績を収めた後、世界大会で躍進。同年、FIFA eWorld Cupに日本人選手として唯一出場を果たした。その後も海外で数々の国際大会に参加。FIFA19シーズン終了時の世界ランク24位はアジア最上位。2月26日時点最新での世界ランク40位

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク