fc2ブログ

三竿健斗、背番号2の信念を胸に

三竿健斗について記すNumberWebの池田氏である。
内田篤人との絡みを伝える。
三竿は鹿島に来るべくして移籍し、主将に成毛記してキャプテンマークを巻いておることがよくわかる。
篤人の意志を継ぎ、“血”を繋いでいくのだ。
信頼しておる。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

小5の三竿健斗が買ってもらった内田篤人のユニフォーム ラストマッチで「いろいろ背負わせてごめんね」
posted2020/09/23 11:30


内田にキャプテンマークを渡す三竿。ピッチ上で見てきた背番号2を胸に焼き付け、常勝軍団を牽引していく

text by
池田博一
Hirokazu Ikeda

photograph by
KASHIMA ANTLERS


 小学5年の夏休み。

 2007年、東京ヴェルディジュニアユースが、全日本少年サッカー大会で全国優勝を果たした年だ。

 鹿島アントラーズのクラブハウスで、憧れの背番号2のユニフォームをお父さんに買ってもらった。それを着て、カシマスタジアムでアントラーズの応援をした。

「お父さんと2人で小旅行に行ったんです。大洗の水族館に連れて行ってもらって、それからアントラーズのクラブハウスで篤人さんのサイン入りユニフォームを買ってもらった。その翌日にカシマスタジアムで試合を観に行きました。背番号2のユニフォームを着て応援したんですが、それが僕にとって夏休み一番の出来事。お兄ちゃん(三竿雄斗:現大分)は当時ユースだったから合宿だったのかな。自慢の思い出です」

 当時小学5年の少年は、今やアントラーズの中心選手として背番号20を背負い、キャプテンマークを巻いてカシマスタジアムのピッチで戦う存在になった。

 三竿健斗にとって、内田篤人は憧れの存在だった。

チームメイトの篤人さんは「うまかったなあ」

 小学生のとき、アントラーズの右サイドで見せるすべてのプレーに夢中となり、中学生のとき、シャルケ04でチャンピオンズリーグ準決勝を戦う姿にテレビの前で釘付けとなった。2018年、まさかのチームメイトとなる。

 ともにプレーした内田は、どんな選手だったのだろうか。

「やっぱり賢いですよね。ポジショニングがいい。篤人さんは、左利きみたいな持ち方をするんです。マルセロみたいなボールの運び方をする。左利きの左サイドバックは、センターバックから横パスが来たときに1発で縦に流し込むボールを蹴ったり、中に入っていくドリブルをする。それを右利きの右サイドバックでできる。横パスをセンターバックからもらったときに1発目で前を向いて、流したり、斜めに入れたり、横に入れたり。常に縦、斜め、横と、3つのパスコースの選択肢を持っていた。あまりああいう持ち方をする選手っていないんですよね。パスコースを切られても股を通して縦に入れたり。うまかったなあ」

危ないところがわかっているんです

 ボランチと右サイドバック。攻守において関わりは多い。三竿は内田の守備面についても、違いを感じていた。

「危ないところがわかっているんです。例えば、左サイドから崩されたとき。相手がセンターバックの裏にスルーパスを通してきたら、カバーにきっちり入っている。おさえるべきポイントがわかっているんですよね」

「健斗にはあえて言わなかった」

 三竿が内田の引退を知ったのは、チームミーティングのとき。選手全員の前で内田の口から報告したタイミングだった。内田は「健斗にはあえて言わなかった。感情が表に出るキャプテンシー、責任感が強い選手なので、先に言うとちょっと調子が狂うなと思った」という。

「ヒドイですよね〜(笑)。いきなりミーティングがあると言われて、なんのことだろうと思っていたら……。篤人さんらしいといえばらしいけど、まあびっくりしますよね」

 このミーティングを経て、三竿自身、チームの変化を感じたという。

「ガンバ大阪戦が最後になると決まってから、試合が近くなるにつれて“最後かあ”となっていった。チーム全体としても、いつも以上に“絶対にみんなで勝とう”、“勝って終わろう”という雰囲気がありました」

 8月23日、ガンバ大阪戦。ウォーミングアップでは、内田以外の全選手が背番号2のトレーニングウエアに身を包んだ。

「アップの前からすごく悲しくて……。背番号2を背負う重みを感じました」

「いろいろと背負わせてごめんね」

 試合前の選手ロッカールーム。ピッチに向かう直前は、スタッフを含めたチーム全員で円陣を組み、最後にキャプテンがチーム全体に一言かけてからピッチへ向かうのが常だ。

 ウォーミングアップを終えて選手ロッカーに戻ると、三竿はいつも通り、試合に向けた準備を進めていた。ふと見上げると、目の前に内田の姿があった。そして、一言。

「いろいろと背負わせてごめんね」


試合前、内田から言葉をかけられた三竿は涙が溢れてきたという ©︎J.LEAGUE

 いつもと違う、寂しさに包まれていた三竿の心が動かされた。視界がにじむのが分かったが、こみあげるものを懸命に抑えた。

「泣きそうになって、ちょっと泣いちゃいました。円陣やらないといけないけど、しゃべったらもっと泣いちゃう。だから、“勝とう!”って。それだけ言って終えました。篤人さん、本当によく人を見ているんです。僕に最後まで言わなかったのもそうだけど、やっぱりああいう人に言われる言葉は、他の人とは重みが違うから。いろんな声をかけてもらったけど、やっぱりほめられるといつもうれしかった」

三竿が感じた内田の「覚悟」

 三竿はスタメンで出場し、内田はベンチからのスタートとなった。最後と決まっていた内田がピッチ上で示したプレーは、三竿の胸に深く刻まれた。

 前半16分、広瀬陸斗が右足を負傷した。急ぎユニフォームに袖を通し、背番号2がピッチに入った。三竿はその姿を見ると、すぐさま駆け寄りキャプテンマークを託した。

「やっぱりスター性を感じました」

 これまで見たことのない、覚悟のプレーにピッチ上で心が動いた。

 まず前半アディショナルタイムの46分40秒。相手陣地の右サイドで三竿がボールを持つと、内田へ縦パスを通した。ワンツーしようと受けに走ったが、内田は三竿をおとりにして縦へ突破し、クロスをあげたシーンだ。

「右サイドの相手の陣地で、篤人さんにパスを出してワンツーをしようとしたら、股の間を通してスルー。相手と入れ替わって裏に走ってクロスを上げた場面。あのプレーは見たことがなかった。これまでケガを気にしてやっていなかったんだろうけど、やっぱりここぞという大事なときに、本来の力を出していた」

 もう1つ、70分17秒。内田は中央の遠藤康からボールを受けた。対峙する相手をスピードで振り切って、グラウンダーのクロスを上げた場面だ。

「あとは、後半に仕掛けてスピード勝負して突破したやつ。僕はあそこで“ああ、人としてかっこいいな”と思った。引退試合という誰もが注目する試合で、自分のスター性を出しちゃう。あれはすごかった。腹をくくっている感じがありましたよね」

 憧れの存在は、やはりスターだった。同じプロサッカー選手として、ケガに苦しむ姿を日々見てきた仲間として、改めて本当の凄みを感じた。

ピッチ上で見た背番号2の姿を胸に

 小学5年のときに買ってもらったユニフォーム。内田のラストカシマとなったガンバ大阪戦、スタンドでその試合を見つめた三竿の母が持参していた。

「なんか思い出しちゃいましたよ、夏休みの思い出を。引退をして、これから何をするのか分からないけれど、何をしていても、いちファンとして楽しみにしています。だって、チャンピオンズリーグでベスト4の戦いを経験して、日本代表でもW杯を含めあれだけ活躍した経験があるんです。僕にとっては憧れの存在ですから」

 背番号2の背中をピッチ上で見て、感じたものがある。答えはいつも、ピッチ上にあるということ。これからは、その思いを胸に自ら証明していくつもりだ。


「篤人さんは、ピッチにいるだけでみんなが安心する存在だった。でも、もういないので自分はもちろん、チーム全体でいい空気を作っていかないといけない。(個人的には)今や守備ではかかってこいって感じ。他の人に負ける気はない。避けられて他のところから攻められるようになってきたから、どんどん仕掛けてきてほしい。自信ありますよ。あとは得点に絡むところですね」

 アントラーズは、内田の最後の試合となったガンバ大阪戦からリーグ戦7戦無敗、6連勝中だ。目指すは、攻守において結果を出すこと。チームを勝たせる選手になること。すべては勝利のために、全霊を捧げるつもりだ。背番号2の信念を胸に。

コメントの投稿

非公開コメント

読んでて視界がにじみました…

良い記事ですね。
間違いなく、三竿は鹿島の魂を継ぐことができる男。OBもスタッフも皆が認める存在と思います。いちサポーターですが、彼が居てくれて本当によかったと思う。

No title

SBじゃないけど、来年は三竿健斗に2番をあげたい。

やっぱり3連覇のメンバーって凄いんですね。いまだに影響力があるなんてビックリです。鹿島って素晴らしいチームですね。三竿ありがとう。出来れば鹿島に長くいてほしい。

No title

入れ替わって裏に抜けるプレー、
今日の小泉もやってましたね!
こういうところも伝承されていてうれしい。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク