FC2ブログ

聖真ワールド五選

土居聖真の世界観を伝えるサッカーダイジェストの広島記者である。
コメントから聖真ワールドを解説しておる。
非常に興味深い。
この聖真のキャラクターを理解し、これからのプレイをより堪能したい。
これからも楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「あ、土居が来た!」「ふざけたい、かな」軽妙なボケも繰り出す土居聖真の“コメント力”
広島由寛(サッカーダイジェスト)
2020年05月12日

「残り10分とかになれば、“鹿島れた”と思う」


ユースから昇格した生え抜きMFは今季でプロ10年目。節目のシーズンで、チームにタイトルをもたらす働きを示せるか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

 せっかくの“ボケ”を、台無しにしてしまった。

 不確かな記憶だが、土居聖真はたしかその日はベンチ入りも出場がなかったか、メンバー外だったはずだ。試合後に「どこか痛めているの?」と尋ねると、土居はこう応じた。

「はい、心を……」

 一瞬の間……。こちらの感度が鈍すぎた。土居に「いや、足をちょっと」と言い直させてしまったことは、今でも申し訳なく思っている。

 古くからの鹿島担当に聞くと、「聖真はそういうセンス、あるよね」と、記者とのやり取りの中で気の利いたフレーズを散りばめてくると教えてくれた。

 実際、“コメント力”の高い選手だと思う。質問に対し、独特の表現で答えることは多い。そんなオリジナリティ溢れるコメントからは、土居のプレーヤーとしての特性や、その世界観が垣間見えてくる。

――◆――◆――

【1】
「『あ、土居が来た!』ってね」

 2016年のチャンピオンシップ決勝、浦和とのビッグマッチに向けて。敵の守備網をどう切り崩すか。最前線で広範囲に動き回り、相手をかく乱して、「大外からまくる感じで、ね。『あ、土居が来た!』って」とイメージしていた。結果的に、このファイナルでは得点できなかったが、何本かの際どいシュートを放つなど存在感を発揮。チームの8度目のリーグ制覇に貢献してみせた。

【2】
「残り10分とかになれば、“鹿島れた”と思う」

 あのレアル・マドリーを追い詰めた、16年のクラブワールドカップ決勝。後半の早い時間帯で一時は2-1と優位に立つ状況もあったが、すぐに追いつかれ、延長戦の末に2-4の敗戦を喫した。自分たちのリードをしっかりと守り切ることを、俗に“鹿島る”と言われているが、その強みを「出しかけて、終わった感じ」と悔しさを滲ませた。

【3】
「“そこにいたんかい!”みたいなポジションを取れれば」

 相手ゴール前で、いかに“神出鬼没”なポジションを取れるか。ある試合で、チームの勝利に導く先制ゴールを決めたが、他にもあった決定機をポジショニングのミスでモノにできなかった。「ポジショニングはやっぱり大事。もっと磨いていきたいし、もっと駆け引きをしていきたい」とさらなる向上を目指した。

【4】
「表現的には、ふざけたい、かな」

 ゴールに直結するプレーが最大の持ち味だが、いつからか「チームのために走って、みんながやりやすいように」と献身性を重視する傾向に。一方で「これ楽しいのか、いつからこういう選手になったんだ」と自問自答も。本来の自分を取り戻したいと、昨季に掲げたテーマは「楽しむ」。ただ、後に「それは表向きの言い方で、表現的には――」と、にんまりと笑う。もちろん、文字通りの意味ではない。「自分も、見ている人も楽しめるような」プレーが、チームを活性化させ、勢いをもたらし、効果的だと考えたうえでの「ふざけたい」である。

【5】
「“俺に出しておけよ”みたいな」

“ふざける”という名の「楽しむ」ことを重視した昨季において、ハイパフォーマンスを示した試合のひとつが、2-2で引き分けた24節のホームG大阪戦だ。セルジーニョの同点弾をアシストしたほか、多くのチャンスを演出し、守備でも奮闘。「1試合で(好機に絡むプレーを)何回も出せているのは、成長したと思う」と自信を漲らせた土居は、「昔から思っていることだけど、“俺に出しておけよ”みたいな。今年はなおさらその気持ちが強くなってきて、プレーで表現できるようになっている」と頼もしいコメントも口にしていた。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク