FC2ブログ

鹿島アントラーズFC、CWC決勝放送に向けInstagramを更新

昨日のBS日テレでの再放送に合わせ2016年CWC決勝戦の画像を配信した鹿島アントラーズ公式Instagramである。
夕べ、改めてこの試合をテレビにて視聴したが、世界のR・マドリーに一歩も引かず、もう少しのところまで追い詰めたこと、そして及ばなかった悔しさが蘇ってきた。
2点目はPKだったか?、ヤスの右足が決まっておればと、当時の気持ちが再体験出来たことが嬉しい。
ただ、時間枠に納めるためか試合が編集されておったことは残念であった。
明石家さんまが出てこないことは評価出来る部分ではあったが。
とはいえ、フルバージョンで観たい者も多かろう。
今夜、スカパー!のG+にて放送がある。
是非ともこの激闘を120分楽しんで欲しい。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

「ゾクゾクした」「3ショットがエグい」鹿島が4年前のCWC決勝を回顧! マドリーとの激闘のリバイバルにファン興奮
サッカーダイジェストWeb編集部
2020年06月06日


「忘れられない試合だ」


この試合で2ゴールを決めた柴崎(左)。ハットトリックのC・ロナウド(中央)はMOMに選出された。(C)Getty Images

 鹿島アントラーズが6月6日に公式インスタグラムを更新。BS日テレでの再放送に合わせ、2016年に行なわれたクラブ・ワールドカップ決勝の様子を写真で振り返っている。

 この試合は横浜国際競技場で行なわれ、ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリーはクリスチアーノ・ロナウド、ルカ・モドリッチ、セルヒオ・ラモスなど錚々たるビッグネームが出場。スタジアムには6万8000人以上の観客が詰めかけた。

 アジア・サッカー連盟のクラブとして初めて決勝進出を果たした鹿島は、小笠原満男、柴崎岳、昌子源らが先発。最終的にC・ロナウドのハットトリックとカリム・ベンゼマのゴールで2-4と敗れたとはいえ、柴崎の圧巻の2ゴールで一時は追い付いて延長戦に持ち込むなど、その健闘ぶりは世界のフットボールファンを驚かせた。

 鹿島のサポーターにとっては忘れがたい一戦のリバイバルに、ファンは様々な声を上げている。

「ゾクゾクした興奮忘れない」
「この試合が私の人生を変えました!」
「忘れられない試合だ」
「(写真)10枚目のスリーショットがエグすぎる」
「この試合、スタジアムに見に行っていて、以来鹿島サポになった私です!」
「忘れられない感動的な試合でした」
「懐かしい!4年前だなんて」
「あのラモスのシーンをじっくり見てやる」

 Jリーグが中断しているなか、過去の名勝負に胸を躍らせたファンは少なくないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


コメントの投稿

非公開コメント

クリロナ完封してたのに気付けばハットトリック…
味方の強烈なシュートをトラップした3点目
あんなのを得点に繋げられるのかと驚きました
向こうではドリブルしないクロースに真ん中を切り裂かれたり、この試合を見ると世界の広さが分かります

鹿島の最高の試合!
最強レアルをあそこまで追い込んで凄い試合だった。
誇りです。

No title

たった4年で主力選手のがメンバーがめちゃくちゃかわってますね。でも永木と土居は現在でも主力です。よく頑張ってますよ。ありがたいです。しかし外国人の善し悪しで順位が決まるJにあって先発全員が日本人の鹿島がレアルと好試合を演じたことにあらためて驚かされます。この試合はジーコスピリッツの縮図だったのかもしれません。なぜなら先発に生え抜きが7人。他の4人も西が鹿島6年目。山本が3年目。永木が2年目。金崎が2年目。全員が鹿島のサッカーを理解し表現できるメンバーだった。山本と永木は最初から鹿島っぽい選手で移籍組とは思えなかった。マイ鹿島最強時代を3つ上げるなら1997年・2009年後半~2010年前半・2016年後半です。

Re: No title

2016年後半は、CS、CWCこそ印象が強いですが、やはり弱いですよ。
それについては、Jリーグ公式の2016年の時に記述します。

2016年といえばカイオがいた1stステージまでは無敵状態。
前年2ndステージの調子を受け継いで圧倒的な強さを有していました。
カイオが抜けた後はCSまで迷走した感がありましたね。
割り切って堅守速攻サッカーを突き詰めたのが良かったです。

個人的にはシナリオライターにかっ攫われた2017年の方が強かったと思います。
何も起こらなければ勝ち点80に到達する勢いでした。
そう、何も起こらなければ…。
レアルとの対戦が叶わぬまま解体されたN-BOX磐田と並ぶ幻の最強チームです。

最初にごめんなさい。2016年後半が弱いはさすがにどうでしょう?プロスポーツは強いものが勝つんじゃなくて勝ったものが強いんだと思います。そう言う意味では川崎と浦和相手に3連勝した2冠の鹿島が弱いはないです。すいません。荒らすつもりはないのでご容赦ください。

Re: タイトルなし

CS・CWCは強かったですよ。
しかし、後半という意味では弱かったとは思いませんか?
まあ、個人それぞれに考えがあるので、これ以上は終わりです。
2016年についての見解は、明後日あたりに記事にします。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク