fc2ブログ

「基礎を残して新築」の2020年鹿島に“足りなかったもの”は

鹿島アントラーズについて記すNumberWebの寺野女史である。
最終節セレッソ戦でのACL出場権逸から2020年シーズンを振り返る。
大きく変化した今季は苦難が重なった。
結果的に5位であり、良かったとは言えぬ。
しかしながら、光明は差しており、不安はない。
来季への布石は打たれた。
非常に楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

ACL出場を逃し泣き崩れる選手たち…「基礎を残して新築」の2020年鹿島に“足りなかったもの”は?
posted2020/12/23 17:02


4位を争うセレッソ大阪を破れば、ACL出場の可能性につながる。4位死守は鹿島にとって、最低限の結果でもあった

text by
寺野典子
Noriko Terano

photograph by
KASHIMA ANTLERS


 12月19日。試合開始から90分が経過していた。今季加入したブラジル人ストライカー・エヴェラウドの同点弾が決まった直後、5分間のアディショナルタイムが提示される。

 5分あれば逆転は可能だ。4位を争うセレッソ大阪を破れば、ACL出場の可能性につながる。4位奪取は鹿島アントラーズにとって、手にすべき最低限の結果でもあった。

「我々は勝たなければいけない」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今季の天皇杯におけるJ1クラブは、リーグ戦上位2チームに限定されていた。そのどちらかのチームが優勝すれば、リーグ戦4位にACLプレーオフ出場の権利が渡る。5位の鹿島はセレッソに勝利するしかなかった。

「我々がやらなければいけないのは勝たなければいけないということ。焦りや急ぎすぎたりすることがないように、と選手たちに伝えました」

 鹿島のザーゴ監督は平常心で戦うことを戦前から、選手たちに言い聞かせていた。しかし、2連勝という調子の良さは逆に選手たちに焦りをもたらしたのかもしれない。ボールを保持し、相手を押し込みながらも、5バック気味になってゴール前で鹿島の攻撃を跳ね返し続けるセレッソを崩すことはできなかった。時計の針が進むにつれ、セレッソのアドバンテージは高まっていく。

 78分に松村優太、荒木遼太郎を投入。ボランチの三竿健斗を下げて、攻撃的MFが主戦場の遠藤康をピッチへ送り出し、試合を動かそうとした。若い松村と荒木のドリブルで相手守備陣を切り開く意図もあったのだろう。しかし、83分、ゴール前でクリアしたボールを拾われて、松田陸に先制ゴールを決められてしまう。

 その後の鹿島は怒涛の攻撃を見せ、同点には追いついたが、試合はそのまま1-1で終了した。

涙が止まらない鹿島イレブン

 アディショナルタイムだけで3本のシュートを放ちながらも、GKキム・ジンヒョンのセーブに遭い、最後のヘディングシュートはポストに阻止された上田綺世。今季は途中出場が多かったが、それでも11月以降は先発に定着。出場6試合で6ゴールと決定力を発揮していた。けれど、最後の試合で、最後の局面でそれを見せることができなかった。

 涙が止まらない。それは上田だけでなく、鹿島のアカデミー出身GK沖悠哉も同様だった。

 悔しさや不甲斐なさ、高ぶる感情をどうしていいのかわからないのは、エースのエヴェラウドも同じだ。試合後に「正直、まだ言葉にするのが難しい」と語っていた。

新監督のもとで“新築”を目指してきた

「数年間はリフォームでやってきたけれど、基礎だけ残して新築する」

 鈴木満フットボールダイレクターの言葉のもと、レッドブル・ブラジルでも指揮を執り、欧州でのプレー経験もあるザーゴ監督を招聘した2020年は、2015年以来の5位で終わった。勝利試合数は3位だった昨季と同じだが、11敗と敗戦数は4試合多い。夏の終わりから秋にかけての7連勝で巻き返したが、開幕から4節までは勝利がなく、最下位に沈んだ。

 元旦の天皇杯決勝で敗れたこともあり、1月28日の公式戦初戦ACLプレーオフまで、選手全員で練習できたのは10日ほどだった。

「試合の主導権を握りたい」という鈴木の意向に合う指揮官が掲げたのがポゼッション率の高いサッカー。前線からのハイプレスでボールを奪うことはもちろんだが、GKからのビルドアップへのこだわりも強い。

「今までの鹿島のサッカーとはまったく違うもの」とザーゴ自身も語っている。

 監督以下スタッフも一新し、4人の新加入選手以外に、2人のブラジル人選手と5人の選手が移籍加入した。ACLプレーオフの先発のうち、6名が加入選手たちだった。しかし、ボールは保持できても得点は奪えず、1点を奪われ、その試合は敗れた。

 その後、ルヴァンカップとリーグの開幕戦を落とした状況で、Jリーグは新型コロナウイルスの影響で中断。7月4日に再開したものの、初戦の川崎戦から3連敗。中断期間は鹿島の課題を解決してはくれなかった。

「チームコンセプトやゲームスタイルを変えたので、選手たちに戸惑いがあったと思う。コーチも含めて、両者が慣れるのに時間が必要だった。いいスタートをしようと取り組んでいたところでリーグが中断した。グループ練習しかできず、なかなかチーム作りが進まなかった。夏あたりからいい状態になったが、全員で統一するのには時間がかかった。来年は今年をベースにさらなる上積みをしていきたい」

 ザーゴ監督はセレッソ戦後、そうシーズンを振り返った。

新しい鹿島とかつての鹿島がうまく融合した“7連勝”

 内田篤人が引退した8月23日のガンバ大阪戦を引き分けたあと、FC東京、柏戦で逆転し、8戦負けなしと猛追する。勝利という良薬がチームに自信をもたらしていた。

 一方で、ボールを持つということは、それだけミスも大きなものになる。パスがつながらず、相手にボールを渡してしまう悪癖はなかなか消えなかった。そして、監督が描くサッカーを正確に実直に行おうとする選手の姿からは、まるで鎖に繋がれているような息苦しい空気が漂っていた。

 しかし、連勝を続ける鹿島では、GKからのロングボールで戦況を変えたり、中央からの崩しもサイドから演出する得点機もあった。新しい鹿島とかつての鹿島がうまく融合していた。

「ゴールや勝利から逆算していくプレーを選択する」

 以前、遠藤康が「鹿島の勝利へのこだわり」についてそんなふうに話していたことがある。状況を見極めて、臨機応変に最適なプレーを選ぶ。その感覚はチームの一体感に支えられた。チーム内で共有する絵は、同じ哲学があるからこそ描ける。無駄がない的確なプレーはゴールを生み、勝利につながった。それが鹿島アントラーズらしさだ。

内田が語っていた「足りないもの」

 そして、過去の鹿島は常に選手ファーストのチームだったと思う。指揮官は、型を整えたり、選手たちのモチベーションを維持するのに長けたタイプが多かった。もちろん日々、選手のスキルを磨く場も指揮官が用意していたものの、ゲーム上の機微を左右するのは選手自身だった。

 ジーコにはじまり、近年では小笠原満男がその中心にいた。

「昔はサッカーを知っている選手がいた。特別、戦術がどうこうというよりも、そういう選手たちがサッカーをやっていた。でも今は、そういう選手が少ないから。型にはまって乗っていくまでは難しいと思う」

 2019年シーズン当初に内田篤人はそう話している。彼は時折「今の鹿島には地力がまだない」と口にしていたが、その言葉は今の鹿島には、「基盤となる戦術が必要だ」というふうにも受け取れた。

 かつてのように新卒選手を育成して、時間をかけて戦力に育てていくという鹿島のモデルは、海外移籍が活発化した現在では、その維持が困難になっている。選手の顔ぶれが激しく変わっていく中では、「勝負強さ」を表現する選手が減り、戦術ファーストというチーム作りが急務だと考えて「新築」を決行したに違いない。

 そういう意味では、今シーズン序盤の苦戦は想定内だったのかもしれない。

ボールを保持することだけが、試合をコントロールする術ではない

 とはいえ、タイトルを獲れなくてもよいというわけではない。そして、ACL出場権を失ってもよいわけでもない。最下位から始まり、5位で終わったとしても、その結果は手痛く、想定外と言うしかない。


セレッソ大阪に引き分けて、膝から崩れる選手たち ©KASHIMA ANTLERS

 1点差での敗戦は5試合。0-2で敗れた4試合はすべてで80分以降に追加点を許している。終盤の失点で勝ち点を奪う可能性は遠のいた。2位のG大阪との勝ち点差は6ポイント。ドローゲームがあと数試合あれば、と考えてしまう。

 ハイプレスでの体力消耗や高いDFラインを保っていることでの弊害がゲーム終盤に出てしまったのだろうか。攻めに出た結果の失点だったのかもしれない。もちろん、終盤に追いついた試合が4試合。2点差を逆転した試合も3試合ある。

 それでも、そんなふうにシーズンを見てみると、今の鹿島は「試合巧者」とはまだまだ呼べないと思ってしまう。

 ボールを保持することだけが、試合をコントロールする術ではない。かつての鹿島はそれを示してきたチームだと思う。そこにいやらしさがあり、憎らしさがあった。それが「勝負強さ」と評価されてきた。今はまだその老獪さを見せるに至ってはいない。

新人たちが飛躍したシーズンでもあった

 その一方で、若いチームならではの勢いは示せた。沖や上田、そしてルーキーの荒木や松村、染野唯月は大きな期待を寄せられるだけの価値を見せてくれた。ザーゴ監督もシーズンを振り返るコメントのなかで評価している。

「収穫もあった。新人がデビューして能力を示した。彼らの伸びしろを考えれば、クラブとして良い形で育てられている。悪い面ばかりではなく、良い面もあったのではと思う」

 シーズン中の会見では、厳しい表情を浮かべていることの多かった監督は、シーズンが終わったことで解放されたように見えた。悔しさをいつまでも抱えていては、前に進めない。

 Jリーグの開幕バブルが冷え込んだ時代に、レオナルドやジョルジーニョといった大物選手を獲得し、クラブのブランド力を高めた。そして、2019年にはクラブの経営や運営にはよりスピード感が必要だ、という現場の強い意向もあり、親会社がメルカリに変わった。その決断は新型コロナウイルスという苦境に対応するうえで、さまざまな好影響を及ぼしている。

「新時代の王者」として、常に強豪でいられるか?

 来年クラブ創設30周年を迎える。この期間、最低順位は11位。シーズンの多くで優勝争いを演じてきた。それは、危機を察知するとすぐに行動し、最悪の事態を回避してきたからだ。今回のチーム改革もその1つだろう。

「土台を残して新築する」

 新しい家を支えるうえで、これまで築いてきた土台を使っていけるのか。そこに鹿島の来シーズンがかかっている。監督が示すゲームプランやスタイルと、クラブの伝統である選手発の対応力。その2つをピッチで表現できて初めて鹿島アントラーズの新時代が訪れるのだろう。あとわずかなところで決まらなかったゴールによって、来季は国内の大会に集中できる。そのアドバンテージは大きいはずだ。

 だからこそ「新時代の王者」として、常に強豪でいられるのか? それとも、古豪と呼ばれてしまうのか? 

 その分岐点が2021年シーズンに訪れそうだ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ACLを逃して悔し泣きをする若い選手がいる事が大きい。
この悔しさは次のシーズンでしか晴らせない。
期待してます。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク