fc2ブログ

エヴェラウドと綺世、センターFWに必要な資質を持つストライカー

現代センターFW論を記すサッカーダイジェストWebの小宮氏である。
「サッカーが組織化され、戦術が進むことで、役割は分担制」と述べる。
これについて例を挙げて説明しつつも「センターフォワードに必要な資質は変わっていない」と言いきる。
そして、その"資質"を持つセンターFWとしてエヴェラウドと上田綺世の二人の名を挙げる。
「二人ともダイナミズムを感じさせ、豪快なゴールが多い。クロスを呼び込み、ヘディングやボレーで叩き込む。単純な動きの質が、神がかっているほどに高い」と評し、現代ストライカーのあるべき姿であることを伝えておる。
この2TOPを擁する鹿島アントラーズは、現代的サッカーで2021年シーズンを席巻することになろう。
二人でどれだけのゴールを決めるであろうか。
楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

年間5ゴールでも代えられなかったベンゼマ。「センターフォワード」に必要な“資質”と変化する“役割”【小宮良之の日本サッカー兵法書】
小宮良之
2021年01月22日

C・ロナウド移籍後は2シーズン連続で20得点以上を記録


C・ロナウド(7番)のために利他的なプレーを続けたベンゼマ(奥)。(C) Getty Images

 センターフォワードというポジションの在り方は、時代の流れの中で変化している。

 かつては、ゴールが求められた。ゴールが取れないセンターフォワードに価値はない。ゴールだけが存在意義だった。

 しかしサッカーが組織化され、戦術が進むことで、役割は分担制になっている。センターフォワードだけがゴールを狙うようなチームは、動きを読まれやすい。また、一人の選手の力量、調子次第になる。

 そこで、サイドに逆足(利き足と違うサイドでプレー)の選手を配置することがスタンダードになった。切り込むことで得点力を補う、もしくは主武器とする。リオネル・メッシ(バルセロナ)やクリスチアーノ・ロナウド(ユベントス)はそのポジションから出でて、それぞれポジションを真ん中に変えながらも、代表やリーグなど最多得点を更新し続けている。

 一方で、センターフォワードは前線の橋頭保としての役割が求められることになった。くさびを打ち込む、前に拠点を作る、攻撃の足掛かり、などどのような言葉でも当てはまるだろうか。端的にはポストワークだが、それだけでなく、空中戦を挑み、サイドに流れ、相手センターバックの足を使い、消耗させ、守備陣を撓ませ、じわじわとゴールの確率を高める仕事だ。

 レアル・マドリーでは、カリム・ベンゼマがせっせとロナウドのゴールのお膳立てに動いたことで、シーズンを通して国内リーグ5得点ということもあった。批判も受けたが、ベンチに下げられてはいない。ロナウドの26得点を引き出し、攻撃のバランスの上で欠かせない存在だったからだ。

 もっとも、単純にパワー、スピードがあって、コンタクトプレーで負けず、一人で反転し、シュートまで持ち込めることは、センターフォワードの大きな価値である。実際、ベンゼマはロナウドが移籍した後、2シーズン連続で20得点以上を記録。自ら決められる力を持ちながら、黒子に徹していたのだ。

 つまり、センターフォワードに必要な資質は変わっていない。

CFの資質を持つ日本人ストライカーは?


鹿島のエヴェラウド(左)と上田(右)は動きの質が高いストライカーだ。(C)SOCCER DIGEST

 鹿島アントラーズのエヴェラウド、上田綺世の二人は、まさにその資質の持ち主だろう。二人ともダイナミズムを感じさせ、豪快なゴールが多い。クロスを呼び込み、ヘディングやボレーで叩き込む。単純な動きの質が、神がかっているほどに高い。

 しかし、エヴェラウドも上田も、ゴールだけのエゴイストではない。二人ともポストワークに優れ、サイドに流れ、チャンスメークもできる。

 昨シーズンの28節のベガルタ仙台戦、30節の浦和レッズ戦と、エヴェラウドは完璧なクロスを上田に合わせ、得点をアシストしている。体躯に恵まれた二人のセンターフォワードは、対峙するセンターバックを疲弊させる。後半に入ってから動きが鈍り、終盤は足が止まる。事実、鹿島は後半の得点が目に見えて多かった。

 マイナーチェンジは余儀なくされながらも、センターフォードは時代に適応するのだろう。

文●小宮良之

【著者プロフィール】
こみや・よしゆき/1972年、横浜市生まれ。大学在学中にスペインのサラマンカ大に留学。2001年にバルセロナへ渡りジャーナリストに。選手のみならず、サッカーに全てを注ぐ男の生き様を数多く描写する。『選ばれし者への挑戦状 誇り高きフットボール奇論』、『FUTBOL TEATRO ラ・リーガ劇場』(いずれも東邦出版)など多数の書籍を出版。2018年3月に『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューを果たし、2020年12月には新作『氷上のフェニックス』が上梓された。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク