FC2ブログ

三竿健斗、変わった姿を見せられるように

全体練習再開に当たってチームを取材したニッカンスポーツの杉山記者である。
三竿健斗がオンラインで応じ、コメントを発する。
久しぶりの全体練習の手応えや活動休止期間のことなどが伝えられる。
この苦難を乗り越えたことで、学びや成長があった。
一歩前に進んだ三竿に期待大である。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

2カ月ぶり全体練習…鹿島三竿が自粛時感じた新境地
[2020年5月28日13時39分]


全体練習を終えて、オンライン取材に応じる鹿島MF三竿健斗 (C)KASHIMA ANTLERS


全体練習を終えて、オンライン取材に応じる鹿島MF三竿健斗


練習を行う鹿島MF三竿健斗ら (C)KASHIMA ANTLERS


鹿島アントラーズが28日、約2カ月ぶりに全体練習を再開させた。練習後、主将のMF三竿健斗(24)がオンラインで取材に応じ、チームの状況を明かした。

18日からグループ練習を行っていたが、全体での練習は4月3日以来だった。「みんな自粛期間中に練習ができなかったことでパワーがたまっていて、自粛前よりも練習の雰囲気が活気にあふれていて、自発的に声を出すようになっていた。今は自粛期間はプラスに働いているように思う」と手応えを明かした。

“3密対策”として、練習中の給水は、チームから支給されたマイボトルを使用するようになった。練習前には、各自でボトルに水を入れるという。

「今まで自分たちがどれだけ良い環境でやれていたか、すごく感じている。水を入れてくれたり、洗濯をしてくれる人がいることを、再確認させられた。今まで当たり前だったことが当たり前じゃないと感じて、感謝の気持ちがすごくある」と、恵まれた環境をあらためて実感した様子だった。

活動休止当初は「生きがいがなくなった感覚」だったという。三竿はSNSを活用し、サッカーに飢えるサポーターを意識して積極的に発信していたが、「サッカー選手はサッカーだけやっていちゃダメだとすごく感じた」と新たな気づきも得たようだ。

その“生きがい”が戻ってきた。リーグ戦も再開が見えてきた状況に、「自分たちがやるサッカーを追求して、中断明けから変わった姿を見せられるように練習から取り組み、最後にタイトルを取ることはみんなで確認している」と語気を強めた。【杉山理紗】

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク