FC2ブログ

セレッソ・豊川、スーペル・ゴラッソ

途中出場でドッペルパックを決めたセレッソの豊川である。
特に日本復帰後、リーグ戦初ゴールとなる1点目は、スーペル・ゴラッソで、豊川の良さが凝縮されておった。
このゴールは年末の表彰に値する。
今季は、神戸にワールドクラスFWが所属しておらぬので、忖度ベストゴールはないと信じたい。
多くのサッカーファンが納得するゴールが選ばれて欲しいと願う。
このゴールもその一つである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

C大阪・豊川、リーグ初弾は芸術ループ「『打っちゃえ』という感じだった」

C大阪-横浜M 後半、自身2点目のゴールを決めるC大阪・豊川=ヤンマー

 明治安田J1第23節(17日、C大阪4-1横浜M、ヤンマー)

 C大阪のFW豊川雄太(26)が、17日の横浜M戦で加入後リーグ初得点を含む2得点。途中出場でチームの勝利に貢献した。

 「(1点目は)トラップしてドリブルで運ぼうと思ったが、GKが前に出ていたので『打っちゃえ』という感じでした。人生のなかでは難しいゴールだったと思うが、とれれば手段は関係ない」

 後半26分に右サイドの裏へ飛び出し、GKの動きをよく見た絶妙なループシュートで試合を決定づける3点目。ロティーナ監督も「スペインリーグやプレミアリーグだったら、世界中の人が見るようなゴールだった」と芸術弾を笑顔でたたえた。35分にも中央から得意の裏抜けでGKと1対1を作り、とどめの4点目を沈めた。

 ベルギー1部オイペンからの加入後初得点を決めた8月5日のルヴァン杯・浦和戦で右ひざを負傷し、復帰まで2カ月を要した。「トレーナーもしっかり治してくれたし感謝しかない。結果を残していくことが恩返しになる。自分にしかできないプレーをこのチームで出していきたい」。待ち望んだチャンスをものにしたストライカーが得点量産体制に入る。

「遅くなりました!」C大阪・豊川、移籍後リーグ戦初ゴール含む2発 高校同級生の植田弾にも刺激
[ 2020年10月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第23節 C大阪4-1横浜 ( 2020年10月17日 ヤンマー )


<C大阪・横浜FM>後半35分、チーム4点目のゴールを決め駆け出すC大阪・豊川 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ


 C大阪はホームで横浜と対戦し、4―1で勝利した。FW奥埜博亮(31)が2得点を挙げ、後半21分から途中出場したFW豊川雄太(26)も移籍後リーグ戦初ゴールを含む2得点をマーク。17年11月以来、ロティーナ体制では初の4発で2連勝を飾り、暫定2位に浮上した。18日に残り8試合が行われる。
 降りしきる雨の中を走り続け、これまでの鬱憤(うっぷん)を晴らした。2―0で迎えた後半26分、DF片山の縦パスに抜け出した豊川が前を向く。「トラップしたときに(前に出ている)GKが見えた」。右足で放ったループシュートが吸い込まれると、全身で喜びを爆発させた。

 「すみません、遅くなりました!」

 試合後のヒーローインタビューで背番号32はサポーターに頭を下げた。リーグ戦の移籍後初ゴールにとどまらず、36分には再び最終ラインを抜け出して2点目。チームの2連勝、そして暫定2位浮上に大きく貢献した。

 「プロになって2週間以上、休んだことがなかったんで。体的にもメンタル的にも難しかった」

 昨オフにベルギー1部オイペンから完全移籍で加入。8月5日のルヴァン杯浦和戦で加入後公式戦初得点を決めながら、その試合中に右膝を負傷した。2カ月近い離脱期間は精神的にも追い込まれたが、筋力強化や体の動かし方などを改善。さらに13日の日本―コートジボワール戦では熊本・大津高の同級生である植田直通が決勝点を奪い「アイツが点を取ってうれしかった」と刺激を受けた。

 「トレーナーやメディカルスタッフの方が(右膝を)治してくれた。感謝したいし、結果を残すことが恩返しになる」

 豊川だけでなく、奥埜が決勝点を含む2得点の大活躍。2トップの一角で途中出場したMF西川もゴールに迫った。C大阪にとって3年ぶりとなる1試合4発。これまで課題とされてきた前線が奮起し、今後へと弾みのつく白星を手にした。

 《指揮官は坂元を絶賛》MF坂元が指揮官から絶賛された。前半10分に左足クロスで先制点をアシスト。その後も積極的な仕掛けで次々と好機を演出した。試合後、その働きをロティーナ監督は高く評価。「タツ(坂元)が凄いのは、1対1で崩せるだけじゃなく、それ以外でも仕事ができるところ。あれぐらい崩せて、かつ仕事量も多い選手というのは、なかなか出会うことはない」。今後は初めての日本代表入りにも期待がかかる。

コメントの投稿

非公開コメント

去年のベストゴールはグランパス戦のレオシルバのゴールだったと思ってる。去年は、伊藤翔、レオシルバ、小池の3人が月間最優秀ゴールを受賞して、推薦された。

マラドーナを彷彿とさせるような凄まじいドリブル。あんなゴールは中々見れるものではない。

No title

鹿島にいれば変態の称号を継げた。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク