FC2ブログ

鹿島アントラーズ 練習風景

2月23日の練習風景を伝える茨城新聞である。
茨城県独自の緊急事態宣言が解除されたことにより報道陣に練習が公開された。
現地紙としていち早く報じてくれる姿勢が嬉しい。
新体制発表会見時には発熱しておった小川優介も合流しており安心させられた。
また常本佳吾の不在は不安にさせられる。
負傷であろうか。
いずれにせよ開幕には間に合わないであろう。
それは一つ、懸念事項ではあるが、右SBには小泉慶と広瀬がおり問題はなかろう。
開幕戦まであと3日、楽しみである。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


鹿島アントラーズ ブログランキングへ

鹿島が練習公開 精度の高いパス意識


報道陣に今季初公開された練習で、ランニングするJ1鹿島の選手たち=クラブハウスグラウンド

J1鹿島は23日、クラブハウスグラウンドでの練習を今季初めて報道陣に公開した。ザーゴ監督は何度も「精度にこだわろう」と声を出し、選手に質の向上を要求していた。

参加したのは全31選手のうち28人。常本と、依然来日のめどが立っていないアルトゥールカイキ、ディエゴピトゥカは不在だった。権純泰は途中でクラブハウスに下がり、小川は途中から別メニュー調整に回った。

全体練習は、2人のフリーマンを付けた5対5のポゼッションとプレスの練習など、昨季と同じメニューが多かった。ザーゴ監督はパスが乱れると「精度、精度、精度」と強調した。

全体練習後には約20分間、居残り練習が行われ、エベラウド、ファンアラーノ、遠藤、荒木らがシュート練習。エベラウドの強烈なシュートがGK沖の手をはじいてゴールに吸い込まれたり、荒木が飛び出してきたGK早川の股下を抜いて得点を決めたりする場面があった。指揮官はここでも「ラストパスで決まるんだよ。慌てない」と質の向上を促した。

鹿島の開幕戦は27日、カシマスタジアムで清水と戦う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク