fc2ブログ

Jリーグ 第11節 ヴィッセル神戸戦



上田綺世のゴール。

コメントの投稿

非公開コメント

悔しいけど、失点後に慌てず戦えた
ところに進歩を感じた。

試合後すぐに沖に指導するスンテを見て
諦めちゃいけないし、やることを
やらなければとグッとくるものがあった。

次に繋げなくてはいけない。

ゴールはしなかったけど前半11分頃の聖真、タロウ、シラの連携は良かった。
あれが相馬監督の狙いなんだと思う。
トップ下タロウ、右SBツネが相馬監督の基本形なのかな?そこにエヴェやカイキがどう絡むか…。
それにしてもレオは最年長なのに元気過ぎ笑

今日は先制されたけど追いつける、逆転できる気がした。綺世の泥臭いゴールには感動した。右腕の状態が心配ですが…。

ファウルの基準がメチャクチャ過ぎる。
鹿島FWを止めるにはプロレス技もOKなのか?

手を使おうと倒れなければノーファール、正当なチャージでも倒れたらファールと、ある意味明確な基準でした(怒
そんなヘボジャッジの中、安易に倒れず、がむしゃらにゴール目指す綺世は真のストライカーです

コロナ後自粛していましたが、久々に現地観戦しました。やはり現地が一番ですね。
前半いい流れを作れていたのに失点してしまったことは残念でしたが、後半返して終われたところは希望が持てました。

現地観戦後、帰宅して気になった場面をDAZNで見返してますが
綺世右腕怪我したんですね。相手選手がどんなにホールドしても笛を吹く気のない審判にチャンスを潰され、エリア内で倒されてもVARなしとは・・・。同点ゴール奪ってくれたのが救い。

ピトゥカ出場に期待してたんですが、同時期合流の神戸リンコンも試合に乗れてなかったので今日の試合展開だったら無理に出場させないでよかったのかな
ルヴァン鳥栖戦でプレーを見れたら良いんですが。

厳しい展開の中、皆よくぞ追いつき、そして最後まで果敢に戦ってくれましたね。
痛みに耐えながら粘って決めた同点弾、そしてその後交代するまで頑張ってくれた綺世の腕がかなり心配です。
また、最後まで誰よりもボールを追い続けてくれたレオには感動しました。
最後に、悔しい試合が続いている染野ですが、その気持ちをバネに今後大きく飛躍して欲しいです。

全員で戦えていたので試合の内容は良かったと思います。上田選手がねじ込んだゴールも素晴らしかった。レオシルバも自陣深いところから最前線まで相手にプレッシャーをかけ続けてよく走ってました。それだけに勝ち点3に繋がらなかったのが残念です。
53分の常本選手のシュートが相手の山口選手の手に当たっているのでPKじゃないでしょうか。勝利への執着心があるなら、チーム全体で最低限VARの確認を主審にアピールすべきところかなと思います。試合に集中しているのは良い反面、試合の勝敗に繋がる判定についてアピールが小さかったのは少し残念だったと思います。
プロフィール

Fundamentalism

Author:Fundamentalism
鹿島愛。
狂おしいほどの愛。
深い愛。
我が鹿島アントラーズが正義の名のもとに勝利を重ねますように。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク