fc2ブログ

小泉社長、しっかり経営努力をしていく

選手の報酬返納についてコメントした小泉社長である。
「なるべく社員、フロントスタッフも含めて手をつけたくない。しっかり経営努力をしていく。(人件費は)ほとんどのチームのコストを占める部分ですので、議論としては最後の最後に残ってしまうと思う。私たちは何とか稼げるように努力をして人件費を守っていきたい」と語る。
この雇用を守る姿勢は素晴らしい。
頼もしい経営者と言えよう。
「海賊と呼ばれた男」を彷彿させる。
出光興産創設者をモデルにしたこの小説に於いて主人公の国岡鐡造は戦争による危機でもひとりの馘首をせず乗り切り企業を発展させた。
この誇りと精神には頭が下がる。
小泉社長もこのように鹿島を大きくしてくれよう。
楽しみにしておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

【鹿島】選手の報酬返納には否定的 小泉社長「経営努力で人件費を守っていく」
2020年4月24日 22時47分スポーツ報知


取材に応じる小泉社長(左)

 鹿島は24日、定時株主総会で19年度の決算報告を行った。営業収入は約68億円で、純利益は約300万円の黒字。株主総会後に報道陣向けにウェブ会見を行った小泉文明社長は、昨今のコロナ渦について「実態が見えず見通しが難しい状況。アントラーズも気を抜くと危ない」と危機感を募らせた。

 選手の報酬返納の可能性については「各クラブチーム、選手会、リーグ、それぞれでコミュニケーションをとりながらやっていく必要性がある」と話した。欧州の一部の国ではリーグと選手会の主導で行われたが、クラブ単位での導入には否定的。「なるべく社員、フロントスタッフも含めて手をつけたくない。しっかり経営努力をしていく。(人件費は)ほとんどのチームのコストを占める部分ですので、議論としては最後の最後に残ってしまうと思う。私たちは何とか稼げるように努力をして人件費を守っていきたい」と話した。

 リーグ再開の見通しが立たず厳しい状況が続くが、小泉社長は「リーグも理念強化配分金など賞金を含め資金を配布しながら1チームもつぶさないと村井チェアマンはじめ、リーダーシップをもってやっている。このまま行くと夏、秋にかけて資金繰りが厳しくなってくるチームも出てくると思っていますし、アントラーズも気を抜くと危ない状況になるかもしれない。デジタルを始め、いろいろな経営努力を行っていく必要がある」と語った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク